スバルのレヴォーグの買取査定相場|高く売るためのコツも紹介

2014年に販売したスバルのレヴォーグは、スタイリッシュなデザインに、広々とした収納スペースを備えている自動車です。新しい年式の車が多いからこそ、それほど中古車市場に流通していません。これは、高い買取価格が期待できるともいえます。

このページでは、そんなレヴォーグのグレード別、年式別買取査定相場を紹介します。高く売却するコツや買取を依頼する時の注意ポイントも取り上げますので、現在乗っているレヴォーグを手放したい人は、お役立てください。

レヴォーグのグレード別買取査定相場

レヴォーグには、1.6GTアイサイト、1.6GT-Sアイサイトという種類があります。それぞれの買取査定相場を見ていきましょう。

1.6GTアイサイトの場合

1.6GTアイサイトは、走行距離1万kmで約198万円、9万kmで約165万円です。ほとんど走っていない自動車であれば、さらに高い買取査定を狙えます。

2018年式 買取価格
1万km 約198万円
3万km 約188万円
5万km 約177万円
7万km 約170万円
9万km 約165万円

1.6GT-Sアイサイトの場合

1.6GT-Sアイサイトは、走行距離1万kmで約218万円、9万kmで約182万円です。1.6GT-Sアイサイトであれば、200万円前後の買取査定相場になると認識しておきましょう。

2018年式 買取価格
1万km 約218万円
3万km 約206万円
5万km 約195万円
7万km 約187万円
9万km 約182万円

レヴォーグ年式別買取査定相場

2018年発売と2017年発売で、どれぐらい買取査定相場が異なるのでしょうか。詳しく年式別の買取査定相場を見ていきましょう。

2018年発売の初代改良モデルの場合

2018年式のレヴォーグは、約259万円~408万円の中古車価格相場です。買取査定相場は、約237万円~290万円にもなるため、高値で売れる可能性があるでしょう。基本的に自動車は、新しい年式であれば、高値査定を目指せます。

2017年発売の初代改良モデルの場合

2017年式のレヴォーグの買取査定相場は、約167万円~301万円です。つまり、300万円オーバーを目指せる年式です。中古車価格相場は、約179万円~362万円程度になるでしょう。

2015年式の買取査定相場は200万円を下回り、2014年式であれば、100万円を切る時もあります。高値買取査定を目指している人は、早めに売却するようにしましょう。

レヴォーグを高く売却するコツ

レヴォーグを高く売るためには、査定前にしっかりとメンテナンスすることをおすすめします。また、プラスになる要素をアピールすることも重要です。

しっかりとメンテナンスをしてよい状態にしておく

レヴォーグは、発売されたばかりであり、燃費の良さに定評のある自動車です。そのため、査定する際は、エンジンの状態、あるいは走行している距離をチェックされます。

しっかりとメンテナンスを行い、オイルを交換し、よい状態に維持しておけば、高値査定を目指せるでしょう。走行距離に関しては、少なければ少ないほど、プラス査定です。

また、車内・車外に汚れや臭いがついている場合は、クリーニングしたり、消臭剤を使って臭い対策しておきましょう。そうすれば、よい印象を与えられる可能性が高まります。

プラスになるポイントは積極的にアピール

レヴォーグには人気グレード、カラー、装備があります。

  • グレード:特別仕様車、2.0GT-Sアイサイト、1.6GT-Sアイサイト など
  • ボディカラー:ブラック、ホワイト など
  • 装備品:ナビ、サンルーフ、本革シート、純正エアロパーツ、純正アルミホイール など

ブルーグレーも人気のあるカラーですが、ブラック、ホワイトに比べると、そこまで高値になりません。グレーや赤も、同様です。装備は、純正ではなくても、プラス査定される可能性があります。いずれにせよ、こうしたプラスになる要素は、査定時にしっかりアピールしましょう。

レヴォーグの買取を依頼する時の注意点

買取を依頼する際は、古い年式の場合、早めに売却することをおすすめします。それだけではなく、価格が下落する前に手放すために、モデルチェンジの情報もチェックしましょう。こうしたレヴォーグの買取を依頼する時の注意点を見ていきましょう。

2016年以前のモデルは早めの売却を

2014年から2016年までに販売されたレヴォーグは、アイサイトを搭載していません。そのため、買取査定相場は、下降気味です。

さらに価格が落ちてしまう場合は、売る人も増加してしまし、それがさらなる安値につながるリスクもあります。2016年以前のモデルを乗っている人は、できるだけ早めに売却して、価格下落を回避しましょう。走行距離であれば、5万kmを超えると、価格が落ちやすい傾向にあります。

