スイフトの評価と魅力について解説|口コミから分かる欠点とは

スイフトはスズキのハッチバック型コンパクトカーです。2000年に登場してから多くの人に愛されており、パトカーにも起用されています。そんなスイフトを購入しようかお悩み中の場合、口コミ評価を見ておきましょう。スイフトを実際乗っている人のリアルな声を聞くことで、購入しようか決める判断材料になります。今回は、スイフトの口コミ評価、評価から分かる欠点、魅力について紹介していきます。

スイフトの特徴

スズキ・スイフトはシンプルでも個性的なデザインで、軽量ボディを活かした軽快な走りにより、発売当初から人気を誇る車です。2000年に登場したスイフトは、これまでマイナーチェンジ・フルモデルチェンジを経て、今ではスズキの代表的車種という位置にあります。「スイフト」は、英名で軽快、快速という意味があり、まさにスイフトの性能に相応しいネーミングです。

4代目までスイフトは登場していますが、元々は先代の「カルタス」が海外でスイフトとして販売され、ハンガリー、インド、中国でも製造されています。2016年11月の時点で、世界累計530万代の販売実績を誇ったとされています。それだけ、スイフトは多くの人に愛されているということでしょう。

スイフトのおすすめ人気グレード

スズキ・スイフトにはいくつかのグレードが存在します。その中でも人気のあるグレード「HYBRIDRS」、「XG」の2つの特徴や魅力を紹介していきます。

すべてのバランスがHYBRID RS

スイフトの中の人気グレード「HYBRIDRS」は、デザイン、インテリア、走り、燃費、実用性、価格のバランスのとれた車です。同じハイブリッドでも「SL」というグレードと比べても価格は16万円程安く、燃費性能も大差ありません。さらにRSには、専用装備もあるのでおすすめです。

例えば、「16インチアルミホイール(切削加工・ブラック塗装)」。さらに欧州仕様の専用チューニングが施されており、路面の衝撃吸収性が高められています。エクステリアは、フロントグリル・フロントバンパー・リアバンパーがどれもRS専用となっています。

ファミリーカーとしておすすめのXG

スイフトのグレードの中でも最も安いのが「XG」です。XGにはステアリングホイールなどの重要性の低い装備はありませんが、安全装備として「セーフティーパッケージ」をオプションとして付けることは可能です。このオプションは約9万円ですが、付けたとしても約143万円で、標準装備されているXGリミテッドよりも約3万円は安いです。

そしてXGのよい点は収納スペースが広いこと。ハイブリッドのスイフトにすると収納スペースが狭くなってしまうのですが、収納スペースが広いので荷物が多くなってしまいがちなファミリーカーとしてもおすすめです。燃費はさほどよくありませんが、価格、安全性、収納の3つはXGを選ぶメリットでしょう。

スイフトに乗っている人の口コミ評価

それではスズキ・スイフトの口コミ評価を、「エクステリアデザイン」、「内装」、「走行性能」、「エンジン性能」の4つの観点から紹介していきます。リアルな声を見て、購入するか否かの判断材料にしてください。

エクステリアデザインに関する口コミ

スイフトのエクステリアデザインの口コミは、「SUVのようなデザインが好み」、「まるで外車のようでお気に入り」、「他社のコンパクトカーよりも勝っている」というような評価が見られました。どんな車にも言えることですが、デザインは個々の好みによって分かれるので、賛否両論になりやすい傾向です。自身の目で確かめてみることをおすすめします。

内装に関する口コミ

スイフトの内装の口コミは、「操作パネルがきちんとしていてタコメーターはないけど格好よい」という高評価もある中で、「内装が残念」と感じる評価もありました。これに関してもエクステリアデザインと同じく、個々の好みで意見が分かれやすい傾向です。写真やカタログだけでは判断しづらいため、実際のスイフトを見て好みかどうかよく確認してみてもよいでしょう。

走行性能に関する口コミ

スイフトの走行性能は高評価が多いです。「エンジンはうるさくなく、よい加速、操舵性もしっかりしている」という評価が見られました。走行性能に関しては期待してもよさそうです。高速道路でも安定した走り、長時間走行でも疲れにくいという声もあります。スズキのテクノロジー「デュアルジェットエンジン」により、静かかつパワーのある走行ができる理由です。

