アリオン中古価格相場を知り買い替える方法を考えてみよう

最近の多くの車種は、大きなモデルチェンジをして、見た目などを変えることで人気を得ているものが多いです。しかしトヨタアリオンは、大きなモデルチェンジをせずに、セダンタイプの車としてオールドファンから根強い人気を得ています。

アリオンの魅力や特徴を知り、中古車の価格を押さえておきましょう。中古車でも比較的手ごろで、買いやすい価格帯の車が多いです。おすすめのモデルスペックや、購入時の注意点等さまざまな点からチェックしていきましょう。セダンタイプの車を購入するのなら、アリオンも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

アリオンの魅力と特徴

アリオンの魅力と特徴は、昔ながらのセダンを継承している点です。主な特徴や魅力が3つあるので、一緒に見ていきましょう。

広めの室内で荷物が沢山積むことができる

セダンながら2700mmというホイールベース(前輪と後輪の中心を結んだ線の距離)があって、比較的ゆったりとしているセダンです。後部座席もゆったり目、トランクにも荷物をたくさん積むことができます。

大きな室内は、ドライブの満足度を高め、リピーターユーザーやセダン愛好家から好まれています。社内のカスタマイズにはミニバン等には及びませんが、セダンの中ではトップクラスです。

燃費がよく価格も手頃

アリオンにはハイブリッド車は出ていませんが、燃費性能がよいので普段使いにも向いています。新車や中古車共に価格が手ごろなため、コスパのよい車としても有名です。ハイブリッド車に次ぐ程度の燃費性能は、多くのオーナーが満足しているようです。

買ってみたら実は燃費が悪かった等で、残念な思いをすることも少なくない中、アリオンは通勤から近距離の買い物までいろいろこなせる万能セダンです。

シンプルな高級感のあるデザイン

アリオンはよい意味であまり大きなデザインの変更をしていません。ザ・セダンといったいかにもシンプルで、ベーシックなデザインには、多くのユーザーから賛否両論があります。しかしアリオンはもともと、セダンが好きな高齢者をメインターゲットにしているため、大幅なデザイン変更をしていないのです。

内装も特にこだわっているわけではありませんが、高級感を感じるつくりとなっていて、こちらもシンプルに出来ています。長い時間使用していても飽きない作りをしていることで、リピーターも多いです。

アリオンの中古車の価格相場

アリオンの中古車の価格相場を見てみて、モデル別(発売モデル)に価格の動向を大手3社の中古車価格から判断してみましょう。

アリオンの中古車価格

2007年に大きな境があり、それ以前の中古車は数十万円で売られています。したがって高齢者や初めて車を乗るのにセダンがよいといった人には、おすすめです。2007年以降のモデルについてもグレードは基本的には引き継いでおり、大きな変化をしていないため、価格も大きくは変わりません。

中古車市場ではコスパ面で狙い目の車の1つです。若干価格の高いものは、装備が充実していたり、4WDだったりします。こういった細かい点が異なるだけなので、価格はあまり大きく変動せず、状態のよさが価格に表れている車種です。

モデル別の価格の相場

4つのモデルに注目して、大手中古車業者3社の価格を比べてみましょう。

トヨタアリオン 2016年6月 発売モデル

ガリバーではネットでの取り扱いがありませんが、実際の店舗に行くと取り扱いがある店があります。グーネット、カーセンサー共に価格にあまり差はなく、平均では160万円台後半くらいです。実際には2018年式や2019年式の新古車も混ざっているので、状態のよい車が多いと考えると、この価格帯は非常に手ごろで、買いやすいでしょう。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 119万円~228万円 約166万円
カーセンサー 126万円~228万円 約168万円

トヨタアリオン 2014年9月 発売モデル

こちらもガリバーネットでは取り扱っていません。グーネット、カーセンサー共に前述した2016年6月発売モデルより20万円ほど低い価格です。トヨタアリオンはこのように発売モデルによって、きれいに曲線を描くように価格が推移します。理由は、モデルのデザインの大きな差が無いため人気が割れているからです。

