トヨタハイエースの評価を口コミから分析|お得に購入するには


廃車するならカーネクストがおすすめ

トヨタのハイエースは、アウトドアや仕事車として、日本だけでなく海外でも非常に人気が高い車種です。その秘密は、エクステリアとインテリアにあります。カスタマイズできる車として、ナンバー1を誇っているハイエースのよさや欠点を、口コミから見てみましょう。ハイエースを購入したいと思っている方は必見の内容です。

ハイエースの特徴

ハイエースが人気の車種の秘密は、魅力的な特徴にあります。以下で、ハイエースの3つの特徴について、詳しく見ていきましょう。

豊富な積載性

アウトドア好きなら、ロードバイク、キャンプ道具、スキーやスノボー、釣り道具など、多くのアウトドア用品を載せたいでしょう。ハイエースが、これほど積載できるのは、エンジンが運転席や助手席の下にあるオーバーキャブのため。ボンネットがない分、積載するスペースを確保しているのです。

ハイエースのミニバンだけ見ると、荷室長は3mあり、幅が1m52cm、荷室高が1m32cmまで積載可能。そのため、かなり大きく長いものまで積載できるのです。

目的によってカスタムできる

ハイエースのシートは、2,3列目のシートを折りたたんで前にスライドすれば、後部全体が荷室に変えられます。多くの人をのせたい場合は、シートを出せばバンなら最大9人、ワゴンなら10人、コミューターなら14人までのせられます。

また、カスタムパーツが多く、ホイール、エアロ、ライトなどの自分好みに変えられる点も魅力でしょう。さらに、福祉車両にも緊急車両にも利用されています。内装もベッドを装備したり、冷蔵庫を付けてキャンピングカーにもカスタム可能。このようにカスタムできる専門ショップも、全国に多数店舗あるほど、ハイエースが非常に人気の車種であることがわかります。

リセールバリューが高い

一般の車なら、10万kmを超えると耐久性が困難になりますが、ハイエースはそれ以上でも十分に走行できる耐久性を持っています。そのため、中古車として買い取り価格が高いです。特に、海外に輸出しているハイエースは需要が高いため、それを考えて購入する人もいるほどです。

ハイエースのおすすめ人気グレード

ハイエースのグレードはGL、DXで、10人乗りのワゴンにのみグランドキャビングレードがあります。では、人気グレードのGLとDXについてみてみましょう。

幅広い選択肢が魅力のDX

ベースグレードのDXには2WDと4WD、4ナンバーや1ナンバーの4ドアと5ドアがあります。バンの4ナンバーは、ロングで標準ボディと標準ルーフ、標準フロアとジャストローがあります。バンの1ナンバーは、スーパーロングとロングで、標準ハイルーフと標準ボディかワイドボディ、標準フロアーかジャストローです。

ワゴンは、3ナンバーではロングとスーパーロングがあり、ワイドボディとミドルルーフ、標準フロア、4ドアタイプ。コミューターは、2ナンバーではワイドボディとハイルーフで、標準仕様の4ドアタイプです。このように、DXは選択肢がたくさんあり、ラインナップも自分好みに豪華にできます。

上級グレードのGL

ハイエースの中でも、一番高いグレードはGLです。スーパーGLのバンには、ロングボディの標準フロアで、4ナンバーが標準ボディと標準ルーフ、1ナンバーがワイドボディとミドルルーフです。両方とも4ドアタイプになり、価格が320万円~387万円とDXよりランクアップします。

主な装備は、「メッキアウトサイドドアハンドル」「フロントフォグランプ」。シートは12cmスライドできる設計で、リクライニングできるシートすべてがオールフラットにでき、ベッド代わりとして重宝するでしょう。ディーゼルとガソリンがあるので、燃費を考えて選べます。

特別仕様車の「DARK PRIME II」は、オプションで特別設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」と「ホワイトパールクリスタルシャイン」にすると、見るからに高級感が増します。

スタイリッシュにカスタマイズできるアクセサリーや、個性的なハイエースのTRD、自分だけのハイエース仕様にできるマルチトランスポーターなど、さまざまな特別仕様が可能なハイエースのGL。ほかの車には類を見ないグレードの高い車種といえるでしょう。

ハイエースに乗っている人の口コミ評価

ハイエースを購入された方の口コミから、まとめて評価したものを掲載します。ハイエースの購入をお考えの方は、口コミを参考にハイエースのよさや欠点を把握してください。

エクステリアに関する口コミ

ハイエースのバンは、見た目にも商用車と見られないほどかっこよくなり、カスタムするパーツ類がほかの車では類がないほど揃っています。カスタム仕様ができる車として、非常に評判がよいです。ローダウンやエアロパーツを取り替えると、ぐっと見た目が変わると評判です。また、盗難防止用の窓に変わったことも、よい評価を得ています。

<口コミ>

・車体外面にエアロパーツのスポイラーをつけると、ぐっとデザインがよくなる
・弁当を運ぶときに、トランクのドアを屋根代わりにできる
・カスタム車としては、マストな仕様ができる
・アクセサリーやパーツ類がとても豊富で、ほぼやりたいと思う仕様にできる
・商用車としても家族用の車としても、おかしくないデザイン
・後部座席の窓が盗難防止用に変わってよかった

インテリアに関する口コミ

アウトドアで利用している方が多く、ハイエース専門に取り扱っている店舗も多いです。一番、口コミが多かったのは、車内が広く、釣り道具やスノボー、キャンプ道具などを積めるという積載性の高さについてです。また、室内を車中泊できるようにカスタマイズしたり、キャンピング仕様にできたりすることも、高評価につながっているようです。

