日産のジュークの評価をいろいろな口コミから判断してみよう

コンパクトSUVとして、個性的なデザインとエコが人気の日産ジューク。日産の業績を上げた車として、高い評価を受けています。今や、コンパクトSUVの主力で、走行性能や安全性等の性能も高いです。

セダンタイプの人気が下火になる中で、コンパクトSUVは高い人気を誇っており、いろいろな場面で活躍できる車として多くのユーザーを支えています。ジュークを買おうか悩んでいる人は、口コミの評価からジュークの特徴をより詳しく把握しましょう。

ジュークの特徴

ジュークは、全長4,200mm以下に抑えたコンパクトなSUVで、どちらかというと2ドアクーペに近いような個性的なデザインをしています。狭い街中の走行も気軽にでき、縦列駐車等もストレスなく行えます。パワートレイン(エンジンの回転を駆動に伝える能力)は、1.5ターボと1.6ターボを用意しており、効率的なエネルギー変換で、スポーティーな走りも可能です。

また、内外装飾を自由に組み合わせられる「パーソナライゼーション」は90パターンあり、自分らしい車を選択できる点も大きな特徴です。小型の車ですが、インパクトがあるフロントに個性的なデザインと、非常に魅力の高い車。

これが受けて大きなヒットになり、小型SUV車の代表格になっています。街中の運転から郊外へのドライブを快適にする性能まで、多くの魅力が積まった車です。

ジュークのおすすめ人気グレード

ジュークには、いろいろな種類のグレードがあるのですが、大きく分けて3つのグレードに分かれます。エンジンの種類で「15RX」と「16GT」、そして専用チューンタイプのNISMOですが、おすすめするグレードは15タイプの2種類です。その理由について、詳しくみてみましょう。

見た目重視の人に人気な15RX

15RXは、価格帯が安めなことと、エンジンの性能ではそれほど変わりがありません。デザインは、どのグレードを選んでも90パターンから選択でき、エクステリアやインテリアのデザインで、とりあえずジュークに乗りたいという人におすすめです。装備面では一番劣るグレードですが、装備面より見た目がよいものを選びたいと思ったら、このグレードを選びましょう。

装備面では劣るものの、それほど不便をするかというとそうでもありません。むしろ、コストパフォーマンスの面からは、こちらのほうがよいでしょう。見た目で乗りたくて、安く価格を抑えたい人にはおすすめです。

装備重視の人におすすめ15RX Vセレクション

装備を重視するのなら、「5RX Vセレクション」がおすすめです。下から3番目のグレードながら、上級グレードの装備である、荷物を持っているときに便利な「インテリジェントキー」を装備。ほかにもボタン一つでエンジン起動が可能な「プッシュエンジンスターター」と、盗難防止に役立つ「エンジンイモビライザー」を装備しています。

16GTの価格面から考えると、装備ではこちらのほうが充実しており、価格帯も200万円を超える程度と、この装備とデザイン性から考えるとリーズナブルといえるでしょう。ジュークは、動力性能にそれほどこだわることがないので、こちらのエンジンの性能でも、十分に走りを満喫できます。

ジュークに乗っている人の口コミ評価

実際に乗っている人の口コミから、ジュークの評価をみてみましょう。特徴的な面は、やはりデザインになります。

エクステリアに関する口コミ

エクステリアの評価は特に高いです。「外観に一目惚れした」「似ている車が存在していない」などの口コミが非常に多く見られ、外観に惚れてジュークを購入した人の割合は高いです。

デビューしたのは2010年と、かなり前の車種ですが、類似しているデザインがないことは不思議の一言。元々ヨーロッパ向けに作られたこともあり、デザインは練りに練られて、ヨーロッパの街並みにも合うように作られている点も、大きなポイントです。

「モダンな作りは、個性のある車で数年使用しても飽きない」「使い込んでいくうちに、どんどん魅力が増していく」など口コミもあります。デザイン性に関しては、非常に高い評価を受けており、フロントの部分からリアに至るまで抜け目なく絵になる車です。

内装に関する口コミ

インテリアに関しても評価が高いです。「シートのステッチはスタイリッシュで洗練されていて、乗るのが楽しい」「バイクに乗っているようなイメージの運転席はよい」などいろいろとよい口コミが見られます。メーターの視認性や、インテリジェントコントロールディスプレイは、遊び心をくすぐり、ゲームの車を操作しているような感覚に陥るドライバーも多いです。

