カローラフィールダーで人気のグレードと歴代モデルについて


廃車するならカーネクストがおすすめ

カローラフィールダーはトヨタから2000年8月にリリースされた、伝統ある「カローラシリーズ」の流れを汲む派生モデルです。

カローラフィールダーは、日本国内の自家用車としてはスタンダードとされていたバンタイプのモデルをあえてベースとして採用せず、ヨーロッパ諸国で標準となっているゆとりのあるワゴンスタイルを採っているところにその特徴があります。

緻密なギミックによって安定した走行性と燃費性能、そしてファッショナブルなデザイン性が両立されたカローラフィールダーはリリース当初から話題となり、現在では何と世界140カ国以上の国々で幅広く親しまれる人気車種となっています。

カローラフィールダーの人気が高い理由

カローラフィールダーはまず、これまでの車種と比べてギミックが違います。カローラフィールダーに標準搭載されているギミックを把握しつつ、世界各国で人気となっている秘訣について見ていきましょう。

ファッショナブルなボディスタイル

実際の写真を見てもおわかりいただけるかと思いますが、カローラフィールダーの場合、従来の国産車とはひと味違うフォルムに最大の特徴があります

それまで標準とされていたすっきりとしたバンタイプをあえて採用せず、ヨーロッパ諸国のスタンダードを採用することによって高級感と空間的なゆとりを演出し、くつろぎの時間を作り出すことに成功しています。

バンタイプから脱却した理由として、「それまでの国産車の常識をいったん覆し、差別化をはかりたかった」という点が挙げられます。

高い燃費性能

カローラフィールダーの気になる燃費性能は、ハイブリッドモデルではJC08モードで最大34.4km/L、ガソリンモデルでも23.0km/Lと、他の車種と比較してもかなり高い水準をキープしています。

さらに、カローラフィールダーではハイブリッドシステムにおいて「THSII」というギミックを採用し、モーター単体での走行を実現しているため、夜間の静まり返った住宅街でも周囲に迷惑になることがありません。

また、ガソリンモデルであっても、アトキンソンサイクルなどに置換し、アイドリングストップ機能と融合させることによって安定した燃費性能を実現しています。

広々とした室内空間

カローラフィールダーの内装は、外装以上に広々と確保されています。まず、運転席後方はかなりのびのびとした室内空間となっており、大人5人がゆとりをもって長時間快適に乗車できるドライブ空間となっています。

さらに、ラゲッジスペースもまた広々とした空間となっており、何と、後部座席をフラットにしない状態でもゴルフバッグを4つも積み込むことができます。後部座席の一部をフラットにする分割モードではサーフボードなどのかさばる荷物も楽々で載せることができますのでレジャーにも最適です。後部座席をすべて倒すフルフラットモードでは自転車を2台も積み込むことができ、大人数での長時間移動にも安心して活用することができます。

運転席のギミックも充実。ハイブリッドモデルではブルーの文字盤が光沢充分で、メッキリングが大人の高級感をよりいっそう引き立ててくれます。

現行モデルは安全を強く意識

今現在リリースされているカローラフィールダーの最新モデルは全体のデザイン性はもちろんのこと、日常の安全性にもしっかりと配慮されたつくりとなっています。

まず気になるのが「踏み間違え防止システム」。ここ数年、高齢ドライバーを中心としたアクセル、ブレーキの踏み間違えが深刻な社会問題となっていますが、カローラフィールダーであればアクセルとブレーキを仮に踏み間違えたとしてもコンピュータ制御によってリセットしてくれるため、大事故につながるリスクが軽減されます。

さらに、標準搭載されたレーザーレーダーによって車の接近を検知し、万一の衝突事故のリスクを引き下げてくれます。

初心者にも優しく配慮された走行性能で、運転席からの視界も良好。車体そのものも非常にコンパクトですので取りまわしもしやすく、かぎられたスペースでも安全にUターンや車庫入れができます。

カローラフィールダーで人気の高いグレード

ここからは、カローラフィールダーの中でも特に人気の高いグレードについて具体的にお伝えしていきます。

充実装備のハイブリッドG

初心者向きの装備でカローラフィールダーを選ぶなら、こちらのハイブリッドGモデルが断然おすすめです。セーフティセンス、オートエアコンなど安全な運転に必須となる標準装備が充実しているため、週末しか本格的に運転をする機会がない、という初心者の方にとっても比較的ハードルの低いモデルといえるかもしれません。

コスパの高いハイブリッド

やや低い予算で購入を考えている方におすすめなのがこちらのモデルです。ハイブリッドモデルのベースグレードという位置づけになっており、セーフティセンスCが標準搭載されていない分だけ10万円ほど基本価格が引き下げられています。

豪華な内装が魅力の1.8W×B

カローラシリーズに長年親しんでおり、より野性的でパワフルなドライブを楽しみたいという方にはこちらのモデルがおすすめです。

外装も内装もベースグレード以上にラグジュアリーになっており、そのうえ、快適なドライブにおいて必須となる便利な標準装備がすべてそろっているという、最高級クラスのパワフルグレードとなっています。

カローラフィールダーで人気の高いボディカラー

カローラフィールダーの見た目によりいっそうこだわりたいという方はまず、カラーバリエーションから考えてみるのも面白いかもしれません。


どんな車でも0円以上買取保証!廃車するならカーネクスト

これまでリリースされたカラーバリエーションのなかで最も人気が高いのはやはり、重厚感と光沢感あふれるブラックマイカです。漆黒のブラックマイカは遠目から見ても充分にスタイリッシュで、なおかつフォルム全体も無駄のないつくりですので、走りとともにデザイン性を思いきり追求したいプロ志向の男性には特におすすめです。