<口コミ>

・車中泊できるようにカスタマイズしたら、家より眠れるようになった
・アクセサリーが豊富
・100系より200系のほうが、インテリアがよくなっている
・スーパーGLは車高が高く、シートポジションが最適
・長いものや、キャンプ道具も楽に詰めるほど室内が広い
・シートカスタムで車内をアレンジができる
・フロントのデザインがかっこいい
・スーパーGLには、100Vのコンセントがついているから非常に便利

走行性能に関する口コミ

車体が高いため、「横風があると車体が揺れる」という声がありましたが、「高速を走っても安定して走れる」という声も多く見られました。また、長距離を乗っても疲れないことや、大きい車体の割には小回りが利くという口コミもいくつかあります。


どんな車でも0円以上買取保証!廃車するならカーネクスト

「高い車体なので視界がよい」「ディ―ゼル車だと燃費もそこそこにいい」など高評価でした。ただし「ガソリン車の燃費が悪い」という声は多くあります。

<口コミ>

・長距離を乗っても疲れない
・ディ―ゼル車は燃費が安い
・旋回性がいい
・車体が高いため運転がしやすく視界が広い
・期待していなかったが、十分高速でも安定して走れる

乗り心地に関する口コミ

バンは乗り心地が悪いというイメージですが、乗り心地はサスペンションを変えたらよくなり、かっこよくなったという声が見られます。乗り心地に関しては、以前の型より新しい型は改善されているようです。

走行時の音は静かだけれど、アイドリング時は音が気になるようです。また、車体が大きいため、高齢者や子供は乗り降りが大変という声や、エアコンの効きが悪いという声もありました。

<口コミ>

・バンの乗り心地が、3型より改善されている
・サスペンションを変えたら乗り心地がとてもよくなり、印象もよくなった
・ガソリン車は走行の時の音が静かである
・アイドリング時がもう少し静かだとありがたい
・車体が大きすぎるので乗り降りが不便
・車内が広いためエアコンの効きが悪い
・セカンドシートは少し跳ね上げがある

ハイエースの口コミからわかる欠点

ハイエースは車体が大きいための欠点があり、人気が高いための盗難も多発しています。非常に人気が高く、海外でも人気があるため、パーツだけを抜かれることもあるようです。

駐車に気を使う必要がある

ハイエースは、ボディが普通車よりかなり大きいため、駐車や車庫入れに慣れるまで時間がかかるという声が聞かれます。そのため、駐車スペースが狭い場所では、駐車をする際に気を使うようです。

ただし、次第に乗り慣れてくると、車体が高くボックスタイプのフォルムなので、車幅感覚をつかみやすく、車庫入れがスムーズにできるようになるでしょう。

盗難対策が必要

ハイエースは国内の中古市場だけでなく、海外市場でもかなり高値がつく車です。そのため、窃盗グループは盗んだハイエースを海外で売り飛ばすのです。盗難は、後部座席の窓から侵入することが多いということで、トヨタの新しい車種では、後部座席の窓を盗難防止用に変更されました。

こういったことから、ハイエースの購入を検討しているものの「盗難されるのではとびくびくしてしまう」という声も聞かれます。窃盗されないためには、セキュリティ対策が欠かせません。まずはハンドルロックをして、後付けでセキュリティーシステムをつけましょう。さらに車両保険に入ると、盗難被害にあっても保証されます。

ハイエースをお得に購入するには

ハイエースは人気車種で、新車だと価格がかなり高額です。ハイエースを購入する場合のお得な方法についての情報を知って、利用することがおすすめです。

現在乗っている車を買取に出す

現在、ハイエースに乗っている方は、修復歴がある車でも高い金額で買い取ってもらえます。レジアスバンより高い金額でハイエースは引き取られます。

車は年式や走行距離によって、買取価格が異なります。そのため、中古車を買い取り業者に出す前に、車の傷のあるなしや年式、走行距離、修復歴などを調べてから、業者に査定価格の見積もりを依頼します。また、中古車の買取を依頼するなら、ディーラーではなく中古専門の買い取り業者がおすすめです。

カーネクストを利用する

数ある中古車業者の中でも、カ―ネクストは廃車するときの引き取り手数料やレッカー代など、廃車にかかる書類代行査定費用がすべて無料です。

さらに、修復歴がある車でも事故車でも、0円以上の買取保証があり、10万km以上走行している車や動かなくなった車でも、買取が保証されています。カ―ネクストが0円以上の買取価格をつけるのは、海外に広く販路を持っているためです。たとえ走行距離や年式が古くても、ディ―ゼル規制がかかって乗れない日本車でも、海外では人気があるのです。

また、廃車の際に自動車税の還付があれば、それは買取費用と別に支払われます。電話1本で、日本全国どこでも引き取り可能で、家にいながら車を廃車できます。年中無休で専門スタッフがサポートするので、安心して売れます。

参考:カーネクスト

車を売ってハイエースをお得に手に入れよう

トヨタのハイエースは積載性が非常に高く、カスタマイズできる車として、口コミ評価が高い車です。福祉車両やキャンピングカーとしての仕様もできるため、幅広く利用されています。また、パーツやアクセサリーが豊富で、好みのものをカスタマイズできることでも知られています。

ハイエースを購入するなら、今持っている車をお得な中古車買取業者に売って、ハイエースの購入代金に充てましょう。


どんな車でもOK!0円以上買取保証!