また、コンパクトカーだからこそなのか、「小回りが効く」という評価もあります。他社のライバル車と比べたら小回り半径は大きいですが、それでも4.8~5.2mがスイフトの小回り半径です。

エンジン性能に関する口コミ

スイフトのエンジン性能の口コミは、「坂道の走行も余裕でできる」、「アイドリングストップから復帰するのがナチュラル」という評価が見られました。中には、「寒い季節に積雪を考えてハイブリッド車にしたけれども、ハイブリッドにしたメリットが無かった」という声もありました。あくまで一個人の意見ですので、試乗してみて実際のエンジンがどんな感じか比べてみてもよいでしょう。

スイフトの口コミからわかる欠点

スイフトの口コミ評価は、走行性能は申し分ない中、エクステリアや内装は個々の好みで分かれやすいようでした。そんなスイフトの口コミ評価から分かることは欠点です。すべての要望が詰まった完璧な車というのはなく、スイフトにも欠点があります。それはどのようなことなのでしょうか。詳しく見ていきます。

リアドアノブが不評

スイフトの口コミ評価の中で辛口評価として多かったのは「リアドアノブ」です。新型スイフトにはリアドアノブが、隠れてしまっている状態です。一般的には窓の下にありますが、最近では窓の後ろの方に設けることが多く、スイフトもそのようにリアドアノブを設けています。

一般的なリアドアノブで慣れてきた人からしたら、後方についているリアドアノブはとても使いづらく、使い方もよく分からなくて開かないという意見が多くありました。実際口コミの中でも、「このリアドアノブによって後部座席の空間を広げた意味がない」とかなり辛口評価も見られました。

収納スペースが小さい

2016年12月にスイフトはフルモデルチェンジしています。モデルチェンジ後のスイフトは4代目にあたりますが、モデルチェンジしたことにより、収納スペースが小さくなってしまったという評価がありました。ライバル車と比較しても狭いようで、車にあまり載せない人以外には物足りなさを感じてしまうのは間違いありません。

収納スペースが小さくなった代わりに、新型スイフトは後部座席が従来より広くなっています。後部座席の広さを取るか、収納スペースの広さを取るかということになりますが、どちらもよいとこどりができないため、今後のスイフトに期待するしかないでしょう。

スイフトをお得に購入するには

誰もがお得につられてしまう中で、車は高い買い物です。高級車ではないスイフトであっても、少しでもお得にスイフトを購入したいと思うはずではないでしょうか。そこで、スイフトをお得に購入するコツを紹介していきます。それはどのようなコツなのでしょうか。

現在乗っている車を買取に出す

スイフトをお得に買いたいなら、今乗っている車を買取に出すことがおすすめです。買取に出すことで、いくらかで今乗っている車を売ることが出来ます。いくらになるかは今の車の年式や走行距離によっても変わりますが、もしあまり古くなく、さほど乗っていないなら高く売れると見込めるでしょう。買取に出したそのお金を、スイフトの購入資金にあてることが出来るのです。

とはいえ、買取業者選びというのはどこでもよいわけではありません。中には悪徳なところもあるので、それこそ口コミなどでしっかりどこで買い取ってもらうか見極めてから買取業者にお任せしましょう。

カーネクストを利用する

買取業者に悩むなら、おすすめはカーネクストです。カーネクストは、0円以上の買取保証が付いているのと、レッカー代・書類代行・査定の全てが無料というのがポイント。中にはレッカー代など費用を多少請求されることもあるので、カーネクストはとにかくおすすめな買取業者なのです。また、世界中に販売して販路が広いのも大きなメリットです。車を買取に出すのなら、ぜひカーネクストをお選びください。

参考:カーネクスト

今乗っている車を売ってスイフトをお得に購入しよう

スズキ・スイフトは、個性的なデザインかつコンパクトカー、そして走行性能のよさが魅力的で今現在でも多くのユーザーに愛されています。そんなスイフトの口コミ評価は、収納スペースやリアドアノブに関する辛口評価は観られたものの、大体はバランスの取れた車だといえるでしょう。ハイブリッドやそれ以外でもさまざまなグレードがありますので、試乗できるなら試乗して自身で確かめてから購入しましょう。

そして、スイフトの購入を決めたなら、今乗っている車を買取に出すことが少しでもお得に車を購入するコツです。無料査定、特別な費用などはいらないカーネクストを選び、お得にスイフトを手に入れましょう。