重厚感のブラックマイカと同様、清潔感と透明感があふれるスーパーホワイトモデルを安定した人気をキープしており、ランキングでもつねに上位に食い込んでいます。

カローラフィールダーの人気を象徴する歴代モデル

最新モデルの魅力についてしっかりと理解していただいたところで、ここからはカローラフィールダーの人気を支えてきた歴代モデルについて御紹介していきましょう。

商業車のイメージを払拭した初代カローラフィールダー

カローラの流れをくむ5ナンバーサイズのステーションワゴンとして2000年に登場したモデルであり、従来の商業車のイメージを払拭した質感の高いボディデザインを採用しているところに最大の特徴があります。

使い勝手の良さを高めた2代目カローラフィールダー

「ワンタッチ格納リヤシート」の採用などによって使い勝手のよさを向上させた2代目モデル。カローラシリーズが長年追求してきた大人っぽいデザイン性とともに、エンドユーザーにとっての利便性と安全性を極限まで高めた仕様となっています。

生産台数世界1の3代目カローラフィールダー

3代目カローラフィールダーのコンセプトは原点回帰。カローラ本来の原点を見直し、「大人4人が、安心・安全、快適に長距離を移動できるミニマムサイズのクルマ」をテーマに機能性と快適性を両立させたモデルとなっています。車名別生産台数で世界1になったこともあるほどの人気モデルとなっています。

人気の高いカローラフィールダーをお得に購入するには

今や、日本ばかりでなく世界各国で人気となっているカローラフィールダー。「今すぐにでも購入して乗りこなしたいけれど、予算的にちょっと不安がある」という方も多いかと思われます。

そうした方々のために、人気車種であるカローラフィールダーを少しでもお得に購入するためのポイントについて詳しくお伝えしていきます。

現在乗っている車を買取に出す

すでに自家用車をお持ちの方であれば、古い車のほうを下取りに出すことによって実質的にカローラフィールダーを安い価格で購入することができます。

自家用車に乗っている人にとって、自分の自家用車がいくらで売れるか、ということはぜひとも知りたいところですよね。結論から言うと、自家用車の買取相場は(あってないようなもの)なのです。

車体の年式やフレームの形状、売却の時期などによって価格が大きく変動するため、固定された相場が存在しないという特徴があります。自家用車は乗用車などと違い流通台数が少なく、買取データそのものがあまり蓄積されていない、という点も理由のひとつに挙げられます。長年乗った自家用車を少しでも高く売りたいのなら、専門業者に依頼することをおすすめします

一般的な中古車取扱店でも売ることは可能ですが、専門知識をもつスタッフがいない場合が多いため、店側に都合のいい値段で買いたたかれてしまう場合がよくあります。その点、自家用車の買取に特化した専門業者ならスタッフの知識も豊富ですし、ノウハウも充分に蓄積されています。販売ルートの多さも専門業者の強みのひとつです。

中古自家用車は日本国内での需要が少なく、それが買取敬遠の理由ともなっているのですが、海外に目を向ければニーズはまだまだあるのです。

専門業者は海外にも幅広い販売ルートを確保しているので、ある程度高い売り値をつけることができるのです。いくつかの査定サイトを利用したうえで、愛する自家用車を高く売ってあげましょう。

査定時の注意点

自家用車買取に相場がないといっても、最低限の常識や買取ルールは、もちろんあります。第一に、極端に汚れている自家用車はNGです。長年乗ったものですから、ある程度のキズや汚れは仕方ないとしても、運転席のホコリやフロントガラスの黄ばみなど、「ほったらかしてきたんだろうな」とわかるようなものはNGです。

どうせ売るのだから、ではなく、愛車に最後のお礼をするつもりで、売る前には最低限の手入れをしてあげましょう。普段からこまめに洗車などをしていれば、あらためて念入りに手を入れる必要もありません。自家用車を高く売りたいなら、いま挙げたNGの反対のことをすればいいわけです。

つまり、日頃からこまめに車体を洗う。ボディに無意味なキズをつけない。車内をなるべく清潔に保つ。誰もが当たり前と思えることに気をつければ、納得できる売り値はつくものです。

すぐにでも手放したいからと、たまたま見つかった業者に即買取を依頼するのもNG。買取の知識やノウハウは業者によってさまざまです。ネットや雑誌の広告などで複数の業者を比較したうえで、満足できるところを選びましょう

買取はカーネクストを利用するのがおすすめ

中古車の買取を依頼するのであれば、カーネクストの利用をおすすめします。カーネクストの中古車買取であれば0円以上の査定価格が保障されますし、なおかつレッカー、書類代行、査定までをすべて無料で行ってもらえますので断然お得です。

カーネクストは買取業者としては大手ですので世界各国に販路が拡大しており、大切な愛車をより高い価格で手放すことができます。

【導入リンク:カーネクスト

車を売ってカローラフィールダーをお得に購入しよう

日本ばかりでなく、世界各国で幅広く親しまれているトヨタのカローラフィールダー。リリース以来何度もモデルチェンジを繰り返しつつ、時代とともに機能やデザインを絶えず進化させています。

乗り換えの際には下取りがお得ですので、ユーザー目線に立ったカーネクストを利用し、大切な愛車を少しでも高い価格で売ってカローラフィールダーを手に入れましょう。


どんな車でもOK!0円以上買取保証!