トヨタのシエンタの評価と特徴|口コミから買換え方法まで解説


廃車するならカーネクストがおすすめ

7人乗りのコンパクトカーといえば、トヨタのシエンタ。2003年より販売している、5ナンバーサイズの小型ミニバンです。2015年に、2代目シエンタにフルモデルチェンジしてから、爆発的なヒットを記録しました。その人気はうなぎのぼりで、新車販売台数ランキングのベスト10付近を常にキープしています。

シエンタは「実用性・取り回しの良さ・抜群の燃費性能・維持費の安さ」などからファミリー層を中心に、高い人気を博しています。しかし、「うわさの高評価は本当なの?」という疑問を持っている人も多いでしょう。

ここでは購入を検討中の人に向けて、実際の口コミ評価からの美点・欠点を中心に、シエンタの特徴、おすすめ人気グレード、具体的な買換え方法まで幅広く解説していきます。

シエンタの特徴

シエンタは、ゆったりとした室内や洗練されたデザイン、多彩な最新の安全装備を持つミニバンです。ミニバンとしては小さく、全長4,235mm x 全幅1,695mm x 全高1,675mmというディメンションです。しかし、そのコンパクトなボディに3列シートを搭載しており、最大7人乗車できる点が魅力です。

コンパクトで取り回しも良好なシエンタですが、最大の特徴は低床設計です。地面から床までの高さが330mmと近いので、とても乗降しやすい設計です。また、電動スライドドアはスイッチひとつでオープンし、乗降しやすい絶妙の位置に「乗降用アシストグリップ」が設置され、車内の床もフラットです。

このように、子供やお年寄り、身体の不自由な人が、負担なく乗降できるように考慮されています。3列目のシートは、格納すれば大容量のラゲッジスペースになり、家族旅行などにも便利でしょう。ファミリーからビギナー、女性まで、誰もが快適かつ実用的に乗れる小型ミニバンです。

シエンタで人気の高いおすすめグレード

シエンタにはガソリン車、ハイブリッド車の2種が存在しますが、売れ筋はガソリン車というデータもあるほど、ガソリン車に人気があります。ここでは、人気の高いガソリン車から最上位グレード「G」と、中位グレード「X」をおすすめとして解説します。

燃費も優秀なガソリンG

シエンタのガソリン車は、ハイブリッド車に迫る高い燃費性能を持っています。これが、ガソリン車が人気となっている大きな要因のひとつです。なお、シエンタのハイブリッド車と、JC08モードで燃費性能を比較した場合、以下の通り、その差は「8,6km/L」です。

  • ハイブリッド車:28.8km/L
  • ガソリン車:20.2km/L

ガソリン車の中でも最上位グレード「G」は、充実した最新の装備を満載しています。「G」のみの多彩な装備を、以下で表にしてみます。

「G」のシート素材 上級ファブリック
「G」の独自内装装備 ・ボタンひとつでエンジン始動・自動開錠のプッシュスタート・スマートエントリーを搭載
・自動で車内温度を調整してくれるオートエアコン
・インパネが便利なマルチインフォメーションディスプレイ
・運転席側にアームレストを搭載
・本革巻きのステアリング、シフトノブ
・サテンメッキ加飾されたメッキインサイドドアハンドル
「G」のスライドドア 両側電動スライドドア

独自装備ではスマートエントリー、オートエアコンの存在が大きいでしょう。また、両側電動スライドドアの利便性が高いです。お子さんのいるご家庭では、運転席と助手席の両側からお子さんを降ろすこともあり、買い物などでは両側から荷物を載せることも多いです。

標準装備に加えて、これだけ多彩な独自装備を持ちながら、「G」の新車価格は202万680円とリーズナブルで、中位グレード「X」との新車価格の差額は、20万4,120円のみです。そのため、メリットの多い充実した装備のグレードを求める人におすすめです。

コスパ重視なガソリンX

コストパフォーマンスを重視するなら、中位グレード「X」がおすすめです。最上位グレード「G」との主な違いを、下記で確認してみましょう。

「X」のシート素材 ファブリック
「X」の内装装備 「G」の独自内装装備に記載しているものは未搭載
「X」のスライドドア 助手席のみ片側電動スライドドア

「X」は、シート素材がファブリック素材。「G」と比較すると内装装備は簡略化されていますが、シエンタは標準装備が充実しているため、大きなデメリットはありません。なお、電動スライドドアは、片側の助手席のみに設置されていますが、助手席のみで十分という人にはよいでしょう。

