インプレッサの買取査定相場は|グレード別と年式別に詳しく解説

インプレッサには、さまざまなグレードがあり、安全かつ快適装備を持っている自動車として知られています。ファミリカーとして使用している人も多いのではないでしょうか。そんなインプレッサは、中古市場でも人気があり、高い買取相場を維持しています。

この記事では、インプレッサを買取に出して新しい車の購入資金にあてようと考えている人に向けて、買取査定相場を解説します。買取査定相場を知ることで、売却するタイミングもつかめるでしょう。他にも、買取を依頼する時の注意ポイントなどを紹介します。

インプレッサのグレード別買取査定相場

インプレッサには、WRX STi、スポーツワゴンといったグレードがあります。それぞれどのような買取査定相場になっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

旧モデルのWRX STiの場合

2010年式の「WRX STi」は、約100万円~約210万円の買取査定相場です。走行距離が少なければ高く、多ければ安いです。また、ボディカラーなどによっても、相場は変化します。

2010年式 買取査定相場
~2万km 約210万円
~4万km 約190万円
~6万km 約170万円
~8万km 約150万円
~10万km 約130万円
~12万km 約100万円

スポーツワゴンの場合

スポーツワゴンには、さらに1.6i-L、1.6i-S、2.0iアイサイト、2.0i-Sリミテッドアイサイトなどのグレードに分けられますが、走行距離2万km~6万kmであれば、約60万円~約100万円の買取査定相場です。

初代インプレッサ・スポーツワゴン 買取査定相場
~2万km 約100万円
~3万km 約90万円
~4万km 約80万円
~5万km 約70万円
~6万km 約60万円

インプレッサの年式別買取査定相場

2代目~4代目インプレッサによって、買取査定相場は異なるのでしょうか。年式別買取査定相場を詳しく見ていきましょう。

4代目インプレッサの場合

2012年~2016年式インプレッサの買取相場は、細かい年式やグレード、型式によって異なりますが、比較的新しいからこそ、高めです。

年式やグレードなど 買取査定相場
2012年・1.6i・GP2 約55万円
2012年・1.6i・GP3 約70万円
2013年・1.6i・GP2 約65万円
2013年・1.6i・GP3 約90万円
2014年・1.6i・GP2 約70万円
2014年・1.6i・GP3 約90万円
2015年・1.6i・GP2 約80万円
2015年・1.6i-L・GP2 約110万円
2016年・1.6i-L・GP2 約145万円

3代目インプレッサの場合

2007年~2011年式インプレッサの買取相場は、WRX STIであれば100万円をオーバーしますが、そうではないグレードは、100万円切る買取査定相場を目安にしましょう。

年式やグレードなど 買取査定相場
2007年・15S・GH2 約17万円
2007年・15S・GH3 約30万円
2008年・15S・GH2 約17万円
2008年・15S・GH3 約28万円
2009年・1.5i・GH2 約25万円
2009年・1.5i・GH3 約42万円
2010年・1.5i・GH2 約35万円
2011年・1.5i・GH2 約30万円
2011年・1.5i・GH3 約37万円

2代目インプレッサの場合

2000年~2006年式インプレッサの買取相場は、「WRX STI」以外、高い買取査定相場ではありません。数万円になってしまうことも珍しくありません。

年式やグレードなど 買取査定相場
2001年・スポーツワゴンI’s 約2万円
2002年・WRX NB-R 約30万円
2003年・WRX STI 約130万円
2004年・スポーツワゴン15i 約2万円
2004年・WRX STI 約115万円
2005年・スポーツワゴン15i Fパッケージ 約5万円
2006年・セダン15i 約4万円
2006年・スポーツワゴン15i スペシャル 約3万円

インプレッサを高く売却するコツ

グレード、走行距離、年式によって買取査定相場が違うインプレッサを高値で売るためには、複数の買取店に価格を競わせ、車内の清掃・メンテナンスをしておくことをおすすめします。詳しく高く売却するコツを紹介していきましょう。

複数の買取店に価格を競わせる

査定依頼する際は、1つの店舗だけではなく、さまざまな買取店を選び、価格を競わせましょう。別会社の価格を提示し、「○○万円であれば売ります」と伝えることで、査定額アップを狙えます。

