日産のスカイラインの評価は?性能や口コミの意見について解説

日産のスカイラインといえばスポーツカーとして人気の車です。最新のモデルでは、スポーツカーでありながら、内装も高級感があふれるものとなり、大人向けの車になりました。

そのため、スカイラインに乗ってみたいと考える人も多いのではないでしょうか。ただし、購入を考えるのであればどのような魅力や欠点があるのかも把握しておく必要があります。そこで、今回はスカイラインの口コミについて解説します。納得した上で購入に踏み切れるようにしっかりと理解しておきましょう。

スカイラインの特徴

日産のスポーツカー、スカイラインにはいくつかの特徴があります。まず、エンジンに関してはメルセデスベンツから提供された2リッターターボエンジンを使用しており、ベンツのCクラスやBMWの3シリーズなどにも負けないパワフルなエンジンになっています。

また、スポーツカーでありながら燃費もよく、エコな車であるともいえるでしょう。これに関しては、ハイブリッドと直噴ターボにより実現できています。したがって、トータルとしてスカイラインは、優れた走行性能を持っていながら、エコでもあるスポーツカーだといえます

スカイラインのおすすめ人気グレード

日産のスポーツカースカイラインには、2つの人気のグレードがあります。もし、購入を検討しているのであるのなら、快適性を高めた200GT-t Type P、高級感あふれる大人のハイブリッド350GT HYBRID Type SP Cool Exclusiveについて知りましょう。それぞれの装備や売りなどを把握しておきましょう。

快適性を高めた200GT-t Type P

200GT-t Type Pの特徴には、快適性を高めている点が挙げられます。例えば、こちらに搭載しているインテリジェントエアコンシステムであれば除菌機能が付いており、車内のにおいを取ってくれたり、保湿してくれます。

また、パーソナルドライビングポジションメモリーシステムによって、車を始動したり、止めた際に自動的に座席が動くため、快適な乗り降りができます。こちらではこのような機能が搭載されているため、快適な運転が可能です。

高級感あふれる大人のハイブリッド350GT HYBRID Type SP Cool Exclusive

こちらは、数あるグレードの中でも上級に位置しているものです。そのため、大人のスカイラインといえるモデルでしょう。また、スカイラインということもあり当然走行性能は優れていますが、インテリアに関しても洗練された高い品質のものを使用しています。

したがって、力強い走行性能だけでなく、高級感も感じたいのであればこちらがおすすめです。

スカイラインに乗っている人の口コミ評価

本格的にスカイラインを検討をしていくのであれば、実際にスカイラインに乗っている人の口コミについても知っておくべきです。そこで、ここではスカイラインのエクステリアデザインや内装、走行性能、エンジン性能などの4つの観点から口コミをまとめました。スカイラインのどこに満足していて、不満があるのかを把握して検討に役立ててください。

エクステリアデザインに関する口コミ

エクステリアデザインに関する口コミは以下のようです。

  • やはり何といっても外車のような美しい流線型であるのがカッコいい
  • 他社の車ではゴテゴテ感や不恰好さがあるが、スカイラインは違っている
  • 洗練された外観は、これぞスポーツカーというのを感じさせてくれる
  • 何度みてもカッコよさを感じるシャープなデザインがよい

上をみればわかりますが、エクステリア面では高評価な口コミが多いです。こちらに関しては伝統的なスポーツカーであるスカイラインの特徴ともいえるでしょう。もちろん、以前のモデルとはエクステリアデザインが異なりますが、カッコよさは健在といえるでしょう。

内装に関する口コミ

内装に関する口コミは以下のようです。

  • メーターはとても見やすくデザインされていてよい
  • 高級感がありながら、スポーティーなインテリアになっている。乗っていて満足できる仕上がりである
  • 大画面ツインディスプレイに関しては、操作性がよく、視認性もまたよい。運転しやすく作られている

こちらに関してもスカイラインは高評価でした。内容としては、内装デザイン自体に高級感がある点と、運転しやすいデザインになっている点が評価されています。口コミからは、大人向けのスポーツカーとしてつくられていることがうかがえます。

走行性能に関する口コミ

走行性能に関する口コミは以下になります。

  • 一般道でも乗り心地はよいが、特に高速などで走る際の安定性は素晴らしい
  • 走りとしては固めだが、とても静かに走ってくれてよい。また、そのためなのか100キロ出ている感じがしない

