フォルクスワーゲン 「ティグアン」など約400台をリコール  燃料ホースに不具合

ティグアンリコール

フォルクスワーゲンは7月2日、「ティグアン」、「ゴルフ」等の燃料ホースに不具合があるとして、402台のリコールを国土交通省に届け出ました。
不具合の内容としては、燃料ホースにおいて、耐久性が不足しているものがあるため、早期劣化して亀裂が生じて、最悪の場合燃料が漏れるおそれがあるというものです。
リコール対象となる製作期間は車種によって異なり、下記の通りです。

「ティグアンTDI」:令和2年1月9日~令和2年5月14日
「ゴルフTDI」:令和元年11月21日~令和2年2月21日
「ゴルフヴァリアントTDI」:令和元年12月4日~令和2年2月21日
「ゴルフトゥーランTDI」:令和元年11月21日~令和2年2月21日
「シャランTDI」:令和元年12月9日~令和2年3月19日

現時点での不具合件数は0件、事故の件数は0件です。