シエナの査定価格相場を知り高く買い取ってもらう方法を考える

アメリカ人のために機能的なミニバンとして販売されて、それが日本に逆輸入され、人気となっている車がシエナです。自由にカスタマイズ可能で使いやすい車内、走行性能等も高い評価を受けています。日本では新車の取り引きはされていなくても、中古車の取り引きは活発です。シエナの使いやすさはミニバンの車の中でもトップクラスです。

シエナを査定したらどのくらいの金額になるかを、いくつかのシミュレーションで判定していきます。もちろん車の状態によってこの金額通りにいかないかもしれませんので、あくまで参考程度に覚えておいてください。

査定額をアップさせるコツはいろいろあり、注意するポイントもあります。また買取業者によっても違いがでるので、その点も合わせて見ていきましょう。

シエナのグレード別査定価格相場

シエナのより細かい条件で5つのグレードの価格相場を見てみましょう。中古車価格から割り出しています。

シエナLEの場合

2011年式で走行距離6.3万kmのシエナLEの中古車販売価格はおおよそ225万円です。買取価格は中古車販売価格の約30%~70%です。したがって買取価格は67万円程度から176万円で取り引きされています。

エンジン出力やトルク共にアメリカ式のパワーがある仕様で、豪快な走りも魅力です。ミニバンなのですが、スポーティーな内装などに人気があり、未だに根強いファンがいます。したがって中古車でも一定のニーズがあり、それなりの金額で売ることが予測できます。LEについては7人乗りと8人乗りが混在しており、査定に若干の影響を与えます。当然8人乗りの方が高めの査定です。

シエナSEプレミアムの場合

2018年式で走行距離1,000kmでおよそ650万円で売り出されています。状態がよければ中古車販売価格の70%程度で買取され、多少状態が悪いものでは50%、状態の汚いものでは30%で取り引きされます。したがって194万円から454万円と大きな開きが出る査定です。

新車に近い状態で高く販売できるプレミアムのような人気のある車種については、いくつかの業者に競わせて、売ることを考えたほうが得かもしれません。またこのタイプについては米国での新車の価格を上回って販売されていることもあり、輸入の費用を上乗せして、相談や応相談などにて販売されることも多いです。業者によってかなり開きが出てきますので、業者選びをより慎重に行いたい車です。

シエナリミテッドの場合

2015年式で走行距離4.8kmのシエナリミテッドはおよそ450万円で売り出されています。同じように状態が良いものでは70%、状態の悪いものでは30%で買取されるので、135万円から350万円の間で取り引きされることが多いです。

中古車業者の利益は1台あたり10万円あればよいと言われています。そう考えるとより新しく状態のよい車ほど高値で買い取ってくれます。しかもシエナの場合には、日本で新車を販売していないため、中古車業者が高値をつけても売れる可能性が高い車種です。

実際には350万円を超える価格で買い取ってくれる業者も探すと見つかるかもしれません。

シエナSEの場合

2018年式で走行距離500kmのシエナSEについては、サンプルがほとんどありませんので、新車価格と2015年式のものを比べて参考にしています。その中古車販売価格予想はおよそ550万円。例によって状態により70%~30%で買取してくれるので、165万円から385万円の間で取り引きをしてくれます。

このように限りなく新車に近い金額だと、新車価格に影響されやすく、査定額がモデルチェンジや新しい機能がついているグレードが出ると一気に下がることがあるので注意が必要です。シエナSEはシエナの中でもグレードが一番低いものですが、新車では高値で取り引きされており、大抵の中古車業者は相談して決めるような形をとっています。

売る側が高値で取り引きしてくれる販路があるのなら、買取査定額は大きくアップする可能性を秘めているので、いろいろな業者を巡ってみることをおすすめします。

シエナXLEの場合

2002年式で走行距離11万kmのシエナXLEの中古車販売価格はおよそ79万円です。買取価格の予測は24万円から55万円が妥当な線です。モデルチェンジ前の古い車ですが、機能面では劣ってないので、売れないことはないでしょう。ただ装備等を加味して状態の極端に悪い車では、値が付かない可能性もあります。

シエナの年式別査定価格相場

年式を4つピックアップして、それぞれの価格相場を見てみましょう。モデルチェンジすると価格に大きな差が出ますが、モデルチェンジ前の年式についてはどうなのでしょうか。

2012年式の場合

2012年式のシエナの中古車販売価格の平均は約363万円です。状態のよいものでは約254万円で買取してくれます。状態がよくも悪くもないものでは中古車販売価格の50%の約181万円、状態の悪いものについては中古車販売価格の30%の約109万円で買い取られています。

