パレットの買取査定相場と高値で売却するコツなどを徹底解説

2008年に誕生し、5年後に生産を終えたパレットは、新車では購入できないものの、中古販売店などでは見つけられます。類似した他の自動車と比較して、中古車価格が高くなく、近年では、需要も高まっている自動車と言えます。そのため、走行距離や装備次第では、高値査定も目指せるでしょう。

この記事では、パレットの買取査定相場を紹介します。あわせて、高く売却するコツ、買取依頼する際の注意点、高く買い取ってくれる業者なども取り上げていきましょう。新車購入ための元手を増やしたい人などは、お役立てください。

パレットのグレード別買取査定相場

パレットには、さまざまなグレードがあります。Lグレード、Tグレード、Xグレードという種類があり、それぞれでどれぐらい買取査定相場が異なるでしょうか。詳しく紹介していきましょう。

Lグレードの場合

パレットの2012年式Lグレードは、走行距離1万km~9万kmで、約22万円~約43万円の買取査定相場です。走行距離10万kmをオーバーすると、10万円台になる可能性もあります。

2012年式・走行距離別 買取査定相場
1万km 約43万円
3万km 約32万円
5万km 約27万円
7万km 約24万円
9万km 約22万円

Tグレードの場合

2012年式Tグレードは、走行距離1万km~9万kmで、約30万円~約54万円の買取査定相場です。他のグレードよりも、全体的に買取査定相場は高めです。

2012年式・走行距離別 買取査定相場
1万km 約54万円
3万km 約42万円
5万km 約36万円
7万km 約33万円
9万km 約30万円

Xグレードの場合

2012年式Xグレードは、走行距離1万km~9万kmで、買取査定相場約25万円~約47万円です。10万kmを超えても、20万円台をキープできるでしょう。

2012年式・走行距離別 買取査定相場
1万km 約47万円
3万km 約36万円
5万km 約31万円
7万km 約27万円
9万km 約25万円

パレットの年式別買取査定相場

2009年発売、2012年発売モデルのパレットは、どれぐらいの買取査定相場なのでしょうか。それぞれの価格を詳しく見ていきましょう。

2012年発売の初代改良モデルの場合

2012年式のパレットは、約13万円~109万円の中古車価格相場であり、買取査定相場は、約35万円~56万円です。2013年式であれば、さらに高値査定を目指せますが、2011年式~2012年式のパレットであれば、50万円オーバーを目指せるでしょう。

2009年発売の初代改良モデルの場合

2009年発売モデルは、中古車価格相場約2万円~99万円、買取査定相場約23万円~46万円です。2008年式~2010年式は、買取査定相場を50万円切ると認識しておきましょう。さらに、中古車価格相場も100万円以上にはなりません。

パレットを高く売却するコツ

パレットを高値で売るためには、高く売却できる時期を狙い、プラスになる要素をアピールすることが大切です。いつ頃の時期が高く売れるのか、プラスになるポイントは何なのか、詳しく紹介していきましょう。

パレットが高く売れる時期を狙う

パレットを高値で売る際は、業者の決算前がおすすめです。6月から9月、12月から3月は、たくさんの自動車を集めるため、この時期を狙うことで、高額査定を目指せるでしょう

さらにパレットは、子どもを乗せるために最適な自動車のため、4月頃も需要が高まります。こうしたパレットが高く売れる時期を狙い、損を減らしましょう。

プラスになるポイントは積極的にアピール

パレットには、いくつか人気カラーがあり、その色の自動車に乗っている人は、査定額アップを期待できます

  • パールホワイト

パール系がもっとも高い査定額になり、白黒なども、比較的高めです。オレンジなども人気のあるカラーですが、高額査定になるとは限りません。

さらに、DOHCインタークーラーターボエンジン、専用のフロントメッキグリルのあるグレード「T」ならば、人気があるため、買取価格を上げられる可能性があります。いずれにせよ、プラスになるポイントは業者にしっかりと伝えておきましょう。

パレットの買取を依頼する時の注意点

買取を依頼する際は、車の清掃・メンテナンスを行いましょう。さらに、車検は通さなくても問題ありません。こうしたパレットの買取を依頼する時の注意点の詳細を見ていきます。

査定前に車の清掃・メンテナンスを行う

パレットは、幅広い世代に人気を集めている自動車ですが、中でも、女性ユーザーが多いです。そのため、車内の清潔さも、査定時にチェックされるでしょう。買取査定に出す人は、自動車の中をしっかりとクリーニング・消臭し、外装も掃除してください