また、一つの店舗のみに査定依頼しても、その金額が高いのか、それとも安いのか、比較対象がないため、判断できません。複数の買取店に価格を競わせ、損を減らしましょう。

車内の清掃・メンテナンスをしておく

査定前に、自動車をクリーニングしておきましょう。清掃しても、査定に影響するとは限りませんが、清潔な自動車であれば、査定士に好印象を与えられます。クリーニングだけではなく、消臭も大切です。

子どもやペットを乗せていた人は、入念に掃除、もしくは消臭しておきましょう。また、メンテナンスすることで、さらに好印象を与えることも可能です。

インプレッサの買取を依頼する時の注意点

買取を依頼する際は、ディーラー下取りは避け、査定前に、車検に出さなくても問題ありません。インプレッサの買取を依頼する時の注意点も取り上げていきましょう。

ディーラー下取りは避ける

自動車を売却する際、ディーラーの下取りという手段がありますが、ディーラーは、新車の販売に力を入れており、中古車に詳しいとは断言できません。また、転売目的で自動車を引き取っているわけでもありません。そのため、買取額アップは期待できないでしょう

時間や手間がかからないため、すぐに手続きできるメリットはありますが、高値査定額を目指す人は、買取業者がおすすめです。買取業者であれば、中古車、もしくは中古車マーケットに詳しく、しっかりと自動車を査定し、金額を出してくれます。

個人売買で自動車を売る方法もありますが、ハイリスクのため、買取業者に依頼して、安心・安全な取引を行いましょう。もちろん、業者選びは非常に重要なため、ホームページで特徴などを確認しておいてください。

わざわざ車検を通す必要はなし

自動車を持っている人は、定期的に車検を受ける必要があります。車検にはさまざまな費用がかかり、車の状態や年式などによっては、高額になることも珍しくありません。査定前に車検を受けても、車検費用分、上乗せされるとは限りませんので、わざわざ車検を通す必要はないでしょう

修理も同様に、キズやへこみを修理したとしても、その費用分、査定額がアップするわけではありません。内装外装の掃除はしておくものの、修理はしなくても構いません。できるだけ自己負担を減らすことで、お得に自動車を売却できるでしょう。

インプレッサを高く買い取ってくれる業者は

業者を選んでいる際、輸出販路の有無をチェックしましょう。輸出の販路を持っている業者であれば、高値で買い取ってくれる可能性があります。また、自動車の状態次第では、中古買取業者ではなく、廃車買取業者を選びましょう。インプレッサを高く買い取ってくれる業者について詳しく解説します。

輸出の販路を持っている業者

インプレッサは、国内で非常に人気が高く、海外でも需要のある自動車です。だからこそ、海外販売ルートを持っている会社であれば、高値査定を目指せるでしょう

輸出販路の有無は、各業者のホームページを確認しましょう。ホームページには、他にも、業者のサービスや特徴が記載されていますので、よく読んでおくことをおすすめします。

インプレッサの買取はカーネクストがおすすめ

中古買取業者だけではなく、廃車買取業者に自動車を売ることも可能です。中でも、カーネクストはおすすめです。カーネクストは、古い自動車、多走行車、故障して動かない自動車、車検の切れている車など、どんな自動車でも引き取ってくれる業者です。

さらに、0円以上の買取保証サービスも行っています。なぜ、0円以上の買取保証を実現できているのかといえば、グローバルに広がる販路を持ち、パーツの再利用なども行っているため、金額を出せるからです。車の状態や車種次第では、高値査定も夢ではありません。

他にも、自動車の解体費用、引き取り手数料、廃車手続き代行費用、全国に対応しているレッカー代など、廃車に関連する費用は無料です。こうした費用は、ディーラーなどであれば、数万円かかってしまう時もあります。

カーネクストを利用する際は、専用フォームに車種、メーカー、電話番号、氏名などを入力するだけの無料査定を行いましょう。急いで売却したい人は、フリーコールを使用して、専門スタッフに相談することをおすすめします。

参考:カーネクスト

インプレッサの高価買取を目指そう

スバルのインプレッサは、グレード、走行距離、年式によって買取査定相場が異なりますが、複数の買取店に価格を競わせ、車内の清掃・メンテナンスをしておけば、高く売却することも夢ではありません。

買取を依頼する時の注意ポイントは、高い査定額を目指せないため、ディーラーの下取りは避けることです。車検や修理も対応する必要はありません。買取してくれる業者はさまざまありますので、しっかりと調べてから、インプレッサを査定に出しましょう