アリオンの気になる評価や特徴は?口コミからわかる欠点も紹介

トヨタ自動車のアリオンは、ビジネスでもプライベートでも利用できる自動車です。かつて発売されていたカリーナの後継で、さまざまな魅力を持っています。そんなアリオンの購入を検討している人は、必ず口コミ評価をチェックしましょう。

このページでは、アリオンの特徴やおすすめ人気グレード、口コミからわかる欠点などを取り上げていきます。自動車の買い換えを考えている人などは、ぜひ参考にしてください。

アリオンの特徴

アリオンの車内は、5ナンバーサイズで広々としており、上品な空間に作られています。アリオン以上のハイクラス自動車と比較すれば、多少質は劣るものの、価格を考慮すれば不満を覚えません。

また、スッキリとしたボディで、ランプはグレードによって異なります。フロントマスクも特徴的で、存在感のある見た目に仕上がっています。さらに燃費性能も優れており、トヨタの安全装置である「Toyota Safety Sense C」も搭載されています。

アリオンのおすすめ人気グレード

アリオンのおすすめグレードは、「A15Gパッケージ」と「A18」です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

エコカー減税を受けたいなら「A15G」

アリオンのグレードは、大きく分けて「A15」「A18」「A20」の3種類です。1.8Lと2Lの場合、エコカー減税の対象になりませんが、1.5Lであれば対象内です。

「A15Gパッケージ」は、「A15」グレードよりも装備が増えている自動車です。「Toyota Safety Sense C」が搭載されているだけでなく、「スマートエントリー&スタートシステム」「オートエアコン」「盗難防止システム」などがプラスされています。

「A15」と「A15Gパッケージ」の価格は、20万円前後違いますが、たくさん装備がついている「A15Gパッケージ」のほうがお得でしょう。コーナリングの安定性や静粛性にも優れ、高い走行性を求めている人以外には、最適なグレードです。

装備も価格も丁度いい「A18」

1.8Lエンジンの「A18」は、「A15」よりもパワーがあって物足りなさも感じず、安心して走行できるグレードです。また、アリオンの中で中間的なグレードであり、万能な自動車を求めている人におすすめです。

さまざまな装備がついている自動車を入手たい人は、「A18」の「Gパッケージ」あるいは「G-plusパッケージ」を選択しましょう。

アリオンに乗っている人の口コミ評価

現在アリオンに乗っている人は、エクステリア、インテリア、燃費性能、走行性能についてどのような評価をしているのでしょう。それぞれの口コミをチェックしていきましょう。

エクステリアの口コミと評価

「コンパクトにまとまっている」「すっきりしたデザイン性に好感を持てる」「無難なエクステリア」「スポーティなデザインは魅力的」といったエクステリアの口コミと評価があります。

エクステリアに関しては、全体的に「非常に優れているとはいえないけれど、悪くはない」といった意見が多い傾向にあります。エクステリアに強いこだわりがなければ、不満を感じない自動車です。

インテリアの口コミと評価

「落ち着いた印象がある」「木目調パネルを気に入っている」「収納場所が少ない気がする」「荷物を多めに積める」といったインテリアの口コミと評価が散見されます。

インテリアに関しては、人それぞれで評価している部分は異なりますが、全体では「値段のわりには高級感がある」という口コミが多く見られます。広々とした車内のため、乗り心地も悪くないようです。

燃費性能の口コミと評価

「A15」に乗っている人の燃費性能への口コミは、「特に問題なし」「満足している」という評価がありますが、「A18」の場合、高く評価している意見は多くありません。

そのため、燃費性能の口コミと評価は、乗っているグレードによって異なるといえるでしょう。しかし、燃費が悪く感じるという口コミは少ないため、それほど心配する必要はありません。

走行性能の口コミと評価

「スムーズに走れる」「静かな走行に満足している」「運転しにくくない」「レジャーにも使える」「パワーも十分」「ブレーキも踏み込みやすい」といった走行性能の口コミと評価があり、走行性能に関しては、全体的に悪い意見はありません。

また、「運転に不慣れな人でも疲れにくい」という口コミもあるため、初めて自動車を購入する人にもおすすめです。

アリオンの口コミからわかる欠点

アリオンの口コミには、「落ち着きすぎているデザインに違和感がある」「他車と比較して燃費性能が劣る」という意見もあり、欠点もいくつかあります。アリオンの口コミからわかる欠点について、詳しく見ていきましょう。

