イプサムに乗っている人の口コミ評価と欠点について詳しく解説

ホンダ・オデッセイのライバルにあたるトヨタのイプサムは、13年間も販売されていた自動車です。中古車も人気があり、幅広い世代から支持を集めています。そんなイプサムを買う前は、口コミ評価をチェックして、どんな自動車なのか理解を深めておきましょう。

このページでは、イプサムに乗っている人の口コミ評価だけでなく、自動車の特徴やおすすめグレード、口コミからわかる欠点など、さまざまな角度から解説します。イプサムの購入を検討している人などは、参考にしてください。

イプサムの特徴

トヨタのイプサムは、街乗りであれば不満の少ない自動車で、収納スペースが充実していることも魅力です。こうしたイプサムの特徴を詳しく見ていきましょう。

実用領域のドライビングフィール

滑らかな走り出しのイプサムは静粛性にも優れ、普段使いであれば乗り心地に不満を覚えないでしょう。初代イプサムは、排気量2.0Lガソリンエンジン・2.2Lディーゼルターボエンジンでしたが、2代目からは排気量2.4Lになり、サイズも大きくなりました。

マイナーチェンジも行われましたが、2001年までの初代と2009年までの2代目までで、販売終了している自動車です。

年式 初代(1996年~2001年) 2代目(2001年~2009年)
燃費 10.8~13.2km/L(0・15モード燃費)
大きさ 全長4,530mm、全幅:1,695mm、全高1,620mm 全長4,690mm、全幅1,760mm、全高1,660mm
重さ 1,400kg 1,490kg
総排気量 1,998cc 2,362cc
トランスミッション 4AT 4AT
特徴 ベンチシートタイプのサードシート 7:3倒立のアレンジシート

歩行者傷害軽減ボディなど、安全装備も整い、快適なカーライフを満喫できます。

収納スペースが充実している

イプサムは、車内が広々としているだけではなく、床下アンダーボックスに収納スペースがあり、たくさん荷物を乗せられます。座席の2列目を畳むことで、さらに広い室内空間を作れるでしょう。

このような収納スペースが充実していることも、イプサムの特徴です。荷物を大量に乗せる機会が多い人や、窮屈な自動車に乗りたくない人におすすめです。

イプサムのおすすめ人気グレード

イプサムの中でおすすめのグレードは、充実した装備のUと特別仕様のスペシャルバージョンです。それぞれの特徴を解説していきましょう。

装備が充実しているU

Uグレードは下記の通り、イプサムの中でも装備面が充実している自動車です。

  • ディスチャージヘッドランプ
  • フロントフォ
  • バックソナー
  • 本革巻きステアリングホイール

ほかにも「ステアシフトマチック」や「MD&CD一体型ラジオ+6スピーカー」を標準装備にしています。また、2003年のマイナーチェンジにより、ライトパープリッシュブルーマイカメタリック、ブルーマイカ、イエローマイカメタリック、ダークレッドマイカメタリックといった、新しい外板色が追加されました。いずれにせよ、装備面にこだわっている人は、Uグレードを選びましょう。

特別仕様のスペシャルバージョン

スペシャルバージョンという特別仕様のイプサムは、上品なエクステリアを魅力にしているグレードです。次のように、外装の専用装備が充実しています。

  • ルーフレール
  • 後席プライバシーガラス
  • ピンストライプテープ

ほかにも、木目調インストゥルメントパネル、オプティトロンメーター、専用シートなど、インテリアも充実していることが特徴です。

イプサムに乗っている人の口コミ評価

今イプサムに乗っている人は、エクステリア、車内の快適さ、走行性、燃費に対して、どのような評価を与えているのでしょうか。それぞれの口コミを見ていきましょう。

外観デザインに関する口コミ

イプサムのエクステリアデザインへの口コミは、以下の通り幅広くあります。

  • 見栄えのよい自動車
  • シンプルだからこそ幅広い世代に愛される
  • 高級感はないけれどシンプルで気に入っている
  • 重量感があって迫力満点
  • 車体にツヤがある
  • スポーティな雰囲気もある
  • 丸みのあるデザインが好き

上記からもわかりますが、外観デザインに関する口コミ評価は低くはなく、デザインにこだわりがある人でなければ、不満を覚えないエクステリアです。シンプルなデザインは飽きが来ないですし、長く乗り続けられるでしょう。

車内の快適さに関する口コミ

車内の快適さに関する口コミ評価は、次のように高い傾向にあります。

  • 簡単にシートアレンジできる
  • 広くて乗りやすい
  • ラゲッジスペースにたくさん荷物を積める
  • 座り心地も悪くない
  • 大人4人乗っても窮屈ではない
  • 天井も低くない
  • 木目調パネルによって贅沢さを感じる
  • 音も気にならない

広々としている自動車だからこそ大人数で乗れて、ラゲッジスペースも評価が高いです。

運転性能や走行性能に関する口コミ

運転性能や走行性能についての口コミ評価も、見ていきましょう。

  • 街乗りも高速も問題なし
  • パワフルな走行性がある
  • コーナリングも安定している
  • 視界が広く運転しやすい
  • 初心者でも運転しづらさを感じない
  • 取り回しも良い
  • 4WDで凍った道路も突破できる

