トヨタプリウスの買取査定相場とは?グレードや年式別に解説

トヨタのプリウスといえば燃費のよいハイブリットカーとして人気であり、中古車市場でも同様に人気であるため、その査定相場は高くなっています。加えて現行車である4代目であれば、特に高い査定額が期待できます。これを聞けば所有するプリウスを売却したいと思いませんか。

今回はそんなプリウスの売却を考えている人に向けて、プリウスのグレード別買取査定相場や年式別買取査定相場などを詳しく解説していきます。また、高価買取ができるためのコツや注意点などもあわせて見ていきましょう。

プリウスのグレード別買取査定相場

それでは、プリウスのグレード別買取査定相場について解説していきます。ここでは2015年発売のAツーリングセレクションとAプレミアムの場合で、どのような価格帯になっているのかを見ていきましょう。走行距離に応じて買取価格にどのような変化があるのかもしっかり確認してください。

Aツーリングセレクションの場合

こちらのグレードは、123~155万円ほどで推移していました。標準型のプリウスAは、走行距離が2万kmで約147万円となっているので、比較すると8万円ほどグレードで差がある結果だといえます。

また、走行距離と買取価格をみていくと、走行距離が2~4万kmに関しては価格の落ちが一番大きいものとなっている一方で、6~10万kmではあまり価格に変化がないように思われます。この程度であれば状態や装備の有無などでいくらでも挽回可能なように思えます。

走行距離 買取価格
2万km 約154.7万円
4万km 約140.9万円
6万km 約132.8万円
8万km 約127.0万円
10万km 約122.6万円

Aプレミアムの場合

こちらのグレードは、130~164万円ほどで推移していました。そのため、こちらに関してはかなり高い買取額になっているといえます。特に走行距離が2万kmでは約164万円の買取価格となり、標準に比べて17万円も高くなっています。

また、走行距離と買取価格についても6万kmまでは140万円以上と、多く走っていると言われるものでも高価買取を行っています。したがって、こちらのグレードを所有しているのであれば、平均的にも高く売却ができると考えられます。

走行距離 買取価格
2万km 約164.0万円
4万km 約149.3万円
6万km 約140.7万円
8万km 約134.6万円
10万km 約129.9万円

プリウスの年式別買取査定相場

プリウスの買取ではグレードの大切ですが、年式もまた大切なものです。そこでここでは、プリウスの年式別買取査定相場を解説していきます。

なお、年式に関しては2018年発売の4代目改良モデルと2017年発売の4代目改良モデルの場合で見ていきます。それぞれどのくらいの買取査定相場を持ち、中古車価格相場になっているのか把握していきましょう。

2018年発売の4代目改良モデルの場合

こちらは2015年にモデルチェンジした4代目の2回目のマイナーチェンジモデルです。現行のモデルであるため中古車価格相場は185.9~328万円と、新車が252~400万円であることを考えても高値でした。また、買取査定相場については現行モデルであるため、査定を受けてみなければわからない部分もあるでしょう。

ただし、現行のモデルのため買取査定相場も高いことが予想できます。

2017年発売の4代目改良モデルの場合

こちらは1つ前のプリウス4代目のマイナーチェンジモデルです。中古車価格相場については133.8万円~328万円となっており、こちらも現行モデルと同様に高値をつけています。ただし、買取査定相場については127.3万円~221.5万円と現行モデルに比べればおそらく安くなっているでしょう。

現行のモデルが出ているため安くなっていくのは間違いないので、こちらのモデルを売却したいのであれば早めに売るほど高値がつくと考えられます。

プリウスを高く売却するコツ

プリウスは年式やグレード、走行距離によって買取相場価格は変わっていくものですが、コツを押さえれば相場よりも高く売却することができます。それは、売却時期を見極めることと、買取相場を把握しておくことです。

前者はベストなタイミングで売却することで高値で売却できるもので、後者は買取価格が適正なのかを見極めることで高値で売却できるものです。これらをしっかりと把握して、実践すればきっと高くプリウスを売却できるはずです。

売却時期を見極める

プリウスの売却価格というものは同条件のものであっても、季節によって価格が異なります。これは需要と供給の関係によるものです。そのため、プリウスが高く売れる時期を見極め、その時期に売却を行うのが重要です。

