トヨタのFJクルーザーの評価は?特徴やお得に購入する方法も

トヨタのFJクルーザーは、存在感抜群の四駆車です。悪路であってもスムーズに走行でき、街乗り以外でも自動車を使いたい人におすすめの車種です。こうした特徴を持つFJクルーザーは、今はもう発売されていませんが、中古市場では見つけられます。

この記事では、トヨタのFJクルーザー購入前に知っておくべき情報を紹介します。具体的には、自動車の詳しい特徴だけでなく、おすすめ人気グレード、乗っている人の口コミ評価、口コミからわかる欠点などについて、取り上げていきましょう。

FJクルーザーの特徴

FJクルーザーは、ランドクルーザーのようなデザインをしており、丸いヘッドライトなど、現代的なフォルムにしていることも特徴の車です。一見、2ドアに見えますが4ドアに作られており、悪路でもスムーズに走れる走行性能を備えています。

インテリアは細かい部分にこだわりがあり、全体的にレトロな雰囲気です。4LV6のエンジンを搭載し、パワフルでありながら、他車と比べれば燃費もよいでしょう。2018年に販売終了してしまいましたが、中古車市場で見つけることは可能です。

FJクルーザーのおすすめ人気グレード

FJクルーザーのおすすめグレードは、「ブラックパッケージ」と「オフロードパッケージ」です。それぞれの特徴を解説していきましょう。

上質さで選ぶなら「ブラックパッケージ」

FJクルーザーの「ブラックパッケージ」は、ブラックを中心とした色合いになっています。5本の専用アルミホイールを標準装備しており、ステアリングやシフトノブも、上質な素材を採用しています。

全体的にブラックだからこそ、落ち着いた雰囲気のある車といえるでしょう。ちなみに、赤色を中心にした「レッドカラーパッケージ」というグレードもあります。

オフロードを楽しみたいなら「オフロードパッケージ」

FJクルーザーの「オフロードパッケージ」は、悪路で大活躍する「クロールコントロール」など、オフロード走行を満喫できるさまざまな機能を備えたグレードです。

インテリアは、ウレタンのシフトノブとステアリングホイールを採用し、上質な空間に仕上がっています。舗装道路以外のドライブも楽しみたい人は、最上位の「オフロードパッケージ」を選びましょう。

FJクルーザーに乗っている人の口コミ評価

FJクルーザーに乗っている人は、エクステリア、インテリア、燃費性能、走行性能に対して、どのように評価しているのでしょうか。これらの口コミを見ていきましょう。

エクステリアの口コミと評価

エクステリアの口コミと評価には、「車高が高くかっこいい」「シンプルに作られている」「丸みのあるデザインでかわいらしさもある」「個性的なエクステリアデザイン」といった意見があります。

こうした口コミが散見されるからこそ、デザイン性を気に入って、FJクルーザーを購入した人も少なくないといえるでしょう。存在感抜群の自動車を入手したい人は、FJクルーザーを選びましょう。

インテリアの口コミと評価

「それほど室内は広くない」「インテリアを自分好みにカスタマイズできてうれしい」「少しドアが使いづら」「アウトドア向きの室内環境」といったインテリアの口コミと評価が見られます。

インテリアに関する意見は、人それぞれ異なり、シンプルなデザイン性には、高い評価を与えている傾向にあります。しかし、観音開きのドアに対しては、「使い勝手が悪い」という口コミが散見されます。

燃費性能の口コミと評価

燃費性能の口コミと評価は、全体的によいとはいえないけれども、悪くはないという意見が散見されます。そもそもFJクルーザーを購入する人は、優れた燃費性能を求めているわけではないので、燃費に対して悪い意見を持つケースは少ないです。FJクルーザーの口コミをチェックする際は、ほかの部分を重視して見るようにしましょう。

走行性能の口コミと評価

オフロードの走行を楽しめる自動車だからこそ、走行性能への評価は高い傾向にあります。峠道であっても雪道であっても、安定して走れると評判です。

しかし、「滑ってしまうと車体に重量があるからこそ危険」という意見もあります。全体的に、走行性能に関しては、悪い評価をしている人は少なく、FJクルーザーでのドライブを満喫できるでしょう。

FJクルーザーの口コミからわかる欠点

FJクルーザーの口コミの中には、いくつか自動車の欠点に触れているものがあります。「使い勝手がよくない」「ガソリン代がかかってしまう」という意見があるので、それぞれについて詳しく紹介します。