少しデザインが落ち着きすぎている

アリオンの高級感あふれるデザインは魅力的ですが、落ち着いているデザインに対して、「年配向けの自動車」だと感じる人もいます。また、上品なデザイン性は、ときに「華やかではない」と思われることも。

人によって感じ方は異なりますが、少し落ち着きすぎているデザインに対して、不満を覚えている人がいることを認識しておきましょう。

今時の車と比べると燃費性能は劣る

人によっては、アリオンの燃費性能だけでなく、走行性能に満足していません。ほかの自動車と比較すると、燃費性能は劣る傾向にあるため、大きな期待を抱いて購入しないほうがよいでしょう。

アリオンを選ぶ場合は、1.8Lと2.0Lではなく1.5Lがおすすめで、1.5Lならガソリン代を抑えられます。2.0Lのアリオンは燃費が悪く、ガソリン代もたくさんかかってしまうでしょう。

アリオンをお得に購入するには

アリオンをできるだけ安く買うためには、今乗っている車を高く買い取ってくれる業者を見つけることがポイントです。さまざまな買取業者があり、それぞれのサービス内容や特徴を知る必要があるでしょう。こうしたアリオンをお得に購入する方法について解説します。

車を高く買い取ってくれる業者を見つける

現在乗っている車を買い取り依頼する際は、ディーラーの下取りではなく、中古車の専門業者を選ぶようにしましょう。ディーラーは、新車に関してはスペシャリストですが、中古車にはそれほど詳しいわけではありません。そのため、ディーラーの下取りは、安くなってしまう傾向にあります。

中古買取業者を選ぶ際は、広い販路を持っている会社がおすすめです。国内だけでなく、グローバルに広がる拠点を持っている業者であればなおよく、さまざまな販路を持つことで、自動車の管理コストを抑えられます。もちろん、この管理コストは買取査定にも影響しています。

自動車は、日に日に価値を落としていくため、できるだけ早く売ることで高値査定を目指せます。また、走行距離や年式も価格に影響され、走行距離が多すぎる自動車や旧式車であれば、値段がつかない可能性もあるため、注意しましょう。

どんなに古い自動車でも、売れそうにない車でも、買い取ってくれる業者は存在しています。それは、廃車買取業者です。この業者は部品に値段をつけ、あるいはパーツを再利用して利益を出しているからこそ、どんな状態の自動車も引き取ってくれます。

中古買取業者ならカーネクストがおすすめ

中古車を買い取り依頼する人は、廃車買取業者の「カーネクスト」を選びましょう。カーネクストは、古すぎる自動車や走行距離が多すぎる車だけでなく、動かない自動車や故障している車など、どんな状態の車でも買取対象にしています。しかも、0円以上の買取保証を行っている優良業者です。

グローバルに広がる販路を持ち、パーツの再利用などを行っているからこそ、0円以上の買取保証を実現しています。さらに、自動車の状態や車種次第では、高額査定も夢ではありません。

カーネクストのその他の特徴として挙げられることは、廃車関連費用が取られないことです。廃車手続きの代行費用や解体費用、引取り手数料、全国対応のレッカー費用はすべて無料です。こうした費用は、別の業者やディーラーなどの場合、数万円かかってしまう可能性もあります。

さらに、自動車税の還付手続き代行も無料サービスであり、還付金ももらえます。無料でできる査定は、メーカー、車種、氏名などを専用ページに入力するだけであっという間に申し込み完了です。年中無休のフリーコールもあり、すぐに自動車を売りたい人や不明点がある人は、専門スタッフに問い合わせてみましょう。

参考:カーネクスト

口コミと評価をチェックしてアリオンを購入しよう

トヨタ自動車のアリオンは、2001年に発売されて以来、今でも人気のある自動車です。上品なデザインの4ドアセダンで、ビジネスでもプライベートでも使えます。「A15」「A18」「A20」といったグレードがあり、燃費のよい車が欲しい人は、1.5Lを選ぶようにしましょう。

走行性能に関してはよい評価が多いですが、エクステリアや燃費に関しては、人によって不満を覚えていることもあります。アリオンを購入する前には、乗っている人の口コミを必ずチェックしておきましょう。

アリオンをお得に購入するためには、今乗っている自動車を買取業者に売り、元手を増やすことです。上品かつ贅沢な自動車であるアリオンを入手して、今まで以上にカーライフを満喫しませんか。