ビアンテを中古車で手に入れたい|相場や人気モデルを押さえよう

家族ができると、大勢で出かけることが楽しみになります。そのときに大切なことは「大勢がゆったり乗れること」ではないでしょうか。マツダ・ビアンテは、国産Mサイズミニバンの中でも室内が広く、快適だといわれます。ビアンテを中古で手に入れるために、まずはビアンテの特徴や価格相場について、十分に理解しましょう。

ビアンテの魅力と特徴

数あるMサイズミニバンの中でも、ビアンテは全幅1770mmと最大級でシートアレンジがしやすく、まさに「乗る人に合わせられる」ミニバンです。ここでは、まだあるビアンテの魅力と特徴を紹介します。

ファミリーカーとしての装備が充実したミニバン

マツダ・ビアンテは、発売当初は日産・セレナと同じように、家族向けMクラスミニバンとして登場しましたが、販売台数はセレナには遠く及ばずに苦戦していました。それを受けて、ビアンテは2WD車にスカイアクティブ技術を投入して燃費を向上させました。また、セレナと共通の特徴である「両側パワースライドドア」を装備するなど、ファミリーカーとしての装備を充実させることで、販売台数を伸ばしています。



ビアンテは、ボディの大きさや車内の広さは十分で、荷室の容積も大きく、荷物の多いファミリーでもストレスなく利用できます。また2列目・3列目をさまざまにシートアレンジすれば、家族旅行での車中泊にも使え、乗る人数や使い方に合わせた使い方は大きな魅力です。「パワースライドドア」や「広いラゲッジスペース」は、まさにファミリー向きだといえます。

スカイアクティブエンジンを搭載

ビアンテの最大の特徴は、ガソリンエンジンとして世界で初めて、14.0の高圧縮比を実現した「スカイアクティブテクノロジー」を搭載していることです。これによって、軽快なハンドリングとスムーズなエンジン始動が可能になり、ドライバーのパワーコントロール性能が大きく向上しました。

また、エンジンシステムは4WDシステムを組み込んだ「disiエンジン」で、路面の状況に応じて、前輪と後輪に適切なトルクパワーを割り振れるようになっています。これは、雪道など足場の悪い場所で、特に効果を発揮します。

また、今の運転状況がわかる「i-DMシステム」も搭載しており、ドライバーは運転しながらドライビングテクニックの向上や、無駄のない走りを学べるようになりました。このほか、「i-stopシステム」はアイドリングを防いで燃料ロスを防ぎますし、「S-VT」は燃費を14.8km/lまで抑え、発進時の振動も防いでくれます。

このように、エンジン一つを取ってもドライバーの安全を考え、随所に燃料のロスを防ぐための工夫がなされています。走りや快適さだけでなく「経済性」も考えられたシステムなのです。

どのミニバンにも似ていない個性的なデザイン

ビアンテのもう一つの特徴は、ほかのどのミニバンにも似ていないフロントマスクです。切れ上がったヘッドライトは、ボンネットサイドまで回り込んでおり、グリルは以前のアクセラのような逆五角形。ファミリーユースとしては、珍しいシャープなラインで、かなり個性的なデザインといえます。

また、高い車高とバランスを取るために、ボンネットも高い位置にありインパネも少し高めです。しかし、サイドウインドウの下端は低く、ヘッドランプにつながる大きめの三角窓があるので、運転席周りの視界は広く良好です。

ビアンテの中古車の価格相場

ビアンテは、ファミリーユースにもおすすめの車です。もともと装備が充実しているうえに、リーズナブルな価格なので、中古車としてもお得なものが多いためです。

ビアンテの中古車価格

国産のMサイズミニバンの中で、ビアンテの全幅は1770mmと最大級。さらに、カーゴスペースは控えめに作られており、シートアレンジすればファミリーがゆったりくつろぐことができます。「たくさんの荷物で行く」より、「遠くへゆったり行く」に適したミニバンといってよいでしょう。

しかし、このサイズ感に比べて割安に買えることもビアンテの魅力です。特に中古車では、両側スライドドアを備えたミニバンが100万円以下で買えるとあって、密かな人気車種となっています。