より買いやすい100万円前半のものから、いろいろな装備が付いていて価格が150万円前後のものが多くを占めます。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 98万円~185万円 約144万円
カーセンサー 115万円~182万円 約146万円

トヨタアリオン 2012年12月 発売モデル

ガリバーネットでのサンプルは2台だけなので、あまり参考になる数値ではありませんが、グーネットやカーセンサーでは数十台のサンプルがあり、それなりに価格帯の平均値は信用できます。こちらも前述した2014年9月モデルより約20万円ほど安くなっています。

アリオンは部品が存在しているため、状態のよい車が多く、価格割れしている車も少ないのが特徴です。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 114万円~120万円 約117万円
グーネット 98万円~150万円 約126万円
カーセンサー 77万円~149万円 約116万円

トヨタアリオン 2010年6月 発売モデル

このモデルもガリバーネットでは取り扱いがありません。同じように2012年12月発売モデルと比較して20万円ほど割安です。特徴的なのは下限の価格が100万円を切る車が多く存在し、それが価格の平均値を押し下げています。

グーネットには状態と装備がよい168万円する車も存在していて、それ以外は120万円を切る価格帯の車が多いです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 69万円~168万円 約102万円
カーセンサー 69万円~118万円 約91万円

おすすめの中古アリオンのモデル

4つの中古アリオンのスペックを確認してみましょう。どのような点がおすすめできるのでしょうか。

2016年6月モデルA20 Gプラスパッケージ

アリオンについては2016年6月に比較的大きなマイナーチェンジが起こり、より多機能の車へと変貌しています。多機能4.2インチカラーTFTモニター、衝突回避システムToyota Safety Sense Cの採用など装備面でも最高クラスのセダンです。

おすすめするモデルの中では一番豪華な装備を誇っており、価格もそれなりにしますが、これだけの装備がついている割には安いと感じる人が多いでしょう。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
152ps FF 4.59m 1.695m 1.475m 5人 15.6km/L 1,986cc

2016年6月モデルA18 Gパッケージ

車体の大きさ等はA20Gプラスパッケージとほぼ変わりません。装備面でも充実しており、前述したモデルのパワーが少し低いバージョンですが、変速が滑らかで加速もスムーズです。広さについては膝とフロントシートの背もたれの幅が広くて、余裕があります。

パワーが少し劣る部分燃費性能は良くなっています。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
143ps FF 4.59m 1.695m 1.475m 5人 16.4km/L 1,797cc

2016年6月モデルA15

アリオンはデザインにほぼ違いはありません。車体の大きさもそうですし、室内のインテリアと装備面で若干の差があるくらいです。このA15はパワー面では劣りますが、走行時の音が静かな点が大きな特徴。車の音やロードノイズが気になる人にはこのタイプがおすすめです。

街中で走るタイプとしては、燃費性能共におすすめする中では一番向いています。安定走行に適したモデルで、中高年を中心に人気のあるタイプです。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
109ps FF 4.59m 1.695m 1.475m 5人 19.2km/L 1,496cc

2016年6月モデルA15 Gパッケージ

先ほどのA15とほぼ同じスペックで、高級感のあるインテリアが売りのモデルです。後席はリクライニング機能も付いており、より長時間のドライブにも向いている作りになっています。

価格面はインテリアの分いくらか割高ですが、機能面で優れているのでこれもおすすめできるモデルです。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
109ps FF 4.59m 1.695m 1.475m 5人 19.2km/L 1496cc

業者別のアリオンの中古車価格

タイプ別と年式別、走行距離別に大手中古車業者3社の平均価格を見てみましょう。

タイプ別

タイプは昔のものも混在しており、あまり参考にはなりません。むしろタイプではあまり差が出ないのがアリオンです。ガリバーに関してはサンプルが不足しているので、参考程度に見ておきましょう。カーセンサーやグーネットについては、グーネットの方が割安ですが、やや古い車が値を下げています。

