セレナの査定価格相場とは。高額売却を目指すコツを知ろう


廃車するならカーネクストがおすすめ

ミニバンでの販売台数が1位のセレナ。買い取りの査定価格相場も安定しており、下取りより買い取りを利用するほうがおすすめです。グレード別や年式別に査定価格を見ながらセレナの価値が今後上がるのか下がるのかについても言及します。相場を知っておくことでメリットは多いです。

グレードや年式によって買取価格の設定と傾向を知っておくと、いざ売るときに自分のセレナがどのくらいで売れるのか分かります。セレナオーナーはぜひ参考にしてください。

セレナのグレード別査定価格相場

3つのグレードの査定価格相場を取り上げ、比較対象としてみましょう。

標準グレードの「セレナS」

必要最低限のパーツやアクセサリーを装備しているセレナの標準グレードです。機能面に余計なものがついていないので、実務的な車を求める人に人気です。中古車査定価格が走行距離や状態により異なりますが、おおよそ上記のような金額で売ることができます。

シンプルな半面、走りの快適さを追求しているというまではいかないので、家族連れを中心によく売れているグレードです。セレナの価格推移を一番顕著に表しているのがこのセレナSではないでしょうか。比較的年式が新しいものは100万円以上の査定を期待できますので、新しい車の買い替えに関する資金には十分です。

2018年9月発売 135.1万円
2017年5月発売 117.9万円
2016年8月発売 108.5万円

人気グレード「セレナハイウェイスター」の査定価格相場

人気のあるグレードのセレナハイウェイスターは標準グレードのセレナSよりも割高です。主に見た目のカッコよさが評判です。そのため人気が高く、いろいろなオプションがついている派生グレードが存在します。

装備が充実していれば高く買取をしてくれますが、他のグレードとの差と比較するとそれほどでもないです。実質10万円プラスされるかされないかくらいです。セレナの中でも中心的な販売数を誇っているので、流通量が多いのが価格に反映され、装備の充実ぶりに対してはやや割安な印象もあります。それでも状態のよいものは150万円程度で査定価格がついていたりと、高値で取り引きされているグレードです。

2018年3月発売 157.5万円
2017年5月発売 145.9万円
2015年7月発売 123.3万円

AUTECHが手掛けるグレード「セレナライダー」の査定価格相場

専用のエクステリアとインテリアを要し、装備面の違いもあるいろいろな派生グレードが存在するセレナライダー。高級感漂う外観と内装に、高齢者を中心に人気があります。今はAUTECHとして別のグレードになってしまいましたが、その点もありレア感が増しています。

しかし人気があまり出なかったために、装備面の充実ぶりに対しては査定価格は低めです。いろいろなレアグレードや限定グレードと比較すると価格が低いです。査定価格を参考にする際には、レアグレードかどうかをチェックしてみましょう。

2016年8月発売 153.1万円
2015年11月発売 149.4万円
2014年5月発売 121.9万円

 

セレナの年式別査定価格相場

今度は年式にしぼって査定価格相場を紹介していきます。グレードによっても異なりますのであくまでも参考価格程度に考えておくとよいでしょう。

2016年式の査定価格相場

3年落ちのセレナの査定価格は、状態の悪いものでは10万円を切る価格で、取り引きされています。最高価格はハイブリッドがついているモデルで、人気が高い分高値での取り引きです。ほとんどのモデルは130万円~150万円の間に収まっており、査定価格はこのくらいの金額を期待してもよいでしょう。

中古車は3年落ちで流通量がグンと増えます。これは車検の関係で、車に飽きた人は新車の買い替えをするからです。もしそれよりも高く売りたい場合には、3年落ちの前に売却することが重要です。故障なども余程のことが無い限り起こりませんから、スムーズな買取査定を実現できるでしょう。

  最低価格 最高価格 平均価格帯
2016年式 6.4万円 193.6万円 130万円~150万円

2014年式の査定価格相場

  最低価格 最高価格 平均価格帯
2014年式 32.3万円 188万円 90万円~140万円

5年落ちのセレナは、比較的値崩れをしていないものが目立ちます。理由は状態の悪いものは最初の車検の前に売ってしまうからです。2016年式の最低価格はその典型例といえます。レアグレードは高値で取り引きをされていますが、車の状態のチェックがより厳しくなります。