走行性能に関しては、固めの走りという意見が目立ちましたが、一方で走行自体には満足を得ている人が多い印象を受けました。これは、スポーツカーとしての優れた走行性能が反映された結果であると考えられます。走りを楽しみたい人にはうってつけの走行性能を有していると考えられます。

エンジン性能に関する口コミ

エンジン性能に関する口コミは以下になります。

  • 乗ってみて感じたのは扱いやすいエンジンだということ。低回転からしっかりとトルク感があって、とてもよい
  • エンジン性能はとてもよい。スポーツモードなら発進時でも軽く踏むだけでよい
  • エンジン音自体はとても静かだが、踏めばよく回ってくれる。そして、グンと加速してくれる

上記ように、こちらではエンジン性能を評価する口コミが目立ちました。パワフルであることはもちろん、エンジン音が静かであるなど満足感が伝わる内容です。

スカイラインの口コミからわかる欠点

スカイラインの口コミを確認すると、多くの人は満足している印象を受けました。しかし、中には不満を感じている人もいるようです。

ここでは、スカイラインの口コミからわかる欠点について解説していきます。優れている点と欠点の両方を考えて、購入するかどうか考えてみましょう

燃費の悪さ

やはりスカイラインはスポーツカーであるため、疾走感が魅力であることは口コミでも伝わってきました。しかし、一方でスポーツカーとしては燃費がよくても、全体としてみれば燃費は悪いと考えられる口コミも目立ちます。実際には、燃費は10kmほどとなり、他社の燃費のよいハイブリットカーに比べれば、明らかに劣っています。そのため、ガソリン代の費用が大きくなるという、燃費の悪さが欠点だといえます

小回りが効かない

スカイラインは回転半径が大きく作られています。そのため、単純に曲がる際などはこちらが利点となってスムーズな運転ができてよいのですが、Uターンをするときにはそれがあだとなるようです。

こちらに関しては、実際に駐車場など小回りを効かせたい場面では不便という口コミがみられたことからも分かります。したがって、スカイラインは小回りが効かないという欠点があると考えたほうがよいでしょう

スカイラインをお得に購入するには

もし、口コミやそれからわかる欠点を考えてもスカイラインを買いたいと思うのであれば、お得に購入する方法があります。それは、現在乗っている車を買取に出して、買い替えを行う方法です。

買取に出し、できるだけ高く売ることで、そのお金を車を乗りかえる際の資金にあてることができます。なお、その際には業者選びも大切になります。そのため、以下ではおすすめの買取業者についても紹介します。

現在乗っている車を買取に出す

スカイラインに買い替えを行う場合に、現在乗っている車を下取りに出せばよいと考えるかもしれませんが、それではうまくいかないこともあります。もちろん、比較的新しい車ではそこそこの下取り価格になるでしょうが、車の年式が古い場合も多く、価値が無いと判断されることもあります

さらに、そうなると、書類の手続きにかかる料金などで結果的にマイナスとなることも考えられます。出費抑えることを重視する場合、これは望ましいものではありませんよね。

そこで、どうすればよいのかといえば、現在の車を買取に出すという方法がおすすめです。こちらであれば売却したお金を元手に、スカイラインを購入できるので出費を抑えることが可能です。

買取に出す場合、まず査定を行いますが、査定額は年式や走行距離などでも変わるため、あらかじめ車の状態を確認しておくことが大切です。現在乗っている車の状態を事前に把握して、取り引きに臨みましょう。

買取ならカーネクストがおすすめ

もし、買取を考えるのであれば、買取業者の「カーネクスト」がおすすめです。カーネクストは、0円以上の買取保証をしてくれるだけでなく、レッカー代や書類代行費、査定がすべて無料で行えます。

世界中に販路をもつカーネクストならではの充実したサービスで、上手に取り引きを進めていきましょう。

参考:カーネクスト

今乗っている車を売ってスカイラインをお得に購入しよう

スカイラインはスポーツカー特有の走行性能をもち、燃費もよいことが特徴の車です。また、もし購入を考えるのであれば、快適性を高めた200GT-tTypePや、高級感のある350GTHYBRIDTypeSPCoolExclusiveがおすすめです。

なお、スカイラインに乗っている人の口コミ評価には、さまざまな点で高評価のものが多くありました。しかし、中には燃費の悪さなどの欠点も見られます。

スカイラインの購入を考えるのであれば、今乗っている車を上手に売りましょう。カーネクストを利用してコストを抑え、お得にスカイラインを手に入れましょう。。