トヨタアルファードで人気のグレードと歴代モデルについて解説

2002年に初代モデルがリリースされ、「高級ミニバン」として知られているアルファードは、豪華なエクステリアとインテリア、確かな走行性能など、さまざまな魅力を持った車です。もちろん、中古車市場でも見つけられます。

この記事では、アルファードの購入を検討している人に向けて、アルファードについてさまざまな角度から解説していきましょう。お得に購入する方法も紹介しますので、できるだけ安値で入手したい人なども、参考にしてください。

アルファードの人気が高い理由

なぜアルファードが多くの人から支持を集めているのかと言えば、装備が豪華であり、安定した走行性能を持っているからです。詳しくアルファードの人気が高い理由を取り上げていきましょう。

高級感溢れる豪華な装備

迫力のあるフロントフェイスに、LEDヘッドランプなど、高級感のあるエクステリアは、街中で走れば、存在感抜群です。サイズ感も素材も優れているシート、さまざまな使い方ができる助手席スーパーロングスライドシート、大きな収納スペースなど、インテリアも申し分ありません。もちろん、高級感あふれるデザインです。

T-Connect SDナビゲーションシステムという最新ナビもつき、パーキングサポートブレーキ、SRSエアバッグシステム、自動ブレーキ、ハンドル操作サポート、自動ハイビームなど、安全整備もたくさん搭載している自動車です。贅沢な自動車に乗りたい人には、おすすめの車種と言えるでしょう。

安定した走行性能

「V6 3.5L 2GR-FKS Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)エンジン」と「ハイブリッドシステム」によって、パワフルな走行性でありながら、燃費性も悪くありません。静粛性にも優れており、車高が低く、安定した走行を実現できる自動車です。

「インテリジェントパーキングアシスト2」によって、難しい駐車も、しっかりとサポートしてくれます。また、静かに走れるEVドライブモードとエコドライブモードに設定することも可能です。

中古車市場での需要も高い

昔から販売されている車であり、豪華装備と安定した走行性能を持っている自動車だからこそ、中古車市場でもたくさん流通し、人気を集めています。

人気自動車は、型落ちであっても、値落ちしない傾向にあり、売ることになった際は、高値で取引できるでしょう。そのため、所有していることに、デメリットが少ない自動車とも言えます。

アルファードで人気の高いグレード

アルファードの人気グレードは、S”Aパッケージ”、もしくはX/HYBRID X、あるいは、GFです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

【一番人気】ファミリー層に人気のS”Aパッケージ”

7人乗りのS”Aパッケージ”は、エアロモデルのベースグレードであるSグレードを基にして、ハイグレードなコンソールボックスに変更された自動車です。

それだけではなく、撥水加工や助手席スーパーロングスライドシートなどが標準装備となり、長距離移動可能なスライドシートが非常に使いやすく、ファミリー層から支持を集めています。

ベースグレードのX/HYBRID X

X/HYBRID Xは、8人乗りの自動車です。そしてXグレードは、アルファードの中で、もっとも安値です。16インチアルミホイール、LEDヘッドランプ、インストルメントパネル、オプティトロンメーター、4本スポークステアリングホイールなどの装備があり、他グレードのように、装備面も充実しています。

  • ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク
  • ブラック
  • スティールブロンドメタリック
  • グラファイトメタリック
  • ホワイトパールクリスタルシャイン

こうしたボディカラーから選べ、できるだけ安値でアルファードを購入したい人におすすめです。

豪快な走りが楽しめるGF

GFグレードは、「3.5L V6エンジン」を搭載しているガソリン車であり、Gグレードよりも、装備面を充実させた自動車です。本革シート、大型ハイグレードコンソールボックスなどが標準装備になっており、豪快な走行性も魅力の車です。

アルファードで人気の高いボディカラー

アルファードの人気カラーは、上品なホワイトパールクリスタルシャインです。次に人気が高いのは、ブラックで、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、パークリングブラックパールクリスタルシャインと続き、黒系、白系に人気が集中しています。

シルバー系のスティールブロンドメタリック、個性的なグラファイトメタリック、赤系のダークレッドマイカメタリックなども人気があります。さまざまなカラーがありますので、自分の好きな色を選ぶようにしましょう。

アルファードの人気を象徴する歴代モデル

2002年~2008年の初代、2008年~2015年の2代目、2015年以降の3代目によって、特徴が異なるのでしょうか。詳しくアルファードの人気を象徴する歴代モデルについて紹介します。

日本の和の豪華さを追求した初代アルファード

初代アルファードは、2002年に発売され、3.0L V型6気筒エンジン、2.4L 直列4気筒型エンジン、FF駆動、ビスカスカップリング式フルタイム4WD駆動というバリエーションがあります。コンセプトは、ダイナミック&ホスピタリティであり、「日本の和」を追求した車です。

初代の中で人気が高いモデルは、2007年6月モデルのアルファードG MZ Gエディションです。

ボディサイズ 全長4840×全幅1805×全高1935mm
乗車人数 7名
エンジンタイプ 1MZ-FE型 3.0L V型6気筒DOHC 
排気量 2994cc
最高出力 220ps(162kW)/5800rpm
車両重量 1910kg
10・15モード燃費 8.9km/L

ツインムーンルーフ、デュアルパワースライドドア、本革シート、パワーバックドアといった装備がついており、安全性能も申し分ありません。だからこそ、人気の高いグレードとして評価されています。

