ホンダのアコードの評価は?性能や口コミの意見について解説

ホンダの新型アコードは、マイナーチェンジしてスポーティなボディと走りのよさをランクアップしています。新型アコードの特徴や人気のハイブリッドのグレードについて説明します。アコードの評判を知るには、アコードに乗っている人の口コミを見るとわかります。

アコードの口コミを調べて、人気のグレードの評価をまとめましたので、これから購入しようを考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

アコードの特徴

ホンダ「アコード」は、新しいモデルが2018年3月に販売されました。新型のアコードは「現代的でスポーティなプレミアムセダン」をコンセプトとして生まれ変わりました。主な変更点は、ルーフラインがクーペスタイルのファストバックスタイルを採用し、後方に傾斜するルーフラインは高級感を感じさせます。

フロントもヘッドライトが9連フルLEDライトで外に向けて少し斜めに上がったライトは、よりスポーティな印象を受けます。全長が10mm短くなったのに対し、全幅が10mmとワイドになり、全高は15mmのローボディとホイールベースが55mm長くなって、新型シビックのようにスポーツセダン高級車として登場しました。

内装は、運転席の電動シートが12段階に調節可能、内装が高級タイプにランクアップしています。USBオートや4GLTEの車内Wi-Fiも搭載され、細部にわたってこだわりが感じられます。最新のカーナビが取り付けできる8インチスクリーンも採用されています。

トランスミッションは、CVTと6速マニュアルを採用しています。注目はATで、世界で初めてのFF車で10速ATを採用。そのため、緩やかに速度があがり、燃費も向上します。また、パワートレインには1.5Lの4気筒ターボエンジンと2.0Lターボエンジンが搭載されています。その最高出力は320psにもなります。

さらに、新型アコードハイブリッドには2モーター式ターボを搭載され、熱効率も40%以上と燃費が向上し、パワーもアップしました。

アコードのおすすめ人気グレード

アコードのグレードには、ハイブリッドEXとハイブリッドLXの2種類のグレードがあります。それぞれの特徴や違いを見てみましょう。

上級モデルのHYBRID EX

上級モデルのHYBRID EXは、410万円とベースグレードより25万円高い価格です。EXは車の重さが20kg重いため、燃費が30.0km/LでLXより1.6km/L低いです。EXグレードとの差は、内装に専用スポーツコンビシートを採用し、乗り心地のよさを追求しています。

さらに、「18インチアルミホイール」、「カラードサイドシルガーニッシュ」、「カラードトランクスポイラー」、「ドライビングポジションシステム」、「電動リアサンシェイド」、「エンジンスタートボタン付きHondaスマートキーシステム」、「オートリトラミラー」、「シートヒーター」と装備が充実しています。

専用オプションとしては、高級感ある本革シートと換気ができるチルトアップ機能付きフロント電動スモークガラス・サンルーフを選択できます。

ベースグレードのHYBRID LX

アコードのHYBRIDは、EXよりベースグレードのLXの方が人気があり、販売台数が多いようです。LXはEXより25万円ほど価格が安く、EXについている装備は必要ないと感じる方も多いようです。燃費がLXは31.6km/Lと、EXに比べてよいことも人気の要因です。

電動リアシェイドは故障しやすいとかドライブレコーダーと干渉するということもあって、必要ないと感じたり、18インチホイールでなく17インチホイールのほうが安くて十分だと感じる方も多いようです。

アコードに乗っている人の口コミ評価

アコードを購入される前に、アコードに乗っている方の口コミからエクステリアや内装、走行性能、エンジン性能の評価を参考にしてください。

エクステリアに関する口コミ

・新型になってどっしり感が増している
・欧風のセダンになり、LEDヘッドライトがよいと思う
・乗っているシルバーはメタリック塗装でスタイリッシュ
・同じランクの他車と比較して落ち着きがある
・高級感や上質感がある
・落ち着いたセダンタイプでクリーンにまとまった印象

エクステリアの印象は、落ち着いたフォルムになったという意見が多いようです。高級感あるフォルムやスタイリッシュだという声も見られました。中にはどれをとっても最高のランクで、持っていることが誇りに感じるという声もありました。