2回目の車検を迎えると、車にも慣れてきて、そろそろ新しい車を購入したいと考えるユーザーは多いです。平均価格帯も安いものはグレードのレア度が低いもの、逆に高いのはグレードのレア度が高いものです。また性能面での劣化が少ない車に高い査定価格がついています

2009年式の査定価格相場

普通の装備をしているセレナの場合には、ほぼ10万円を切る査定での買取をされてしまいます。最低価格は5万円とありますが、これは同情相場だといえます。買取業者に依頼すると海外に売り払ったりして、いくらかの値段をつけてくれるので、この査定額は仕方のないところです。

最高価格をつけているのは「ハイウェイスターVエアロセレクション」で走行距離から、おそらく展示用として使用されていたものだと推測できます。10年落ちの車の場合には状態の有無に関わらず大きく値崩れをしている状況です。査定価格を少しでもアップさせる方法を実行する必要があるでしょう。

  最低価格 最高価格 平均価格帯
2009年式 5万円 166.8万円 5万円~60万円

 

セレナの査定価格をアップさせるためのポイント

3つのポイントに絞ってセレナを少しでも高く売る手段を講じてみましょう。

自分の車の価値を把握する

まずは、どのくらいで自分の車が売れるのかを正確に把握することです。そして、状態がよいことや故障が少ないことなど、いくつか自分の車のメリットを把握しておくことが大切です。査定は機械的にされることが多いですが、オーナーの思いは伝えておくと交渉するときの熱意が相手に伝わります。

交渉の際には希望売却価格を相場よりやや高めに設定しておき、査定の人と話しておくことが必要です。売却目標額を適正に設定することで、安く買い叩かれることも無くなります。

複数社の査定を受け競合させる

査定を受ける際には複数社から査定を受け、競合させましょう。大抵は査定は無料で、買い取ってそれを販売することで利益を得ていますから、査定をする人にとっては無駄足を踏みたくないものです。したがってこのような競争をさせることで自然に査定額がアップする可能性があります。

査定額には車の状態以外にも業者のいろいろな要素が関わってきます。例えば販売力や販売経路の多さで、売るチャンネルが多いほど高値で売りさばくことができ、その分を査定額に還元できます。また整備力の高い業者なら状態が多少悪くでも自社で整備をして、売りやすい状態にすることが可能です。さらに業者によって得意な車種も異なります。


どんな車でも0円以上買取保証!廃車するならカーネクスト

複数社に依頼すると査定額に差が出るのはこのためです。高額査定をしてくれる業者と出会うためにも複数社に査定を依頼しましょう。

取り外している純正パーツがある場合は用意しておく

車をカスタマイズして、社外パーツを使用している場合には、外さずに純正パーツと一緒に持っていき査定をしてもらうことがおすすめです。社外パーツを取り外し買い替える車に使いたい場合は別ですが、大抵は違う車種に乗り換えるために倉庫に眠ってしまいます。

社外パーツでも特に高級メーカーのアルミホイールやエアロパーツは、つけたままで付加価値になり、査定額のアップになることがあります。もし社外パーツがマイナスの査定になったとしても純正パーツがあることで、マイナス査定が無くなるケースが多いです。持っておいても倉庫に眠るだけになりますから、一緒に買い取ってもらいましょう。

セレナの買取査定を依頼する時の注意点

注意点が2点あり、しっかりと押さえておかないと査定額に響く可能性もあります。

意外に見落としがちな車内の臭いに注意

大抵の人は洗車をしてそれでOKと思いがちですが、盲点として車内の臭いがマイナス査定になることがあります。特に車内には臭いを吸収してしまうシートなどがあるため、オーナーの臭いが付きがちです。タバコやペット、食べかすが残っている際の臭いなどは大きなマイナスポイントです。