インテリジェントコントロールディスプレイは、平均燃費や平均速度なども表示され、一目でドライバーの運転が解るようになっています。

走行性能に関する口コミ

エコモード・通常モード・スポーツモードの3つのモードから選択できますが、普段使いにはエコモードが一番よいようです。具体的には、以下のような口コミがありました。

  • エコモードの場合には出足は少しもったりとしているような感じですが、アクセルを少し踏み込むと気持ちよい加速ができます。通常モードも同じように少しもったりとしている感じです
  • スポーツモードが高回転を維持しており、素早い加速が期待できます(ただし燃費が極端に悪くなる)
  • カーブの性能もステアリングは自然な形で、反応も悪くないです
  • ブレーキ性能もそれなりですが、やや反応が遅い

しかしデザイン優先の車にしては、しっかりとしている走行性能も大きな魅力です。

エンジン性能に関する口コミ

口コミによると、1.5Lエンジンは、燃費とパワーのバランスが良く、エコモードを使用すると、市街地走行でもパワー不足を感じることなく軽めの走りのようです。「1.6LエンジンはM/Cで圧縮比が上がり、どのような走行でもトルクフルでパワーがある走り」という声も。

パワーに関しては、特に欠点はないようです。デザインを重視している車の割には走る、パワフルなエンジンも魅力の一つといえるでしょう。

ジュークの口コミからわかる欠点

口コミからは欠点も見えてきます。デザイン性を重視している代わりに、いろいろな点での不備があることは仕方のないことです。コンパクトSUV車としても少し難のある欠点で、この点が妥協できるかが、ジューク購入の大きな理由の一つになります。

荷物がたくさん載せられない

ジュークは「荷室が小さく、荷物が沢山載せられない」という口コミが多いです。また、コンパクトにまとめたデザインにこだわり過ぎたために、「後部座席を倒しても天井が低く、背の高い荷物が載せられない」という不満の声も見られました。最近の流行のコンパクトワゴンとも比較しても、小さな荷台のスペースは大きな欠点の一つです。

そのため、走行性能やデザインから、アウトドアに使いたいという人が多いのですが、「荷室の狭さなどが理由で、別のレンタカーを使用した」などの口コミもあります。次回のモデルチェンジで、どれくらいこの欠点がなくなるかは注目のポイントです。

視界が悪い

「視界が悪くて運転の怖さを感じる」という口コミが多数あります。デザイン性を重視した車に多く見られる欠点ですが、このジュークにも同じことがいえます。サイドミラーが大きく特徴的なのですが、それゆえに死角も生まれてしまうことは、大きなデメリットです。

左右後ろ斜め前などの死角に関しては、運転の慎重さで埋めるしかないでしょう。この点がやや使いにくい車という評価をしている人もいます。安全性能からぶつかるという心配はないですし、小回りもそれなりに利くので、運転は不安に感じるほどではないでしょう。しかし「視界の悪さは、駐車のしにくさなどにつながる」という口コミも見られました。

ジュークをお得に購入するには

新車ではそれなりの値段がするジュークを、少しでもお得に購入する方法を考えてみましょう。

現在乗っている車を買取に出す

今乗っている車が、値が付く年式や走行距離なら、買取業者を選ぶとよいです。もし値が付かない車なら、特定の買取業者を選択するとよいでしょう。なぜなら下取りに出してしまうと、値引きよりいろいろな諸費用を取られてしまい、結果として高くついてしまうためです。

買取業者に依頼する際には、どの業者を選ぶのかも重要ですが、無料査定などを利用して、複数の買取業者から選ぶという方法もあります。

カーネクストを利用する

買取業者によって、車の査定価格は数十万円違います。いろいろな買取業者をあたってみることが大切ですが、高く買い取ってくれる業者には特徴があります。それは、販路が広いことと諸費用がかからないことです。

おすすめはカーネクストですが、世界中で販売している販路の広さに、レッカーや書類代行の諸費用がかかりません。どんな車でも0円以上の買取を保証しており、無料の査定を行っています。まずは、カーネクストを利用して、自分の車がどのくらいで売れるのかを判断してみましょう。

参考:カーネクスト

今乗っている車を売ってジュークをお得に購入しよう

口コミからは、ジュークの良い面も悪い面もでてきます。悪い面も理解して、個性豊かなジュークの特徴を上手に押さえましょう。すべての点で妥協できたら、試乗を利用してみて乗った感覚で選ぶことも重要なポイントです。

少しでも高く今の車を売って、お得にジュークを購入しましょう。ジュークのデザイン性は個性があり、きっと長く使える車になります。ジュークを乗りこなして、街中を颯爽と走行してみましょう。