2010年にモデルチェンジをして、大型化のミニバンとして人気です。ミニバンながら3列シートで7~8人乗れ、アメリカなどの家族が多い家庭を中心に売れた車です。後部の3列目は収納できるようになっており、その部分を格納すると大きな荷物も入ることができて、アメリカの大型スーパーで大量にものを買い込むようなライフスタイルにマッチして人気となりました。

2013年式の場合

2013年式のシエナは、2012年式とあまり価格の差があまりありません。抽出したサンプルにもよりますが、大きな価格の変化がない理由として、同じようなモデルの車であることです。2010年のモデルチェンジの形を踏襲して、特に装備等で変更があるわけではないため、この価格にも表れています。

今回抽出したのは、カーセンサーやグーネットなどの国内の中古車業者です。輸入車専門サイトなどを覗いてみると、これより若干割高で売られています。国内で買取業者を探すとなると、2012年式も2013年式もほぼ変わらない査定額を提示されることでしょう。

2015年式の場合

2015年式のシエナは約388万円で売られています。買取予測価格は、状態のよいもので約272万円です。状態がよく悪くもないものでは約194万円、状態の悪いものでは約116万円で買い取られる予想です。

2014年式と比較すると、スマートキーの導入やヘッドライトの変更など、装備面でやや充実した点が、価格にも表れています。ただ車の根本的なグレード等に大きな変更はなく、価格も緩やかに上昇しているに止まります。

新規のカラーも3種類でていますが、国内で流通しているのは白か黒が多く、あまり選択肢がないというのが価格にそれほど影響を与えなかった要因です。

2018年式の場合

2018年式のシエナは、価格が大きく変化して、中古車販売価格の平均は約569万円です。同じように買取価格は、状態のよいもので7割の約398万円、状態の悪いもので3割の約171万円です。2018年式については、状態の悪いものは少ないでしょうから、300万円近くで買い取られることが予測できます

2017年に大幅なモデルチェンジをして、搭載エンジンやミッションが変わっています。このモデルチェンジで、より快適な走行をサポートするようになっており、長距離の移動等にもストレスなく走行できるようになりました。この点が価格面に大きな影響を与えています。

シエナの査定価格をアップさせるためのポイント

査定価格をアップさせるために3つのコツがあるので紹介します。

純正部品が保管してあること伝える

例えば、シエナを自分好みにカスタマイズしたとしましょう。そのまま査定に持っていくのは得になるのでしょうか。この答えは、あまり得になりません。むしろ査定に影響を与えるのは純正部品の有無です。いろいろな改造をすることができる作りをしていますが、そのときに取り外した純正部品は大事に保管しておきましょう。

買い替える車にそのオプション部品をつける予定が無いなら、特に取り外す必要はなく、持っている純正部品と一緒に買取業者を訪ねてみると、査定額が上がる可能性があります。場合によってはオプションでつけた部品についても査定額に含めてくれるかもしれません。

カスタマイズについては、個人の好みが出るため買取業者が再販売する際に、いろいろな選択肢を用意しておくほうが査定額は高くなる傾向です。取り外した純正品は大事に保管するようにし、いざ買取になったときにそのことを相手に伝えるようにしましょう。

査定を依頼する時期を考える

査定を依頼する時期は、モデルチェンジする車種の新車が発表される数カ月前がベストです。これは新車のラインアップが出ると、大抵中古車として今乗っている車が数多く市場に出回るからです。したがって、このタイミングでは査定額は下がってしまいます。

一括見積もりサイトなどを活用して、普段からシエナの価格について調べてみるのも1つの手です。ただし営業等の電話があることはマイナス点なので、この点がクリアできるなら利用してみましょう。

小さなモデルチェンジ(アクセサリ―の変更など)等については先ほどの価格表にも現れているように、そんなに買取価格に影響を与えません。しかしエンジンや足回り、デザイン等の変化がある時には、古い車の価値は大きく下落します。

この点は普段より情報を集めるようにして、適切な売り時を考える癖をつけておきましょう。価値が高まっているときに査定に出すと、自分の希望の価格で買い取ってくれる可能性が高くなります。

大事に扱ってきたことをアピール

査定に出す前に大幅な修理は行うことはないですが、車内の掃除やエンジンオイルの交換等は行っておくとよいです。また定期メンテナンスの記録は大事に取っておきましょう。これらは査定の価格に大きく影響を与えます。理由は出来るだけ買取業者も手間を省き、次の中古車販売へと繋げたいからです。

車内の清掃については、タバコ等の臭いも査定に大きく影響を与えます。車内もしっかりと拭き掃除し、エアコンには専用の洗浄スプレーをするなどして、なるべくきれいに車内を保つようにしたいです。できることならボンネットを開けて、エンジン周りもきれいにしておくと、査定はもっと有利になります。細かいことですがやっておいて損はありませんので、手を抜かないようにしましょう。

