トヨタのヴィッツの評価は|性能や口コミの意見について解説

ヴィッツは、トヨタの自動車の中で人気を集めているコンパクトカーです。ヨーロッパを意識したデザイン性になっており、他にもさまざまな魅力を持っています。

このページでは、そんなヴィッツの特徴、おすすめ人気グレード、乗っている人の口コミ評価、口コミからわかる欠点などを取り上げていきましょう。ヴィッツの購入を検討している人などは、参考にしてください。

ヴィッツの特徴

トヨタのコンパクトカーと言えば、「ヴィッツ」という印象を抱いている人も多いのではないでしょうか。ヴィッツは、ハイブリッドモデルもあり、燃焼効率が非常に良いです。2017年のリリースは、ハイブリッドモデルだけではなく、デザイン性も変更されました。17色のボディーカラーも特徴です。



ヴィッツのハイブリッドは、走行性能に優れ、アイドリングストップ機能なども備えています。静寂性も優れており、EVドライブモードは、かなり静かです。ラゲッジスペースが大きいこともヴィッツの特徴として挙げられるでしょう。

室内の環境も、非常に快適に作られています。シートアレンジも自由であり、乗車人数によって形を変えられます。そして、UVカット機能付きウインドシールドグリーンガラスや快適温熱シートなども備えています。

マルチインフォメーションディスプレイ、Toyota Safety Sense Cなども備え、価格は高くても、200万円台と手頃です。いずれにせよ、ヴィッツは多彩な特徴を持っている自動車と言えます。

ヴィッツのおすすめ人気グレード

ヴィッツのおすすめ人気グレードは「ジュエラ」と「U」です。それぞれに特徴がありますので、詳しく解説します。

リーズナブルなジュエラ

100万円台で購入できるジュエラには、標準装備として「トヨタ・セーフティ・センスC」という予防システムがあります。衝突を回避したり、車線逸脱を防いだり、安心して夜間走行できる優れたシステムです。

また、先行車発進告知機能を備わっており、前に止まっている自動車の発進を知らせてくれますので、常に前方を確認する必要がありません。さらにオートエアコンも装備され、ナノイースイッチでマイナスイオンも放出され、自動で車内環境を快適にしてくれます。

できるだけ多くの機能を求めるならU

「U」は、1.3Lの排気量で2WDと4WDの2種類あるグレードです。2WDのみの「U“Sportyパッケージ”」というグレードもあります。「U」の大きな特徴は、ヴィッツの機能がほとんど装備されていることです。他グレードのように、排気量によって装備が違うことがありません。

ナノイー、オートエアコン、快適温熱シートなどを備え、本革を巻いたシフトノブとステアリングホイールもあります。装備、装飾、加工すべての面で優れているのが「U」グレードです。

ヴィッツに乗っている人の口コミ評価

いまヴィッツに乗っている人は、自身の車にどのような感想を抱いているのでしょうか。エクステリアデザイン、内装、走行性能、エンジンに関する口コミ評価を紹介します。

エクステリアデザインに関する口コミ

ヴィッツのエクステリアデザインは、評価が高いです。丸い車体デザインが好きという人もいれば、ヨーロッパテイストが気に入っているという人、フロントデザインが洗練されていてかっこいいという人もいます。

しかしながら、マイナーチェンジを重ねるごとにデザインが良くなっているという意見だけではなく、前のモデルの方がかっこいいという口コミもあります。いつ発売されたかによってエクステリアデザインが異なりますので、購入する際は、自分好みのデザインをしっかりと選ぶようにしましょう。

内装に関する口コミ

ヴィッツの内装も評価が高いです。収納スペースが多くて便利、上質感がある、デザインがまとまっている、内装のオプションが選べてうれしいといった口コミがあります。

一方で、チープな内装だと感じている人や、もう少し実用性を考えて欲しいという意見もあります。マイナーチェンジするごとに内装は改良されていますが、人によっては不満を覚えているようです。

走行性能に関する口コミ

走行性能に関しては、普通に走る分には申し分ない、運転しやすい、小回りが利く、ボディの剛性に満足、コンパクトカーと考えれば合格点といった口コミがあり、トータル的に評価は高いと言えるでしょう。