フルモデルチェンジの情報をチェック

レヴォーグは、他の自動車に比べれば、新しい車種です。そのため、不安定な買取相場になっておらず、売りやすい自動車ともいえます。

しかしながら、フルモデルチェンジした新型モデルがリリースされた場合、昔のモデルは、価格下落する可能性を秘めています。だからこそ、スバルからフルモデルチェンジのニュースは出ていないのか、随時確認するようにしましょう。

レヴォーグを高く買い取ってくれる業者は

自動車の売却方法は、さまざまあります。ディーラー下取り、買取業者への依頼、個人売買などの種類があり、もっともおすすめできるのは、買取業者への依頼です。だからこそ、業者選びは、非常に重要です。どんな業者がレヴォーグを高く買い取ってくれるのか、詳しく見ていきましょう。

輸出の販路を持っている業者

レヴォーグは、国内だけではなく、海外でも人気があります。そのため、海外販売ルートを持っている買取業者であれば、高値査定も夢ではありません。業者のホームページなどをチェックすれば、海外販売ルートの有無はわかります。

中古買取業者は、大手チェーンの店舗、一部の自動車のみの受付している買取店など、さまざまな種類があります。どの業者も中古車に非常に詳しく、正確に計算してくれますので、高値査定を目指せるでしょう。中でも、輸出の販路を持っている業者はおすすめです。

ディーラー下取りという売り方もあります。しかしながら、ディーラーは新車に関しては詳しいものの、中古車、あるいは中古車市場について詳しくない可能性があり、転売目的で自動車を引き取っているわけでもありません。だからこそ、どうしても高値査定を期待できません。

ネットオークションなどの個人売買という手段であれば、よりハイリターンを目指せるでしょう。しかし、引き渡し時や交渉時などにトラブルが起きても、自分で解決しなければなりません。つまり、ハイリスクであり、安全な自動車取引とはいえません。

ディーラー下取りは、買取に手間がかかりませんので、急いで売りたい人にはおすすめです。中古買取業者では引き取ってくれそうにない自動車を所持している人は、廃車買取業者を選びましょう。

レヴォーグの買取はカーネクストがおすすめ

廃車買取業者でおすすめなのは、カーネクストです。カーネクストは、グローバルに広がる販路を持ち、パーツごとの再利用などを行っているため、0円以上の買取保証サービスを実現している業者です。しかも、車種や自動車状態によっては、他社と10万円以上差がつくケースもあります。

また、故障している自動車、全く動かない車、車検切れの自動車、年式が古すぎる自動車、走行距離が多すぎる車など、どのような状態の車でも買取対象にしているところも魅力です。

さらに、他業者やディーラーなどであれば数万円かかってしまう廃車に関連する費用も、カーネクストでは取られません。具体的には、面倒な廃車手続きの代行費用、自動車の解体費用、日本全国対応のレッカー費用、車の引取り手数料などは無料サービスです。自動車税の還付金手続き代行も行っています。

無料査定サービスもあり、車種、メーカー、電話番号、氏名などを専用フォームに入力するだけで、簡単に申し込みできます。わからないことがある人、急いで売りたい人は、年中無休のフリーコールで、専門スタッフに相談しましょう。そんなメリットばかりのカーネクストで、損することなく自動車を売却しませんか。

参考:カーネクスト

レヴォーグの高価買取を目指そう

スバルのレヴォーグは、2014年に販売された新しい自動車です。グレード、年式、走行距離によって、買取査定相場は異なりますが、新しい車だからこそ、安定した価格になっています。300万円オーバーを目指せる年式もあるでしょう。

そんなレヴォーグを高く売却するためには、しっかりとメンテナンスをしてよい状態にしておくことが重要です。オイル交換などは、対応しておきましょう。他にも、グレード、カラー、装備など、プラスになるポイントは積極的にアピールすることも大切です。

レヴォーグの買取を依頼する際の注意ポイントは、2016年以前のモデルは早めに売却し、フルモデルチェンジの情報をチェックすることです。基本的に自動車は、日に日に価値を落としてしまうため、売ろうと思った瞬間に、売却を進めた方がよいでしょう。買取査定相場や売るコツについて理解を深めて、レヴォーグの高価買取を目指しませんか