また、査定前だけではなく、日頃から掃除することを心がければ、自動車をよい状態に保て、それが査定額に影響します。少なくとも、しっかりと清掃・メンテナンスしておけば、査定士に好印象を与えられるでしょう。

車検前に売却した方が良い

査定前に車検に出しても、その費用分、プラス査定になるとは限りません。むしろ、車検費用分、マイナスになってしまう可能性が高いです。車検費用は、自動車の年式や状態によって異なり、古い自動車であれば、高額になる恐れもあります。

車検だけではなく、ちょっとしたキズやへこみ程度であれば、修理に出さなくても構いません。修理費用分、プラスになる可能性が高くないからです。車検は定期的に受けなくてはならないものですが、車検前に売却した方がよいでしょう。

パレットを高く買い取ってくれる業者は

パレットを高値で買い取ってくる業者は、さまざまありますが、ディーラーの下取りは、「高く買い取ってくれる」という点においては、おすすめしません。また、廃車買取業者という種類もあり、自動車の状態によっては最適な業者です。詳しくパレットを高く買い取ってくれる業者について見ていきましょう。

ディーラーの下取りでは損をする可能性が高い

ディーラーは、新車に関しては非常に詳しい傾向にあります。しかしながら、中古車、あるいは中古車マーケットについて詳しいとはいえません。また、転売目的で自動車を引き取っているわけでもない業者です。だからこそ、買取価格が上がらない傾向にあるでしょう。

ディーラーの下取りは、時間と手間がかからないメリットがあります。そのため、すぐに車を手放したい人にはおすすめです。

できるだけ高値で買い取ってほしい人は、大手チェーンの店舗、特定の自動車のみの受付などさまざまな業者がありますが、中古車の買取業者をチョイスしましょう。どの会社も中古車に非常に詳しく、正確な査定額を導き出してくれます。

ネットオークションなど個人売買を利用すれば、さらに高値で売れる可能性を秘めていますが、引き渡し時や交渉時などにトラブルが起きてしまった場合、大変面倒です。安心、そして安全に自動車売買を進めるためには、買取業者を選びましょう。

まずは、各業者にはどのような特徴があり、どのようなサービスを展開しているのか、調べることをおすすめします。中には、海外に広がる販路を持ち、自動車を輸出できる業者も存在しています。少なくとも、ディーラーの下取りでは損をする可能性が高いことを認識しておきましょう

パレットの買取はカーネクストがおすすめ

今乗っているパレットの状態があまりよくない場合は、廃車買取業者がおすすめです。廃車買取業者のカーネクストであれば、故障している自動車、まったく動かない車、年式が古すぎる自動車、走行距離があまりにも多すぎる車、車検切れの自動車なども買取対象になり、0円以上の買取保証サービスもあります

どうして0円以上の買取保証サービスを実現できているのかといえば、グローバルに広がる販路を持ち、パーツごとの再利用などを行っているからです。そんなカーネクストで、お得に自動車を売りませんか。

また、無料査定サービスもあり、メーカー、車種、氏名、電話番号などを専用フォームに入力するだけで、簡単に申し込みできます。自動車の種類や状態次第では、他社と10万円以上差がつくケースもあるでしょう。不明点がある人や急いで売りたい人は、年中無休のフリーコールで、専門スタッフに相談できます。

ディーラーなどの他業者であれば数万円かかってしまう廃車費用も、カーネクストでは無料サービスです。面倒な廃車手続きの代行費用、自動車の解体費用、車の引取り手数料、日本全国対応のレッカー費用などの負担はありません。さらに、還付金代行手続きも、無料で行っています。

参考:カーネクスト

パレットの高価買取を目指そう

スズキのパレットは、生産終了している自動車ですが、今も中古車マーケットで人気を集めています。L、T、Xというグレード、走行距離、年式などによって、買取査定相場は異なり、早めに売却することで、高値査定を目指せるでしょう。

パレットを高く売るためには、6月から9月、12月から3月などの高値売却を目指せる時期に手放し、プラスになるポイントを積極的にアピールすることです。査定前に自動車のクリーニング・メンテナンスを行うことも大切ですし、無駄なコストをかけないよう車検前に売却することもおすすめします。買取業者や買取査定相場について詳しくなり、パレットの高価買取を目指しませんか