ゴルフトゥーランの評価や性能とは|詳しく知り賢く購入しよう

ゴルフトゥーランはフォルクスワーゲンの5代目ゴルフのプラットフォームを利用した7人乗りファミリー向けの小型ミニバンで、2003年秋に発売されました。

日本では2004年から販売を開始しています。ヨーロッパではタクシーとしても多く利用されていて、ユーロNCAPで5つ星の安全評価を得ています。

ミニバンといっても1,660mmの全高は、背の高いワゴンといった印象で、運転のしやすさも容易な印象を与えてくれます。また、クリーンディーゼル採用モデルもラインナップしています。軽油でお財布に優しいながら、その性能はガソリン車に劣らず快適な乗り心地を実現しています。

そんなゴルフトゥーランの特徴や口コミから見えてくる評価について詳しく見ていきましょう。

ゴルフトゥーランの特徴

ゴルフトゥーランは7人乗りのワゴンタイプのミニバンでありながら高いエンジン性能で環境にもお財布にも優しいドイツ車です。それだけでなく、販売当初から安全装備に力を入れていて運転をアシストしてくれる機能が充実しています。

先進技術の安全装備がサポート

ゴルフトゥーランには2010年以降、ESP、ABSに加え、ブレーキアシストであるプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」などの先進の安全装備が全車標準装備装備になりました

オートライトシステム、レインセンサー、クルーズコントロールACC(前車速追従機能付)、ヒルホルダー機構等も全車に標準装備されています。運転時の疲労を検知し休憩を促してくれる「Fatigue Detection System」をコンパクトミニバンとしては初めて標準装備しています。

さらに渋滞の多い日本では嬉しい、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist(トラフィック アシスト)」を2017年からフォルクスワーゲンのミニバンでは初じめて採用しています。このシステムはドライバーがあらかじめ設定した先行車との間隔と車速を自動で保ちながら走行レーンの維持も同時に行う機能で、交通渋滞時やストップ&ゴーが多い状況において、アクセル・ブレーキ・ステアリングを自動的に制御し、ドライバーの運転を支援します。

エコカー減税対象車でお得にゲット

ゴルフトゥーランは国土交通省が定める排気ガスと燃費の基準値をクリアしています。「自動車取得税」と「自動車重量税」が、ガソリン車なら減税、クリーンディーゼル車なら免除されます。環境に優しいだけでなく、日々のガソリン代に加えて維持費の面でもお財布に優しい車です。

ゴルフトゥーランのおすすめグレード

ゴルフトゥーランにはガソリン、ディーゼルだけでなく排気量や装備、年式によってさまざまなグレードが販売されています。中でもおすすめな2つのグレードを紹介していきます。

価格が魅力的なTSI Comfortline(コンフォートライン)

TSI Comfortlineはゴルフトゥーランのガソリン仕様のスタンダードなモデル。本体価格は約360万円程度ながら、長距離の移動でも疲れにくく、ゆったりと座れるシートにさまざまな安全機能が標準装備で付いています。

3列シートはそれぞれが独立しています。チャイルドシートを装着しても大人二人がゆったりと座れます。オプションでシートをチャイルドシートアレンジすることも可能です。

エンジンは1.4Lでミッションは7速AT(DSG)です。アップグレードパッケージを選ぶと20万円程度価格が上がります。

スポーティなモデルのTSI R-Line

2016年6月21日には、新グレードとして「TSI R-Line」が追加されました。上級グレードとなる「TSI Highline」をベースに、外装はバンパーとサイドスカートを専用品に変えています。

また専用クロームパッケージ、クロームデュアルエキゾーストパイプ、専用17インチアルミホイール(5ダブルスポーク)を採用。他にも「R」の血統にふさわしい数々の専用パーツを装備しています。

内装は専用プラスティックデコラティブパネル、専用ファブリックシートに加え、専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイールにはオーディオコントロール付。

専用ドアシルプレート、アルミ調ペダルクラスターも装備。ボディカラーは新色の「ハバネロオレンジメタリック」を含む5色を展開しています。本体価格は約420万円です。

ゴルフトゥーランユーザーの口コミ評価

気になるゴルフトゥーランの購入者からの口コミを項目別に見ていくことで、その魅力を深堀りしていきましょう。

エクステリアに関する口コミ

外国車ならではのキレのよいカッコよさがあるゴルフトゥーラン。ミニバンというよりワゴンに近い見た目は、国内市場のデザインからは一線を画す車種です。一方で、ミニバンとしては抑えられた車高からぼてっとした印象を受ける人もいるようです。