「X」の新車価格は181万6,560円です。シンプルな装備で、よりリーズナブルなグレードがよいという人におすすめです。

シエンタに乗っている人の口コミ評価

シエンタに乗っている人の口コミから、エクステリア、インテリア、乗り心地、燃費性能の4項目に関しての評価を見ていきます。実際に乗った人の意見から、本当のシエンタの姿が垣間みられるでしょう。ぜひ、購入の参考にしてください。

エクステリアに関する口コミ

2代目シエンタに、フルモデルチェンジした際の外観は「かわいいモデル → 個性的なモデル」に激変しました。その個性的な外観には賛否両論ありますが、実際に乗っている人の口コミは良好で、個々人が個性的なデザインを楽しんでいるようです。

<口コミのまとめ>

  • 斬新なデザイン、スタイリッシュで個性的なところがよい
  • 見慣れるとかっこいい
  • 現行モデルはスポーティな感じがする
  • 歌舞伎役者みたいな顔つきが気に入った

インテリアに関する口コミ

2代目シエンタから、インテリアのデザイン性が向上しました。実際に乗っている人の口コミは、リビングでくつろいでいるような雰囲気と評判。外観と共に、インテリアを気に入っている人は多いようです。

なお、初代シエンタから乗換えた人は、計器類が運転席寄りへ移動したことを高く評価しています。計器類が視認しやすくなったことに満足しているようです。

<口コミのまとめ>

  • スッキリとして洗練されたオシャルなデザインがよい
  • ハンドル、インパネ周りのデザインが気に入っている
  • ファブリック素材のシートは落ち着いていて、色も座り心地もなかなかよい
  • 初代シエンタと比較して、計器類が中央から運転席寄りへ移動したのがよい

乗り心地に関する口コミ

2代目シエンタは、実用性の高い小型ミニバンです。実際に乗っている人の口コミでは、乗り心地に関して非常に高い評価を受けています。取り回しのよさから、車内の居住性、乗降のしやすさ、走行安定性に至るまで、全員が快適に安心して乗れるようです。

<口コミのまとめ>

  • 車体が小さいので取り回しがよく、縦列駐車、車庫入れも簡単
  • 車内が広くて満足、家族は多いが全員乗車できるようになったのでうれしい
  • 妊娠中だが、低床設計なので安心して乗降できた
  • 後列シートの方が高く設定されているため、後部座席でも見晴らしがよい
  • 1.5Lエンジンなのに加速がよい
  • 走行は安定していてバランスがよい

燃費性能に関する口コミ

2代目シエンタといえば、ガソリン車、ハイブリッド車ともに燃費性能が高いことで知られていますが、実際に乗っている人の口コミでも、燃費性能の高さがうかがえます。両車の実燃費に満足しているという声が、多数挙がっています。体感として給油回数の少なさを実感している人も多いようです。


どんな車でも0円以上買取保証!廃車するならカーネクスト

<口コミのまとめ>

  • ガソリン車は街乗りで10km/L~15km/L、高速では16km/L~20km/Lの満足できる実燃費
  • ガソリン車は、最低でも10km/Lを割ることはなさそう
  • ハイブリッド車は、27.9km/Lを達成して大満足
  • 体感であまり給油しなくて済むような感じがする

「購入して正解」という口コミ

ここで、シエンタを購入して、「最終的に満足している、正解だった」という口コミを紹介します。

<口コミのまとめ>

  • これまで家族4人、コンパクトカーでがんばってきが、子どもが増えるのにあわせて乗換えを。なにより、家族みんなで個性的な見た目が気に入り大切に乗りたい
  • 新型シエンタ、私たち家族には最良の選択だったと安堵している
  • 車内の空間、メーター付近など、シンプルでオシャレで、さらにボディーの形状も美しく、毎日磨いている
  • 乗りたくなる車というのはなかなかないもの。乗れば乗るほど好きになる。気持ちよく走れる。このシエンタは、その部分で秀でている
  • ハンドルの形状が好き。軽いのもいい。足回りもやや固めで好み
  • 自分のライフスタイルにあうセカンドカーに出会えた

シエンタの口コミからわかる欠点

シエンタに乗っている人の口コミから、シエンタのマイナスポイントに焦点をあわせてみましょう。実際に乗っている人の評価は、マイナスポイントに見るべき価値や正直な声があります。こちらもあわせて、ご購入の参考としてください。