特に新生活に備えて車を購入する人が多い3月に需要が高まることから、1~3月のタイミングで売却するのがよいでしょう。こうすれば、それ以外のタイミングで売却するよりも買取価格が高くなりやすいです。

買取相場を把握しておく

買取を依頼すれば、その業者があなたのプリウスの買取額を最終的に提示しますが、この際に買取相場を把握しておかなければ、それが適正価格であるのか判断がつきません。適正価格を把握していないと、実は安く買取されて損をすることもあり得ます

したがって、買取を依頼する前には自分のプリウスの条件などから、おおよその買取価格の相場を把握しておきましょう。これが結果的に高価買取につながるので、必ずやってください。

プリウスの買取を依頼する時の注意点

プリウスの買取を依頼する際には注意点が2つあります。それはカスタマイズした車は査定額が下がりやすいこと、車が汚れていると査定時の印象が悪くなるということです。

前者であればそのままでは高価買取できないことがあるので対処が必要です。また後者は多少の手間が掛かりますが、高価買取のためにはぜひやってもらいたいことです。これらをしっかりと理解して、注意しましょう。

カスタマイズした車は査定額が下がりやすい

プリウスを買い取ってもらう場合には、購入後に取り付けたパーツを外さないまま査定に出してしまうと、買取価格が下がってしまう可能性があります。これはプリウスのユーザーがカスタマイズを好まない傾向があるため、中古市場にカスタマイズされた車を出したとしても売れにくいからです。

そのため、そのような車であれば買取価格は下がりやすくなります。なお、これに関しては取り外した純正のパーツがあれば、それをもう一度付けて査定に出せば問題なく高価買取できます。したがって、対処できればやりましょう。

車が汚れていると査定時の印象が悪くなる

査定の際には車はきれいにした状態であることが望ましいです。これは車が汚い状態であると車を大切に扱っていないという印象を査定員に与えてしまい、結果としてそれが査定に響くからです。

したがって、プリウスの高価買取をしたいのであれば、査定前にはしっかりと清掃を行っておきましょう。多少の手間は掛かりますが、ぜひやってください。

プリウスを高く買い取ってくれる業者は

プリウスを高く売却することを考えるのであれば業者選びが大切です。これは場合によっては買取価格が異なってくるからです。なお、その際にはディーラー下取りはおすすめできません。

こちらは高い価格で下取りを行わないため、高く売却することができないからです。そのため、高く買い取ってもらいたいのであれば買取業者に依頼するとよいでしょう。ここでは、おすすめの業者についても紹介します。

ディーラー下取りはおすすめできない

プリウスの売却を買取業者に依頼した場合には買取後に再販を行います。業者はこれにより利益を得られるため高く買い取ってくれることが可能になります。ところがこれがディーラーでの下取りであれば、下取り後の車を再販することはしないため、高い価格で下取りすることはないのです。

したがって、できるだけ高くプリウスを売却したい場合、ディーラー下取りは利用しない方がよいと考えられます。

プリウスの買取はカーネクストがおすすめ

プリウスの買取をどこの業者にお願いしてよいのかわからなければ、買取業者「カーネクスト」がおすすめです。カーネクストは、海外輸出販売の直売ルートを保有している業者であり、これにより高価買取が可能になっています。

また、日本全国どこでも買取対応が可能になっているため、地方だからといって尻込みすることはありません。さらに、他社では費用として掛かってしまうレッカー代や書類の代行も無料で対応してくれます。悩んでいるのならカーネクストを一度利用してみてください。

参考:カーネクスト

プリウスの高価買取を目指そう

プリウスのグレード別買取査定相場はAツーリングセレクション、Aプレミアムともに標準グレードよりも価格帯が高い傾向にありました。また、年式では2018年発売の4代目改良モデルはやはり高くなっています。

プリウスを高く売却したいのであれば売却時期を見極めたり、買取相場を把握しておくことがコツになります。さらにプリウスの買取を依頼する時の注意点としては、カスタマイズした車は査定額が下がりやすいということなどがありました。

売却時のコツを押さえて、上手にプリウスを売却しましょう。そうすればプリウスの高価買取ができるでしょう。