乗り心地に関する口コミ

ゴルフトゥーランはシートは少し硬めに仕上げられており、長距離運転しても疲れにくく、リラックスして乗れるといった口コミが多くみられます。3列目シートについてはエマージェンシーシートとしての感想が多くみられます。大人がゆったりと座って過ごすというよりも、子どもを座らせたり、短距離を移動するのに使用するなど、足元の空間の狭さが目立ちます。3列目を畳んでラゲッジスペースを多く確保できるメリットもあるようです。

また、内装のピアノブラック加工は指紋が付きやすく、高級感を演出しているものの、手入れに手間がかかる印象です。

アイドリングストップモードだと出だしにもたつきを感じることもあるようですが、慣れてくるとアクセルワークで違和感なく走りだせるとのことです。

燃費に関する口コミ

ゴルフトゥーランの燃費は18.5km/Lです。平成32年度燃費基準を+10%達成しています。エンジンの大きさやモデルチェンジで大きくなった車体の車重、各種トランスミッションを考えても十分な燃費を得ています。

乗り方によっては街乗りで8km/L程度しかでないこともあるようで、燃費に不満を感じる口コミもいくつかみられますが、おおむね燃費には満足している人が多く、ディーゼルでもガソリンでもフォルクスワーゲンの技術力の高さを感じることができます。

運転のしやすさに関する口コミ

外車とは思えない見切りのよさと、取り回しの良さが好評。高速走行時もミニバンでありながら、高い直進安定性を実現していて、運転しやすいとの口コミが目立ちます。

6人乗っていてもコーナリングでは吸い付くような安定感があり、ローリングすることもなく運転できます。2.0FSIとティプトロニック付6速A/Tによりマニュアル感覚の走行も楽しめます。

ゴルフトゥーランの口コミからわかる欠点

さまざまなゴルフトゥーランに関する口コミの中から、欠点について分析し紹介していきます。

価格に関する口コミ

ゴルフトゥーランは安いものでも360万円代とオプションを加えると400万円を超える車です。他の車と比較して、燃費のよさや充実した安全性能は評価されるものの、価格に満足感を感じられないとの口コミも見受けられます。

3列目シートに関する口コミ

3列目シートに関する口コミは多くが低い評価です。足元の幅が狭く、シートの座り心地も2列目までとは違うため、短距離や子どもを乗せる程度には使い勝手がよいという口コミが多いです。しかし、1列目、2列目をやや前に出せば、3列目の足元にはこぶし1個半程度の余裕が生まれ、さほど悪くないというコメントも見受けられます。

4人家族でたまに友人を乗せるなど、常に3列目を使用しない家庭なら特にデメリットとは感じないようです。

ゴルフトゥーランをお得に購入するには

ゴルフトゥーランをお得に購入するにはどのような方法があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

愛車を下取りに出して買い替え資金に

400万円前後になるゴルフトゥーランの購入にあたっては、ローンを組むにしても少しでも頭金を確保したいところ。いま乗っている車を買取に出して、少しでも高く売って購入費用に足したいところです。

車買取にあたっては、車種だけでなく、年式や走行距離、キズの有無や事故の有無などさまざまな査定項目によって金額が上下します。現在の車の状態を確認して、専門の買取業者に査定見積もりを依頼しましょう

カーネクストで買取ってもらう

たくさんの車買取業者がいる中で、買取査定を依頼するならカーネクストがおすすめです。カーネクストなら、車検の切れた中古車はもちろんのこと、動かなくなった車も故障車も0円以上の買い取りを保証しています。日本では需要の低い、10年以上たった車や走行距離が10万km以上の車も、海外ではまだ必要とされることも増えているのです。

カーネクストでは、独自の販売網によって海外に輸出することで、長距離走行車でも動かない車でも利益をあげています。その分、買取に還元しています。もちろん日本全国無料で陸送に対応。レッカーや廃車の手続きにかかる書類代も全て無料で代行してくれます。もちろん査定も無料なので、一度無料査定をおすすめします。

参考:カーネクスト

エコなゴルフトゥーランで遊びに行こう

高い環境性能を実現したエコなゴルフトゥーラン。7人乗りのミニバンは積載容量も高く、たくさんの荷物を積んでも心地よい走行性を実現しています。

安全装備も充実していて、家族での遠出にも街乗りにも安定した運転を支援してくれます。そんなエコなファミリーミニバンのゴルフトゥーランに乗って遊びにでかけましょう。