モデル別の価格の相場

ビアンテは多くの人が欲しい装備や機能を、ことごとく全車標準装備としています。実用的な装備は、ビアンテというだけでそろってしまうので、それ以外に求める理由がなければ、上位グレードを選ぶ必要はありません。そのため「ミニバンが欲しいが予算は多くない」または「内外装に質感が欲しい」など、要素に応じてグレードが分けられています

ここでは、グレードごとの価格相場を紹介します。使い方を考えて、どれが最もコストパフォーマンスがよいか比べてみてください。

20C スカイアクティブ

20Cスカイアクティブモデルは、必要最低限の装備だけに絞り込んだグレードです。しかし、豪華ではないだけでもともと快適な乗り心地です。中古車価格はどの業者もほぼ同じで、相場は130万円前後です。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 75万~171万円 約131万円
グーネット 75万~169万円 約132万円
カーセンサー 75万~179万円 約139万円

20S スカイアクティブ

20Sスカイアクティブは、あらゆる面で「真ん中」に位置するグレードです。ステアリングホイールやシフトノブ日本側を使うなど質感は高めですが加工・装飾は20Cと同じ仕様です。中古車の価格帯は業者ごとで差があり、下は80万円台から上は200万円ほどです。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 119万~189万円 約138万円
グーネット 119万~199万円 約143万円
カーセンサー 87万~177万円 約129万円

グランツ スカイアクティブ

グランツスカイアクティブは外装はフロントバンパーなど専用パーツを装備し、他でも見た目や質感が重視された最高グレードです。価格に関しては、約90万円~210万円ほどです。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 99万~199万円 約173万円
グーネット 89万~209万円 約179万円
カーセンサー 89万~209万円 約178万円

おすすめの中古ビアンテのモデル

ビアンテを選ぶときには、安いほうがいいものの、ある程度質も高いほうがよいなどと、迷うこともあるでしょう。以下にその人気モデルを挙げてみました。それぞれの選ぶポイントを中心に、ビアンテに何を求めているのかを照らし合わせてみましょう。

エクステリアにこだわるならグランツ

グランツは、専用装備でエクステリアがダイナミックです。ビアンテ の標準エクステリアが気に入らないという人でも、グランツなら魅力を感じることがよくあります。エクステリアが最大のインパクトですが、価格は抑えぎみ。この見た目と質感で、この価格かと驚くほど価値の高いグレードです。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
144ps フルタイム4WD 4.71m 1.77m 1.85m 8人 9.4km/L 1,998cc

選びやすい中間グレードの20S

20Sスカイアクティブは、全てにおいて中間に位置するグレードのため、ビアンテを買おうという人の多くが選びます。さまざまな部分に本革が使われているので、高級な雰囲気があり、ホイールもスチールではなくアルミホイールになっているなど、細かい部分にこだわりが見て取れます。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
151ps FF 4.71m 1.77m 1.83m 8人 14.8km/L 1,997cc

業者別のビアンテの中古車価格

具体的に、ビアンテの現在の中古車価格を見てみましょう。ここでは、年式・走行距離という中古車選びの重要ポイントと、タイプごとの大手販売店の平均価格を紹介します。

タイプ別

タイプで見ると、やはり全体的な豪華さや質感に応じて、相場は高くなっていることがわかります。実車の状態と予算のバランスで、ある程度絞り込むための基準にはなりそうです。

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
20Cスカイアクティブ 約131万円 約139万円 約132万円
20Sスカイアクティブ 約138万円 約129万円 約143万円
グランツスカイアクティブ 約173万円 約178万円 約179万円


年式別

新しい年式が極端に相場が高くなっていますが、これは流通台数が影響していると考えられます。中古車は実車の状態が最重要なので、年式にはあまりこだわる必要はないかもしれません。

年式 ガリバー カーセンサー グーネット
2008〜2009年 約77万円 約61万円 約61万円
2010〜2012年 約96万円 約94万円 約97万円
2013〜2017年 約147万円 約151万円 約151万円


走行距離別

走行距離は、年式相応を基準に検討しましょう。1年あたり1万kmを基準に、過走行はもちろん過少走行にも注意してください。ビアンテは想像できる用途から、一定の走行距離があることが普通と考えられます。よって、走行距離が短く、安い価格は要注意です。