脱臭剤や消臭剤を車内に入れておき、適度に換気するなどして一定時間置いておきましょう。エアコン内部にも臭いが残るケースもありますから、専用のスプレーなどできれいにしておくことをおすすめします。査定額はそれによって数十万円単位で変わったりするので、臭いを消す投資をしても十分に元は取れます。

完全に臭いを取ることができない場合には、事前に査定する人に説明しておくとよいでしょう。

古い型のセレナの買取価格下落に注意

モデルチェンジ等で、新しいモデルが発表されると古いモデルの人気はガクッと落ちます。それに伴い中古車価格も落ち、査定価格へも波及します。車市場は横ばいかやや落ちているので、売りたいと思ったときには即行動を起こすことが高く売る秘訣です。

特に2018年後半は徐々に下落傾向にあるので、早めの売却がおすすめです。市場動向にも目を光らせて、モデルチェンジ前に売ってしまうことも考えておきましょう。ただしレア度が高い車については高値で取り引きされるので、あまり価格の下落が少ないです。持っている車のグレードにも注目しつつ、適正な売り時を見定めたいですね。

セレナの査定を依頼する業者の選び方

どのような点に注意して業者を選んだらよいのでしょうか。事前の相談と実際の対面での両方の対応を冷静に見極めることが大切です。

査定はまずメール査定などを利用してみる

査定はメールや一括査定サイトなどを活用して、見積もりだけとりあえずもらい、メールなどでやり取りすることがおすすめです。特に査定士は専門的な知識が豊富ですから、意見に流されがちです。事前に複数の査定を依頼しておくことで、比較検討ができることもおすすめです。

業者に関しては急かさない業者を選ぶとよいでしょう。その場で即決してしまい、安く買い叩かれることは往々にしてあるものです。いろいろな業者と余裕を持って接することで正しい業者選定が可能です。

メールなどのやり取りをして感触のよかった業者を数件ピックアップして、そこに査定を依頼しましょう。車の細かい点についても話しておくとよりよいです。

買取業者の接客姿勢を確認する

車の売却には書類の手続きなどで業者とは頻繁にやり取りします。このときにスムーズにやり取りを行うために接客姿勢にも注目してみましょう。自分と合う担当者を見つけていろいろな相談をすることができるとよいでしょう。

査定価格の高い業者を選ぶことも1つの手ですが、気持ちよい売却を行うためにもよい印象の担当者を選ぶことが大切です。査定について細かく説明してくれる業者を選びましょう。いろいろな説明と話をしていると今後の車への向き合いかたの参考になるはずです。

セレナの査定はカーネクストに依頼しよう

セレナの売却相場をチェックした上で、おすすめする業者はカーネクストです。世界中に販路があり、車を確実に現金化することができます。また査定額にも納得との評価が多いです。接客も専門のスタッフが窓口になり、無料査定等で丁寧に説明してくれます。

買取では諸費用が思ったよりかかります。書類に関することや手続き、レッカーなど査定額には含まれない費用面の負担があります。カーネクストは書類代行やレッカーがすべて無料。安心して査定を受けることができます。

特に査定をする業者が決まっていないのなら、まずはカーネクストに依頼してみましょう。もちろん他の業者と比較しても構いません。いろいろな業者選定のもの差しとしてカーネクストを利用してみてもよいでしょう。

車の査定や売却は大切なことです。大きなお金になるので、信頼できる業者を選定することが重要です。カーネクストならあなたの希望を叶えてくれる可能性が高いでしょう。

【導入リンク:カーネクスト

セレナを査定に出して高額売却を目指そう

セレナの査定には解らないことが多いかもしれませんが、自分で相場を調べることが大切です。その相場を調べた上でいろいろな業者に話を聞いてみるとよいでしょう。グレードや年式によって金額に大きな差があるので、調べておき安く買い叩かれることが無いようにしたいです。

ミニバンでトップクラスの販売を誇っているので、中古車市場でもレア度の高いグレードは高値で、そうでないグレードはモデルチェンジの度に値が下がります。売り時を逃さないためにも、売ろうと思ったときに素早く行動することが高額売却を目指す秘訣です。


どんな車でもOK!0円以上買取保証!