運転のしやすさに対して、高評価している人は少なくありません。街乗りであれば、十分なパワーを持っている自動車なので、運転性能や走行性能に不満を抱くことはないでしょう。

実際の燃費に関する口コミ

自動車の燃費性能も、購入前のチェックポイントです。

  • 燃費の負担を感じたことはない
  • 昔の自動車と思えば悪くない
  • 冬場に燃費は落ちてしまう
  • 高速道路よりも街乗りの方が気になる
  • オイル交換などをしないとさらに燃費が悪くなる

上記の通り、実際の燃費に関する口コミ評価は、高いとはいえません。昔の自動車なので仕方ないといえますが、ガソリン代が気になる人には、おすすめできない車です。

イプサムの口コミからわかる欠点

イプサムは燃費が悪いだけではなく、年式によっては自動車税が重課されるときもあります。こうした口コミからわかる欠点を、詳しく見ていきましょう。

最新車と比較すると燃費が悪い

初代イプサムは発売当初、トップクラスの燃費性能を誇っていましたが、今流行りのミニバンと比べると、燃費がよいとはいえません。また人によっては、エンジン音が気になることもあるでしょう。実際、燃費が悪いという口コミは、少なくありません。

中古車市場では、数十万円で入手できますが、安さ以外を重視して車選びをしている人には、向いているとははいえません。

年式によっては自動車税が重課される

イプサムの古い年式は、2代目であっても13年経過しているため、自動車税がアップします。具体的には、15%の重課です。こうした「維持コストがかかってしまう」という指摘も少なくありません。

もちろん、新しい年式であれば自動車税はアップしませんが、トータルの維持コストを意識して、イプサムを選ぶようにしましょう。

イプサムをお得に購入するには

イプサムをできるだけ安く買う方法は、今乗っている自動車を買取に出すことです。そうすれば、新しい自動車のための費用が増えます。所持している車の状態によっては、普通の買取業者ではなく、廃車買取業者を選びましょう。こうしたイプサムをお得に購入する方法を詳しく解説します。

現在乗っている車を買取に出す

トヨタ車のイプサムを安く買うためには、今乗っている自動車を売りに出し、イプサムを入手するための資金を増やしましょう。自動車売買でのキーポイントになるのは、業者選びです。業者によって、保証内容や査定額などが異なるため、しっかりと選ぶ必要があります。

できるだけ高値で売却したい人は、中古買取業者を利用しましょう。そうすれば、正確な査定額を出してくれるため、高額査定も不可能ではありません。ディーラーの下取りは、新車をメインに取り扱い、転売目的で車を引き取る業者ではないため、中古車について詳しいとはいえません。

ゆえに、ディーラーの下取りでは、高額買取は難しいでしょう。しかし、手間や時間をかけることなく、今乗っている車を手放せるメリットはあります。ネットオークションなどの個人売買は、ハイリターンを期待できますが、それと同時にハイリスクのため、安全性を考慮して買取業者に依頼することをおすすめします。

買取業者の選び方のコツは、輸出できるルートを持っているかどうかをチェックすることです。海外に広がる販路を持っている業者は、自動車を輸出できるため、高額査定を期待できます。また、査定士の対応がよい業者やサービス内容が充実している業者も、お得に自動車を売却できるでしょう。

査定依頼する際は、ペットを乗せていない、タバコを吸っていないなど、プラスになるポイントを探し、しっかりとアピールすることで、査定額に影響を与えられます。また、査定前はよい印象を与えるために、自動車をしっかりとクリーニングすることも重要です。

カーネクストに買取を依頼する

廃車買取業者のカーネクストは、走行距離が多すぎる車、まったく動かない自動車、故障している車、車検切れしている自動車、年式が古すぎる車など、どんな状態の自動車でも買取対象にしています。さらに、グローバルに広がる販路を持ち、パーツごとの再利用をしているため、0円以上の買取保証サービスもあります。

査定依頼も費用を取られず、専用フォームにメーカー、車種、電話番号、氏名などを入力するだけで、あっという間に申し込み完了です。車種や状態によっては、他業者と10万円以上差がつくこともあります。

また、ディーラーなどほかの業者であれば、数万円かかってしまう廃車費用も無料です。具体的には、自動車の解体費用や廃車代行手続き費用、日本全国対応のレッカー費用、車の引き取り手数料などは取られません。年中無休のフリーコールもあるので、すぐに売却したい人は専門スタッフに相談してみてはいかがでしょう。

導入リンク:カーネクスト

車を売ってイプサムをお得に手に入れよう

イプサムは生産終了しているものの、今も根強い人気があります。ファミリカーとして愛されているだけでなく、収納スペースが充実しているため、アウトドアなどにも最適な自動車です。特別仕様のスペシャルバージョンなど、グレードによって装備などは異なりますが、どの車も車内が広々としており、運転しやすいでしょう。

外観デザインや乗り心地、走行性能に関する口コミ評価は、全体的に高いです。しかし、燃費に関しては低評価が目立ちます。さらに、年式次第では自動車税が重課され、維持コストが上がってしまう自動車でもあります。

こうした多少の欠点はありながらも、使い勝手のよいトヨタ車のイプサムを入手して、今まで以上にカーライフを楽しみませんか。