上品と洗練がコンセプトの2代目アルファード

2代目アルファードは、2008年~2015年に発売され、横長のメッキグリルを採用し、上品なデザインに変わった自動車です。「7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付きSuper CVT-i」によって、今まで以上にアクティブな走行も実現可能です。

2代目アルファードでもっとも人気のあるグレードは、2014年4月モデルの240SCパッケージです。

ボディサイズ 全長4885×全幅1840×全高1900mm
乗車人数 7名
エンジンタイプ 2AZ-FE型 2.4L 直列4気筒DOHC 
排気量 2362cc
最高出力 170ps(125kW)/6000rpm
車両重量 1940kg
10・15モード燃費 11.6km/L

240SCパッケージは、安定した走行性と豪華装備のついた車として知られています。

  • 18インチの偏平タイヤ
  • 専用エアロパーツ
  • 運転席8way、助手席4wayのパワーシート
  • パワースライド&リクライニング機能付きキャプテンシート
  • ディスチャージヘッドランプ
  • 黒木目調パネル など

こうした装備がつき、フォルムも迫力があり、多くの人から支持を集めています。

大空間高級サルーンの先駆車を目指す3代目アルファード

2015年以降の3代目は、豪華なボディデザインであり、エンジンには、アイドリングストップ機能、7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付きSuper CVT-iもあり、燃費性が悪くありません。ダブルウィッシュボーンリアサスペンションによって、乗り心地も快適です。

2015年1月モデルの3.5GFは、3代目アルファードの中でも非常に人気があります。

ボディサイズ 全長4915×全幅1850×全高1880mm
乗車人数 7名
エンジンタイプ 2GR-FE型 3.5L V型6気筒DOHC
排気量 3456cc
最高出力 280ps(206kW)/6200rpm
車両重量 2070kg
JC08モード燃費 9.5km/L

本革シート、パワースライド&リクライニング機能付きシートなどがあり、贅沢な車内空間も魅力です。

  • T-Connect SDナビゲーションシステム
  • ツインムーンルーフ
  • リアシートエンターテイメントシステム
  • レーダークルーズコントロール など

こうしたオプションも人気があります。

人気の高いアルファードをお得に購入するには

人気のあるアルファードをできるだけ安値で買うためには、現在乗っている自動車を買取に出すことです。そうすれば、新しい自動車のための元手が増えます。車の状態次第では、中古車買取業者ではなく、廃車買取業者を選びましょう。

現在乗っている車を買取に出す

今乗っている自動車を売り、アルファードを入手するための元手を増やしましょう。買取業者によって、査定額や保証サービスなどが異なるため、しっかりと調べてから選ぶことをおすすめします。正確な査定額を出してくれる中古買取業者であれば、高額査定も夢ではありません。

ディーラーの下取りは、手間や時間をかけることなく、現在乗っている車を手放せるメリットがあります。しかし、新車をメインに取り扱い、転売目的で車を引き取る業者ではないため、中古車について詳しいとはいえません。だからこそ、高額買取は難しいです。

買取業者を選ぶコツは、輸出できるルートを持っているかどうかを調べることです。グローバルに広がる販路を持っている業者は、自動車を輸出できるため、高額査定を目指せます。サービス内容が充実している業者や査定士の対応がよい業者も、損するリスクを避けられるでしょう。

買取はカーネクストを利用するのがおすすめ

買取依頼する業者の中でおすすめなのは、廃車買取業者のカーネクストです。

  • 今乗っている車をできるだけ高額で売りたい
  • 10万km以上乗っているので売れるのか心配
  • 10年以上前の自動車を所有している
  • 廃車の手続きが面倒だ
  • 故障した車を動かせなくて困っている

こうした希望や悩みを持っている人に、特におすすめです。なぜならカーネクストは、走行距離が多すぎる車、まったく動かない自動車、故障している車、車検切れしている自動車、年式が古すぎる車など、どんな状態の自動車でも買取対象にし、0円以上の買取保証サービスもあるからです。

0円以上の買取保証は、グローバルに広がる販路を持ち、パーツごとの再利用をしているからこそ、実現しているサービスです。さらに、無料査定では、車種や状態によっては、別の業者と10万円以上差がつくケースもあるでしょう。

査定依頼も、専用フォームにメーカー、車種、電話番号、氏名などを入力するだけなので、非常に簡単です。また、年中無休のフリーコールで、専門スタッフに相談することも可能です。

さらにカーネクストでは、車の引き取り手数料や自動車の解体費用、廃車代行手続き費用、全国対応のレッカー費用など、廃車に関わる費用も取られません。

導入リンク:カーネクスト

車を売ってアルファードをお得に購入しよう

トヨタのアルファードは、安定した走行性能や高級感溢れる豪華な装備を持ち、中古車市場での需要も高い人気自動車です。S”Aパッケージ”、X/HYBRID X、GFといったグレードは特に人気があり、ブラック系、ホワイト系のボディカラーも多くの人から支持を集めています。

2002年~2008年の初代、2008年~2015年の2代目、2015年以降の3代目でエンジン性能やデザインなどに変更があり、新しいモデルであれば、より快適なドライブを目指せるでしょう。できるだけ安値で購入したい人は、中古車で旧式モデルを選んでみてはいかがでしょうか。

現在乗っている自動車を売却し、元手を増やせば、アルファードをお得に購入できます。豪華なエクステリア・インテリアのアルファードを手に入れて、贅沢なカーライフを満喫しませんか。