内装に関する口コミ

・本革ではないが、柔らかい座り心地
・後部座席が広々としている
・内装や装備が充実し、完成度が高い

内装が充実しているため、特にオプションをつける必要がないという声や広々とした車内で落ち着けるという声も聞かれました。座り心地に関しても柔らかくてシートがよいと評価が高いです。

走行性能に関する口コミ

・アコードハイブリッドは、EVのように可能な限りモーターで走っている
・出力が高いモーターを採用しているので、ドライブしていて躍動感がある
・ステアリングの反応がよく安定した走りとスムースな加速が気に入っている
・軽く速やかに加速して発信するから、モーターの力強さが感じられる

アコードハイブリッドは、躍動感がありドライビングの楽しさを感じられるようです。高出力モーターが、発進時の加速を滑らかにしているという口コミも多く見られています。走行性には、満足している人がかなり多いようです。

エンジン性能に関する口コミ

・最新のハイブリッドを採用し、EVモードへの移行がスムーズ
・カーブのときでもプリウスのようなブレーキを踏む必要がなく快適に運転できる
・発電のときはエンジンがかかるが音が静か
・アクセルを踏むと反応がよく加速や原則も滑らか
・一般道や高速道のどの道を走ってもエンジンの性能がいい
・条件によっては100kmくらいまでEV走行ができる

ハイブリッドなのでEVとガソリンの移行がありますが、それがスムーズで音も静かであるという口コミがあります。エンジンの性能がよく、快適な運転ができるという声も多くありました。トヨタのハイブリッド車プリウスに比べて、エンジンの性能がよいようです。

アコードの口コミからわかる欠点

アコードの口コミを見ると、外装や内装、性能に関しては高評価でしたが、小回りやナビに難点があるようです。その2つの欠点についてどんな口コミがあるかを見てみましょう。

小回りが効かない

・車の旋回性が悪く、低速にするとハンドリングの小回りが利かない
・車体が大きいため、取り回しをしづらい

小回りが利きにくいということもアコードの欠点のようです。それほど多くはないですが、小回りが利かないという声が見られました。低速のほうがハンドリングが効きにくいようです。

ナビの操作性

・ナビの操作性が難しくて音声操作が使い物にならない
・電動リアシェイドがドライブレコーダーと干渉する
・リンクアップフリーはうれしいが、田舎では接続できないところがある
・音声操作はコマンドが増えたが、地図の詳細や広域、二画面が使用できないため不便である

ナビの操作性には不満を持っている声がいくつかありました。前に乗っていた車のナビのほうがよかったという声が多くありました。

アコードをお得に購入するには

アコードの購入を考えているなら、購入資金が少しでも安く買えるとありがたいですね。お得に購入する方法を掲載しているのでチェックしてください。

現在乗っている車を買取に出す

一般に新車を購入するときは、ディーラーに下取りに出して査定価格を差し引いた価格で新車を購入します。もっとお得に車を購入するには、今乗っている車を買取に出して、その資金を元手にアコードを購入することです。

年式や走行距離によって査定価格が変わるので、傷の状態や塗装状態、修復歴、故障などを調べてから査定をお願いしましょう。

カーネクストを利用する

カ―ネクストは、ディ―ラーでは買い取ってもらえない走行距離が10万キロ以上の車や年式の古い車、動かなくなった車でも引き取りレッカー代や廃車手続きの書類代行代査定がすべて無料です。全国どこでも対応しているので電話一本で引き取りに来てもらえるのでとても便利です。

カ―ネクストは、日本だけでなく海外にも広い販路を持っているので、日本では売れなくなった車でも海外では必要とされる場合が多いのです。さらに、故障車でも部品はまだ使える場合があるので、すべて無料で引きとってくれます。

参考:カーネクスト

今乗っている車を売ってアコードをお得に購入しよう

アコードは、プレミアムセダンを目指したインテリアやエクステリアに高級感があり、世界で初めてのFF車で10速を実現した性能が高い車です。ベースグレードは特に人気が高く、スムースな加速と躍動感ある乗心地を楽しめます。ガソリンとEVが切り替わるハイブリッド車なので燃費がよく、エコな車です。今、持っている車をお得な方法で売却して、その資金をもとに上手に人気のアコードに乗り替えましょう