しかしながら、軽量に作られているため、高速道路を走行する時、ふわふわする感じがあります。この問題を解決するためには、重量のあるハイブリッドがおすすめです。

エンジン性能に関する口コミ

エンジン性能は、ハイブリッドモデルであれば、静粛性に優れ、しかもパワフルで申し分ないという口コミ評価です。

基本的にエンジン性能は高評価ですが、ガソリン車においては、力不足、音がうるさいといった低評価もあります。特に1.0Lエンジンのヴィッツには、その非力さやうるささに不満を感じている人が多いようです。

ヴィッツの口コミからわかる欠点

ヴィッツの口コミからわかる欠点はいくつかあります。まずは、価格設定が高いことです。モデルによってはパワー不足を感じることもデメリットに挙げられるでしょう。

価格設定が高い

後部座席は価格相応ではない、他メーカーよりも価格が高く感じられる、価格のわりにインテリアに上質感がないといった口コミが散見されます。ハイブリッドモデルではなくガソリン車の燃費が良くないという指摘もあります。

ヴィッツの価格設定に関しては、賛否両論の口コミです。他社の同クラスの自動車と比較して、購入を検討しましょう。

モデルによってはパワー不足を感じる

高速道路ではパワー不足なのかエンジン音がうるさい、加速時に音が気になるといった口コミがあり、ヴィッツのパワーに関して、高い評価ばかりではありません。

1.0Lエンジンの口コミは、力不足に不満を感じている意見が多いです。トータル的にデメリットが少ない自動車ですが、車にパワーを求めている人は、別の車種の方が良いでしょう。

ヴィッツをお得に購入するには

ヴィッツをできる限り安く買うためには、いま乗っている自動車を手放し、元手を増やしましょう。買取に出す際は、業者選びが非常に重要です。こうしたヴィッツをお得に購入する方法を詳しく解説します。

現在乗っている車を買取に出す

現在の車を買取に出して、それを元手にヴィッツを購入すれば、普通に買うよりもお得です。買取は、年式や走行距離によって査定価格が変わるため、自動車の状態をチェックして、買取業者を選ぶようにしましょう。

基本的に自動車は、走行距離が多く、年式の古い自動車は高く売れません。なぜなら、自動車は日に日に価値を落としていくからです。希少車種は高値で売却できる可能性がありますが、特徴のない乗用車であれば、買い取ってもらえない場合もあります。

旧式車、多走行車を手放したい人は、ディーラーの下取りは避けましょう。ディーラーは、新車について詳しいものの、中古車市場に関しては、網羅していない可能性があります。中古車買取業者ならば、中古車マーケットに詳しいため、高値査定も夢ではありません。

しかしながら、中古車買取業者であっても、自動車の状態によっては売れません。特に、多走行車、旧式車、事故車、不動車であれば、厳しいです。こうした自動車を売りたい人は、廃車買取業者に依頼すると良いでしょう。

カーネクストを利用する

カーネクストは、おすすめの廃車買取業者です。古すぎる車であっても、走行距離が多すぎる自動車であっても、0円以上の買取を保証している業者です。さらにカーネクストでは、動かない自動車や故障している車なども対象内です。

どんな状態の自動車でも買い取ってくれ、車種によっては、高値査定も夢ではありません。グローバルに広がる販路を持ち、パーツごとの再利用を行っているからこそ、0円以上の買取を実現しています。カーネクスト、損をせず自動車を売却しませんか。

また、ディーラーなどであれば数万円かかってしまう廃車費用も、カーネクストであれば無料です。具体的には、解体費用、引取り手数料、廃車手続き代行費用、全国対応のレッカー代などがかかりません。また、自動車税の還付手続き代行や査定も無料サービスです。

査定は、入力フォームにメーカー、車種、氏名、電話番号を入力するだけの簡単申し込みです。すぐに車を売却したい人やわからないことがある人は、フリーコールで専門スタッフに相談できます。他社で売れそうにない車を所持している人は、カーネクストを選びましょう。

参考:カーネクスト

今乗っている車を売ってヴィッツをお得に購入しよう

トヨタのヴィッツは、コンパクトカーであり、さまざまな魅力のある自動車です。機能性に優れているだけではなく、デザイン面も高評価を得ています。おすすめ人気グレードはリーズナブルな「ジュエラ」、多機能な「U」です。

エクステリアデザイン、内装、走行性能に関しては、高評価の口コミが散見されますが、価格設定が高い、パワー不足を感じるといった意見もあります。モデルによってスペックなどが異なりますので、購入する際は、きちんと調べるようにしましょう。

ヴィッツをお得に購入するためには、今乗っている車を売って、元手を増やすことをおすすめします。大人気のコンパクトカーを安値で入手しませんか。