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
A20Sパッケージ 約82万円 約62万円
A18Gパッケージ 約90万円 約86万円
A15Gパッケージ 約114万円 約121万円 約118万円
A18 約120万円 約72万円 約70万円


年式別

年式別に並べると、曲線を描くように価格が推移します。アリオンはモデル別ではあまりデザインも変わらないので、むしろ年式に影響される車種であることが解ります。

年式 ガリバー カーセンサー グーネット
2017年 約174万円 約170万円
2015年 約131万円 約139万円
2014年 約120万円 約119万円 約125万円
2013年 約115万円 約105万円 約122万円
2011年 約83万円 約96万円


走行距離別

短い距離で特に2万km以下の価格が割高です。3万km超えると平均価格が100万円を切っており、中古車として安く買いたいのなら、この付近の走行距離のアリオンを狙うべきでしょう。

走行距離 ガリバー カーセンサー グーネット
0~2万km 約140万円 約169万円
3万km~5万km 約95万円 約90万円 約95万円
6万km~10万km 約83万円 約85万円 約78万円
10万km超え 約50万円 約51万円 約40万円

アリオンを購入する際の注意点

アリオンを購入する際には次の3つの点に注意しましょう。

装備品をチェックする

特に100万円以下の価格のアリオンは、装備品が欠けていたりすることがあります。購入する際には装備品をチェックし、確認してから買うようにしましょう。ポケットやフィルターなども念入りに確認し、いざ買って装備が無いなどで、後悔することがないようにしたいです。

5ナンバーだから税金が安いわけではない点に注意

アリオンは燃費がよい車ですが、エコカー減税を受けることが出来るのはA15の中でも「1.5L 1NZ-FE エンジン」搭載車のみです。税金は排気量によって決まっており、3ナンバーでも5ナンバーでも変わりません。

低燃費のほうが安くなりますが、全てのモデルにエコカー減税を受けることができない点は注意したいです。

リコール対象車種かどうかをチェックする

トヨタのアリオンの一部の型式には、ラジエターパイプのホースの強度不足によってリコール対象になっているものがあります。

トヨタのサイトより、リコール対象になっているかを調べることができるので、買う前に確認しておくべきです。

現在の車から買い替える場合には

現在の車から買い替える際のポイントが2つあります。

車を売却して購入資金にしよう

車をディーラーで下取りに出すか、買取業者を選ぶかのどちらかになります。ある程度の値で売れると解っている車なら迷わず買取を選びますが、年式の古い車の場合にはどちらを利用したほうが得になるか考える所です。

この場合にも、買取業者を利用することをおすすめします。何故なら買取業者のほうが車の売り方に精通しているからです。その車に最適な売り方を知っているので、車の査定は自然と高くなります

買取業者はカーネクストがおすすめ

しかし買取業者にもいろいろあり、しっかりとしている業者を選定することが大切です。悪質な業者の場合は、諸経費としていろいろ費用を請求されたりします。中でも、おすすめの業者はカーネクストです。レッカーや書類代行、査定も全て無料で行ってくれ、どのような状態の車でも0円以上の買取保証をしています。

何故どのような車でも0円以上に買取することができるのかというと、カーネクストは世界中に販路を持っており、国内で売れない車はパーツとして海外へ売ることで利益を得られるからです。この機会にカーネクストを利用して、確実に車を現金化してみましょう。

参考:カーネクスト

国内走行におすすめのアリオンを中古で購入しよう

アリオンは低燃費で日本国内の道を走行するのに向いています。中古車で購入してもそれほど性能などが劣ることは無いので、中古車で安く買うことも選択肢に入れておきましょう。セダンの愛好家としては、比較的扱いやすい癖の無い車です。

価格面は、主に年式に左右される傾向があります。グレードによってスペックはあまり変わらないので、自分の予算と相談して決めるようにしましょう。シンプルなセダンとして普段使いに役立つアリオンをお得に購入してみましょう。