ワーゲンのポロGTIの評価とは|自動車の特徴や欠点も解説

ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンの「ポロGTI」は、コンパクトカーである「ポロ」のスポーティー自動車です。「ポロGTI」を購入したい人は、事前に口コミ評価などをチェックして、自分に合う自動車なのかを見極めるようにしましょう。

そこでこの記事では、「ポロGTI」の特徴、おすすめ人気グレード、乗っている人の口コミ評価、口コミからわかる欠点、お得に購入する方法などを取り上げていきます。

ポロgtiの特徴

ワーゲンのポロGTIは、2.0LTSIエンジンを搭載し、最高出力、最大トルクともにアップしている自動車です。赤いラジエーターグリルのライン、レッドブレーキキャリパー、17インチアルミホイールなどのエクステリア、タータンチェックのシート、赤いダッシュパッドなどのインテリアも特徴です。



また、先進装備も数多く持っており、スマホ充電の「スマートフォン ワイヤレスチャージング」、メーターに好きなものを表示できる「Active Info Display」などの技術も特徴的でしょう。歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能、6エアバッグ、高剛性ボディなどによって、安全性にも優れている自動車です。

さらに、GTI専用メータークラスター、GTI専用ドアシルプレート、GTI専用ファブリックシート、GTI専用スポーツサスペンションなど専用装備が多いことも特徴です。いずれにせよ、運転好き・車好きな人から愛されるような設計になっています。

ポロのおすすめ人気グレード

フォルクスワーゲンのポロの中で、「GTI」は最上級グレードです。他のおすすめ人気グレードは、「TSI Trendline」、「Cross Polo」です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ロングドライブにおすすめのTSI Trendline

1.2L直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジンの「TSI Trendline」は、滑らかに動き、小回りも利くフォルクスワーゲンのポロです。

マニュアルエアコン、3本スポークステアリングホイールなどの装備があり、スポーティな自動車とはいえませんが、ロングドライブにおすすめできるほど、走っていて楽しさを実感できるグレードです。また、他グレードよりも、安値で入手できるメリットもあります。

外装にこだわりのあるCross Polo

「CrossPolo」は、クロスオーバーコンパクトモデルであり、外装にこだわりのある人におすすめの自動車です。フロント&リヤバンパー、ホイールハウスエクステンション、サイドスカート、シルバードアミラー、シルバールーフレールなど、CrossPolo専用エクステリアもあります。

他にも、CrossPolo専用ファブリックシート、レザーハンドブレーキグリップなどの装備があり、アウトドアに最適なモデルとして知られています

ポロgtiに乗っている人の口コミ評価

ワーゲンのポロGTIに今乗っている人は、どのような評価を与えているのでしょうか。内外装、乗り心地、走行性能、安全装備に関する口コミ評価を見ていきましょう。

内外装に関する口コミ

  • 落ちついたデザイン
  • 専用パーツによって贅沢な雰囲気
  • タータンチェック柄シートが好き
  • インテリアの赤のラインが印象的
  • 品質にこだわりを感じる

ワーゲンのポロGTIに乗っている人の内外装に関する評価は高いです。特にチェック柄シートや赤いステッチは、評判がよいです。

乗り心地に関する口コミ

  • いつもフラットな姿勢になるので嬉しい
  • 自動車の動作に落ち着きがある
  • うるささは感じない

乗り心地に関しても、悪い評価は少ないです。快適な乗り心地だからこそ、次に車を乗り換える際はワーゲンのポロGTIと決めている人もいます。

走行性能に関する口コミ

  • さまざまなモードを選べる
  • マイルドな運転間隔のエコモードが好き
  • スポーツモードは、加速時にうってつけ
  • 坂道の走行も問題なし

ワーゲンのポロGTIは、モードによって走行性能を変えられることが高い評価を得ているポイントです。今まで以上にドライブを満喫したい人はいかがでしょうか。

安全装備に関する口コミ

後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能、後方死角検知機能などもついている自動車ですので、「安心して乗れる」、「歩行者対応は万全」という高い評価があります

全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールを利用する際は、スポーツモードに設定すると反応が速くなります。エンジンなどをノーマルモードにすれば、音は気にならないでしょう。