大事に乗ってきたことをしっかりと買取業者にアピールすると、少しでも買取価格を上げることに繋がります。

シエナの買取査定を依頼する時の注意点

注意点も3つあるので、しっかりと押さえておきたいです。

下取りには出さない

買取にするか、新しい車を買うところで下取りにするか迷うところですが、大抵の場合には下取りに出すと損をします。特に年式の古い車の場合には、廃車にする費用と相殺するなどと言われ、ほぼ値が付かない可能性が高いです。

年式が新しくても、ある程度の価格で買い取ってもらった方が、下取りで新車から値引きされるよりも金額面で得になるケースがあります。何故なら、下取りをするディーラーより買取業者のほうがはるかに販路が広く、その車を一番高い値段で売れる情報に長けているからです。

車の状態が悪いと査定価格が低くなる

きちんとメンテナンスしていない車や年式が極端に古かったりすると、相場よりも買い叩かれるケースがあります。場合によっては値が付かないと言われ、廃車にする費用は負担するから0円で買い取られるケースも多いです。相場はあくまで目安ですから、相場の価格より低いケースも存在します。

メンテナンスをしっかりとすることと、なるべく車をきれいに保つことが大事です。

即決はせずに粘り強く交渉する

査定額は交渉できます。特に以下のようなケースでは交渉によって査定額がアップする可能性があります。

  • 純正部品をきれいに保管している場合
  • 車に傷をつけていない場合
  • 車内でタバコ等を吸っていない場合

このようなケースに該当している場合には、いろいろな業者をあたってみたり交渉したりすると買い取り額が上がる可能性があります。査定額をみて即決せず、上がる余地を含めて交渉してみましょう。

シエナの査定を依頼する業者の選び方

3つのポイントを押さえてなるべくよい買取業者を選びましょう。

独自の流通ルートを持っている

シエナに関しては、海外の方が需要が高いです。したがって海外への販売ルートを持っているような買取業者を選ぶと、意外に高値で買い取ってくれることがあります。これ以外にもいろいろな販路を持っている業者を選ぶと、その車に合った売り方を提案でき、より高く買い取ってくれます。

これは査定時にその買取業者に査定額の根拠を尋ねることで、ある程度わかるはずです。査定時に「この金額の根拠は何ですか?」などと遠慮なく尋ねてみましょう。販路に自信を持っている業者なら、しっかりと説明してくれるでしょう。

査定士の対応が丁寧

査定のときの査定士の対応にも注目しておきましょう。良心的な買取業者は、丁寧に車について説明をしてくれるはずです。わかりにくい専門用語で固めて、安く買い叩こうという査定士には注意が必要です。査定の際にいろいろ車のことについて尋ねてみるとよいでしょう。

保証やサービスが充実している

レッカー費用や書類代行などを高額にして、買取価格から引いてしまう業者もいます。そのため、サービスが無料の業者や0円以上の買取保証を打ち出している業者を選定すると、余計な心配もありません。業者によっては、買取価格が数十万円単位で違ってくるケースもあります。1社だけでなく複数の業者から話を聞き、慎重に買取業者を選定するべきです。

シエナの査定はカーネクストに依頼しよう

買取業者を選定する際には、下記のポイントを確認してみましょう。

  • 販路が世界中にある
  • 査定士の説明が丁寧
  • 諸経費がかからない

シエナは世界的に人気のある車種で、世界中に販路が広い業者ならよりシエナを高く売るノウハウを持っています。多くの業者の中でもカーネクストは、世界中にネットワークがあり、販路が広いことが大きなメリットです。特にシエナのような車は、販売網が広ければ広いほど高く買い取ってくれる可能性があります。

また、カーネクストはどのような車でも0円以上の買取を保証。事故車や廃車寸前の車でも買取の実績があり、査定についても無料です。無料査定の依頼はいつでも受け付けており、あなたの都合に合わせて、査定を行ってくれます。顧客の満足度も高く、ホームページなどには実績も数多く掲載されています。

ホームページから、車の価格をチェックすることも簡単にできます。この機会にカーネクストを利用して、今あるシエナを上手に現金化して、次の車の購入代金にあてましょう。

参考:カーネクスト

シエナを査定を依頼して高価売却を目指そう

シエナはアメリカからの逆輸入車ですが、高額で買取してくれる場合が多い車種です。グレードや年式によって価格傾向が異なりますので、ある程度の情報を得てから買取の手続きを進めましょう。高く買い取ってもらうにはいくつかのポイントがあります。それらを事前に押さえておき、上手に売却しましょう。

買取に関しては業者の選定が大切です。シエナに関しては特に販路が広い業者を選びようにしましょう。レッカーなどの諸経費がかからない業者を選ぶこともポイントです。さまざまな業者の中でもサービスが充実しているカーネクストを利用して、シエナの高価売却を目指しましょう