坂道や加速でエンジン音が大きくなる

シエンタは、加速がスムーズでパワーも申し分ないという評価を受けていますが、一方で、坂道や加速時にエンジン音が大きくなるという口コミがあります。ただし、この音はシエンタに限らず、ハイブリッド車全般で発生する現象のようです。数万Km走行したら、音が静かになったという話もあります。

また、シエンタではロードノイズが気になるという口コミがあります。とくに、ハイブリッド車では静かなモーター走行中に、ロードノイズが気になるようです。標準のエコタイヤに交換すれば、改善するという話もありますが、完全にロードノイズを消し去ることは難しいでしょう。

<口コミのまとめ>

  • 加速時のエンジン音が大きめ
  • ロードノイズが少し気になる

収納が少なくなった

初代シエンタから2代目シエンタに乗換えた人の口コミから、収納が少なくなったことを残念に思っていることがうかがえます。

<口コミのまとめ>

初代シエンタの運転席シートバックポケット、助手席・2列目シート床下収納がなくなり残念

初代シエンタと2代目シエンタの収納を比較

初代と2代目の収納を比較した場合、2代目シエンタでは以下の通り収納が少なくなっています。

  • 運転席シートバックポケット、カバンや化粧ポーチなど、大きめの小物が入る助手席・2列目シート床下収納が廃止
  • 2代目シエンタが流線型のデザインを採用した影響で、アッパーボックス・オープントレー・グローブボックスの形状が変わり、容量が減少

しかし、シート3列目使用時の荷室の広さは、2代目シエンタが以下の通り広くなっています。シートアレンジも豊富なので、申し分ない使い勝手といえるでしょう。

  • 初代シエンタ:奥行き310 × 幅1,075 × 高さ1,040mm
  • 2代目シエンタ:奥行き370 × 幅1,150 × 高さ1,085mm

実用面でいえば、2代目シエンタの荷室は広くなっているので、困るようなケースはないでしょう。購入を検討する場合は各収納の容量をチェックしてみてください。

シエンタをお得に購入するには

シエンタの購入を検討している人の中には、現在の愛車から買換えを考えている人も多いでしょう。買換えをする場合は、買取業者の選択が重要です。「高い廃車費用を支払う」か「次の購入資金を得る」かの差は、業者の選択ひとつで変わります。ここでは、得する車の買換え方法を解説します。

現在乗っている車を買取に出す

車の買替えを考えたとき、現在所有している愛車の売却資金を、次の購入資金へ回したいところでしょう。ただし古い車の場合は、ディーラーや買取業者で査定価格がつかずに、廃車になるケースがあります。購入資金にする予定が廃車になり、慣れない廃車手続きや解体費用、運搬費用、リサイクル料などの処分費用で、総額20,000~50,000万円前後の出費になることすらあります。

査定価格は車の状態により変わりますが、重要なところは買取業者によっても変わるということです。ディーラーや、販路の狭い買取業者の中には、中古車の扱いに長けていないところもあり、まだ価値のある車種でも廃車になってしまう懸念があります。損するケースを避けたい人は、メジャーな買取業者のカーネクストを利用しましょう。

カーネクストを利用する

カーネクストは車検切れ、故障車、不動車、通常なら廃車となる車種でも、0円以上で買取を保障。さらに査定、解体費用、運搬費用、引取り手数料、書類の代行作成まで、全て無料で行ってくれます。

また、自動車税の還付金を受けられ、売却できないような古い車でも、車種によっては予想外の査定価格で買取ってくれるケースまであります。カーネクストは、日本で需要の低い中古車を修理・整備して、需要の高い海外へと輸出できるため、買取が可能なのです。

無料査定はインターネットから、メーカーや車種、名前、電話番号を入力するのみで、すぐに対応してくれます。さらに、365日年中無休のフリーコールも利用可能です。おすすめの買取業者なので、買替え希望の方はご検討ください。

参考:カーネクスト

今乗っている車を売ってシエンタをお得に購入しよう

シエンタの口コミを見ると、共通していることは皆がシエンタを好きだということです。シエンタは子育て世代のファミリーを、見事にバックアップするミニバン。乗っている人に愛される名車といえるでしょう。

高い評判通り申し分ない性能です。新車市場、中古車市場ともにチェックして、賢くお得にシエンタを手に入れましょう。


どんな車でもOK!0円以上買取保証!