ポロgtiの口コミからわかる欠点

ワーゲンのポロGTIに対して、故障が多発する、6速MT版がないという口コミもあります。こうした口コミからわかる欠点についても取り上げていきましょう。

故障が多い

変速機のデュアルクラッチ・トランスミッション、冷房システムに欠かせないコンプレッサー、ターボなどの故障が多いという口コミもあります。

全体的に故障が非常に多い自動車とはいえませんが、ターボの故障であれば、国内に在庫がなく、取り換えに時間がかかる可能性もあるでしょう。また、修理場所によっては、10万円をオーバーすることもあり、自己負担額が大きいです。

他にも、エンジンから変な音がしている、ギアが入りにくいなどの口コミからわかる欠点があります。購入前には、デュアルクラッチ・トランスミッションや電気系統に不具合はあるのか、しっかりと整備されている自動車なのかチェックしましょう。

6速MT版がない

ワーゲンのポロGTIは、日本だけではなく、本国においても、6速MT版がありません。そのため、すぐに追加してほしいとい口コミがあります。マニュアルを求めている人が多いということは、運転して楽しい自動車といえるでしょう。

ポロgtiをお得に購入するには

ワーゲンのポロGTIをできる限り安く購入するためには、現在乗っている車を買取に出しましょう。元手を増やせば、安値で入手できます。買取依頼する際は、業者選びが非常に重要です。こうしたポロGTIをお得に購入する方法について詳しく解説しましょう。

現在乗っている車を買取に出す

今乗っている車を売却すれば、ポロGTIを購入する費用の元手を増やせます。できる限り高値で売却したい人は、ディーラーの下取りではなく、中古車の買取専門業者を選ぶようにしましょう。

ディーラーは、新車に関してプロですが、中古車市場のスペシャリストではありません。だからこそディーラーの下取りは、自動車の状態次第では、高値になりません。

中古車の買取専門業者を選ぶ際は、業者がどのぐらい拠点を持っているのか、あるいは販路を持っているのかチェックしましょう。グローバルに広がる販路を持っていれば、自動車の管理コストを抑えられ、そしてそれが査定額にも影響します。

基本的に自動車は、年式や走行している距離によって査定額が異なり、日に日に価値を落としてしまうものです。特に年式が古い車、走行距離が多い自動車であれば、値段がつかない可能性もありますので、注意が必要です。希少車種であれば、高値で売却できる可能性はあります。

別業者で売れそうにない自動車であっても、査定額を出してくれる廃車買取業者もおすすめです。パーツに値段をつけて、もしくは再利用して利益を出しているからこそ、どのような状態の車であっても、引き取ってくれます。自分に合った業者を選べるように、知識を増やしておきましょう。

カーネクストを利用する

廃車買取業者を選ぶ場合は、カーネクストがおすすめです。走行距離が多すぎる車、古すぎる自動車だけではなく、故障している車、動かない自動車など、どのような状態の自動車でも買取対象にしています。さらにカーネクストは、0円以上の買取保証を行っている業者です。

海外に広がる販路を持ち、部品の再利用などを行っているからこそ、0円以上の買取保証を実現しています。また、自動車の状態や車種次第では、高額査定も実現可能です。カーネクストで、お得に自動車を売却しませんか。

他業者やディーラーなどであれば数万円かかってしまう廃車費用も、カーネクストではなんと無料です。面倒な廃車手続きの代行費用、解体費用、引取り手数料などの負担はありません。レッカーも費用を取られず、日本全国に対応しています。自動車税の還付手続き代行も無料であり、還付金ももらえます。

無料査定は、車種、メーカー、氏名、電話番号などを専用ページに入力するだけであっという間に申し込み完了です。年中無休のフリーコールもあり、不明点がある人、すぐに自動車を売りたい人は、専門スタッフに問い合わせましょう。

参考:カーネクスト

車を売ってポロgtiをお得に手に入れよう

フォルクスワーゲンのポロの中には、ロングドライブにおすすめの「TSI Trendline」、外装にこだわりのある「Cross Polo」というグレードもありますが、「ポロGTI」は、最上級グレードであり、自動車好きからも支持を集めている外車です。黒と赤のデザインが印象的であり、車内の装備も非常に充実しています。

内外装、乗り心地、走行性能、安全装備に関する口コミ評価は基本的に高く、不満を覚えることは少ないでしょう。故障が多いなどの欠点はありますが、安全性に優れ、先進装備も数多く持っており、非常に乗りやすいです。「ポロGTI」をできるだけ安く買うためには、今乗っている車を売り、元手を増やしましょう