使い勝手はよいとはいえない

FJクルーザーの口コミの中には「チャイルドシートの取り付けが大変」「駐車しづらい」「後ろの席の窓が開かない」「実用的な自動車とはいえない」といった口コミがあります。FJクルーザーは、走行性能などに優れている車ではありますが、使い勝手がよいとはいえないようです。

ファミリーカーとして使いやすい自動車ではなく、趣味性に優れているため、家族のいる人はFJクルーザー以外にも、もう一台持っていたほうがよいかもしれません。

ガソリン代が掛かる

FJクルーザーは、燃費性能に優れている自動車とはいえません。口コミでも、「都心部では5km/Lを割り込む」「燃費はよいとはいえない」「燃費を考える車ではない」という声も。そのため、ガソリン代がどうしてもかかってしまいます。

似たようなほかの自動車と比較すると、燃費はよいほうですが、普段使いに適している車とはいえないでしょう。ガソリン代を含めて、トータルの維持コストも高くなりがちですので、実用的な車が欲しい人には向きません。

FJクルーザーをお得に購入するには

FJクルーザーを、できる限り安く入手したい人は、今乗っている自動車を買取業者に売って、元手を増やしましょう。また、自動車を売却する際は、ディーラーではなく中古買取業者がおすすめです。こうしたFJクルーザーをお得に購入する方法について、詳しく紹介します。

車を売るならディーラーよりも中古買取り業者がおすすめ

自動車を引き取ってもらう方法は、大きく分けて2種類あります。それは、ディーラーの下取りと買取業者への依頼です。できるだけ高値で売却したい人は、ディーラーの下取りではなく、中古車の買取専門業者を選ぶようにしましょう。

ディーラーは、新車に関しては専門家ですが、中古車市場にはそれほど詳しいわけではありません。そのため、ディーラーの下取りだと、自動車の状態次第では安値になってしまいます

中古買取業者を選ぶ際は、国内だけではなく、グローバルに広がる拠点を持っている業者をおすすめします。広い販路を持っている会社は、車の管理コストを抑えられる傾向にあり、その管理費用は自動車の買取査定額に影響があります。

また、車はずっと高い価値をキープできるものではないので、できる限り早めに売ることで、高値査定を目指せるでしょう。基本的に査定額は、年式や走行距離によって異なり、旧式車や多走行車であれば、値段がつかない可能性もあるので、注意が必要です。

ほかの業者で売れそうにない自動車であっても、しっかり買取してくれる廃車買取業者は便利です。部品に値段をつけ、あるいはパーツを再利用して利益を出しているからこそ、どんな状態の自動車も引き取ってくれます。したがって、車の状態次第では、廃車買取業者を選びましょう。

カーネクストを利用しよう

古すぎる自動車や走行距離が多すぎる車だけでなく、動かない自動車、故障している車など、どんな状態の自動車でも買取対象にしている業者は、カーネクストです。しかもカーネクストでは、0円以上の買取保証を行っています。損することなく、自動車を手放したい人におすすめの業者といえます。

どのようにして、0円以上の買取保証を実現しているのかといえば、カーネクストは海外に広がる販路を持ち、パーツの再利用などを行っているのです。今乗っている自動車の車種によっては、他社よりも高額査定になるケースも。

さらに、別の業者やディーラーなどであれば、数万円かかってしまう廃車関連費用も不要です。具体的には、廃車手続きの代行費用、解体費用、引取り手数料、全国対応のレッカー費用がすべて無料。自動車税の還付手続き代行も無料サービスで、還付金ももらえます。

無料でできる査定は、メーカー、車種、電話番号、氏名などを専用フォームに入力するだけで申し込みできます。また、年中無休のフリーコールもあり、すぐに自動車を売りたい人や不明点がある人は、専門スタッフに問い合わせましょう。カーネクストで、自己負担なく自動車を売却しませんか。

参考:カーネクスト

車を高値で売却してFJクルーザーをお得に購入しよう

トヨタのFJクルーザーは、大型サイズのSUVです。今はもう販売されていませんが、中古車市場では流通しています。丸みのある現代的なフォルムで、多くの人から愛されるデザインです。

FJクルーザーのおすすめグレードは、上品な印象の「ブラックパッケージ」、もしくは、オフロード走行を満喫できる「オフロードパッケージ」で、どちらも非常に人気があります。

FJクルーザーのインテリア、燃費性能などに対して、さまざまな口コミ評価がありますが、トータル的には、走行性は申し分なく、使い勝手はあまりよくないという意見になるでしょう。いずれにせよ、たくさんの魅力を持った車なので、今乗っている車を高値で売却して、FJクルーザーをお得に入手しませんか。