走行距離 ガリバー カーセンサー グーネット
~5万km 約134万円 約127万円 約127万円
5万〜10万km 約105万円 約96万円 約102万円
10万km〜 約79万円 約49万円 約62万円

ビアンテを購入する際の注意点

ここで、ビアンテを選ぶにあたって注意すべき点を挙げてみましょう。ビアンテはほかのMサイズミニバンとは違う点に、十分注意しなくてはなりません。

予防安全装備の設定がない

ビアンテは予防安全性能の面で、自動ブレーキをはじめとする先進の予防安全装備が、オプションであっても設定できない点に注意が必要です。競合の他メーカー製のほとんどに搭載されている現在、家族を乗せるミニバンとしては非常に残念ですが、発売から10年以上経過しているため、仕方がないのかもしれません。

収納スペースが十分か確認が必要

ビアンテの2列目シートは、大きくスライドできます。チップアップ&スライド式のサードシートは、簡単にカーゴスペースを拡大できますが、ほかに比べて広いとはいえません。

また、運転席周りの収納スペースも少なめなので、使い方を具体的に想定して、十分かどうかを確認する必要があります。

現在の車から買い替える場合には

たとえお得なビアンテであっても、即金で買う人は稀です。今までコツコツ貯めてきた資金と、今乗っている車を処分して得た資金で買う人がほとんどでしょう。そこで、できるだけお得に買い替えるポイントを紹介します。

売ったお金を元手にお得に買い換えよう

車を買うために貯金をすることは有効ですが、時間がかかりますし、誘惑に逆らう強い意志が必要です。そのため、貯金をメインにすることは、あまり現実的ではないかもしれません。となれば、今乗っている車を「高く売る」必要がありますが、これにはいくつかの注意が必要です。

一つは「同じ車でも買い取る業者によって価格は違う」ということ。これは業者の持っている在庫や、車の査定方法・手順、市場の状況など、さまざまな条件が査定に影響するためです。

もう一つは、「査定は複数の業者に依頼する」ことです。細かい点を含めれば、業者の数だけ査定結果が違うはず。それらを比較すれば、何がポイントでどう評価されるのが普通なのかがわかってきます。そうすれば、価格交渉できるポイントが絞れてきますし、金額の相場もつかめます。

これらの要素をうまく利用すれば、高く買い取ってもらうことも可能です。その資金を投入すれば、思っていたより状態のよいビアンテが手に入るかもしれません。狙い目は「買取業者をうまく活用する」ことです。

買取業者はカーネクストがおすすめ

買取業者を選ぶときには、買取金額だけで選ぶことはおすすめできません。車を買い取るためには、いろいろな手続きにかかる費用があります。それが高額なら買取金額が高くても、結局手元に残らない可能性があるためです。

その点、今ネットで話題の「カーネクスト」なら、安心して利用できます。カーネクストは、動かせない車のレッカー費用や、故障・事故で廃車となった車も、代行して手続きしてくれるうえにかかる費用も無料です。さらにうれしい点は「どんな車でも買取金額0円以上を保証」しており、最悪でも0円で廃車にしてもらえて、車によっては買取金額が戻ってくる可能性があるのです。

カーネクストがこんなビジネスを展開できるのは、世界中に車や部品の販路を持っているためです。たとえ廃車であっても、無事な部品は海外で活躍する日本車にとっては、買ってでも欲しいもの。そこへつながる販路を持つからこそ、これほど条件のよい車買取ができるのです。

導入リンク:【カーネクスト

中古のビアンテを手に入れよう

マツダ・ビアンテは、2018年3月に製造・販売が終了しましたが、その個性的なエクステリアやフロントマスク、シートアレンジの多様さと乗り心地で、今も多くのミニバンユーザーが注目しています。ファミリーユースに適していますが、マツダが培ってきた足回りの技術で、数少ない「走れるミニバン」でもあります。

ビアンテを中古でお得に手に入れるためには、今乗っている車をお得に買い取ってもらう必要があります。できるだけ複数の業者に査定してもらい、買取にかかる費用も含めてお得な業者を選びましょう。

国産車の中でも。ひときわ異彩を放つマツダ・ビアンテは、ファミリーユースにもぴったりです。「走りを楽しみたい」「家族でゆったり出かけたい」を両立させるMサイズミニバンを、お得に手に入れましょう。