中古ヴェルファイアの選び方を徹底解説|憧れの眼差しを受けよう

2008年にトヨタから発売されたヴェルファイアは、当時の人気だったフラッグミニバンのアルファード車の、二番手として市場に出ました。ヴェルファイアは、なんといってもフロントマスクが特徴的で、存在感溢れる印象が深く残ります。車内は居心地のよいシートでリラックスでき、誰もがまた乗りたいと感じるタイプということは、間違いないでしょう。

しかしヴェルファイアは、さまざまなモデルが発売されていて、どれがよいのかわからないという人もたくさんいます。そこで、中古で買うときのモデル別の相場で比較してみて、お気に入りのヴァルファイアを選びましょう。

ヴェルファイアの魅力と特徴

ヴェルファイアは大きなボディなのに、道路の追従性が優れているのでなめらかな走りとなり、いつでも快適な乗り心地を感じられることでしょう。そのほか、たくさんの魅力に溢れているヴァルファイアを知りつくしていきましょう。きっと、その魅力の虜になってしまうこと間違いなしです。



迫力のあるフロントマスク

アルファードと兄弟車のヴェルファイアの大きな違いは、外見でいうとフロントのデザインに違いがあるので、注目してみてください。「ちょいワルおやじ」がひと昔に流行りましたが、まさにそんな感じといえばわかるでしょうか。もし、すでにヴェルファイアを知っていたなら、「らしいな」と思わず口走ってしまうでしょう。

男性なら、一度は憧れる重圧な感じがあり、優越感を覚えるかもしれません。この迫力のあるフロントマスクは、多くのファンを魅了し続け、今ではアルフォードより人気が出ています。

アルファードより全長が長い

兄弟車アルファードと比較ばかりになりますが、グレードによってはヴェルファイアのほうが、車の全長を比べると15mm長くなっているグレードもあります。アルファードのグレードには「HYBRID Executive Lounge」「HYBRID G“Fパッケージ”」「HYBRID G」「HYBRID X」「Executive Lounge」「GF・G・X」がそれぞれあります。

ヴェルファイアの「HYBRID Executive Lounge」「HYBRID V“L EDITION”」「HYBRID V」「HYBRID X」「Executive Lounge」「VL・V・X」があり、全く同じサイズなのは1,850mmの全幅と、1,880mm~1,950mmの全高です。そして、全高はグレードによって高さが変わってくることが特徴です。

販売店はネッツ店

販売店に関しては、あまり気にしない人も多いかもしれませんが、アルファードと比較してみましょう。アルファードはトヨペット店ですが、ヴェルファイアはネッツ店という違いがあります。

トヨペットは、アルファードのほかにマークIIや、アルファードの弟車にあたるエクスフィアを取り扱っています。どちらかというと、年配の人に好まれることが特徴です。一方ネッツは、ピクシルやヴォクシーなどの軽自動車が多く、比較的若者に人気がある車が多いことが特徴的といえるでしょう。

手離すときにも高値で売れる

なんといっても、誰もが一度は乗りたいと思っているヴェルファイア。そのため、たとえ型落ちになってしまっても、高く売れるかもしれません。特に、ヴェルファイアはブランド力もあり、中古車でもまだ人気が根強いところがあります。

ヴェルファイアは、ネッツ店の間では最高価格という扱いを受けていて、世間一般的にも高級車というイメージもあります。そのため、「新車は手に入れられないけれど、中古なら、なんとか手が出せるかもしれない」という、希望と憧れが詰まっているのがヴェルファイアということでしょう。

2008年に登場したヴァルファイアのほうが、一般的なイメージとして、名前がかっこいいから欲しいという単純なことでも人気があります。さらには、兄弟車のアルフォードよりも人気が高く、中古でも少々高額にはなりますが、需要があるということなのです。

ヴェルファイアの中古車の価格の相場

ヴェルファイアは中古でも、高い値段で取引されているようです。中古車価格相場を、モデル別に見てみましょう。

ヴェルファイアの中古車価格

ヴェルファイアは、中古車市場に出回っている台数が非常に多く、グレードや年式、走行距離による価格の差が大きいことが特徴です。また、未使用車が多いため、最高価格が引き上げられていることも事実です。

ちなみに、2008年式や2009年式の場合、170万円未満の取り扱い数が一番多いです。しかし、2015年式以降は、350万円以上の中古車が最も多く市場に出回っています。

モデル別の価格の相場

「ガリバー・グーネット・カーセンサー」で売り出されている価格の平均はどのぐらいなのか、新車と中古で比較をしてみました。

ヴェルファイア 初代20系

新型が発売されたため、市場価値が緩やかに下がっている初代20系のヴェルファイアですが、表から見ても新車と比べて値段が下がっています。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 69.8万円〜488万円 約281万円
カーセンサー 69.8万円~399万円 約184万円

ヴェルファイア 二代目30系

依然として中古でも人気が高いので、差がそれほど大きく開いてはいません。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 319.8万円〜1514.1万円 約420万円
グーネット 349万円〜634.8万円 約453万円
カーセンサー 329万円〜1,950万円 約345万円

おすすめの中古ヴェルファイアのモデル

今までのような「ミニバン」といわれているファミリーカーとは違い、Zタイプは若者の間で大流行しています。そのZのグレードで、それぞれ比較してみましょう。

30系と比べ遜色のない20系

20系では2.4Lだったエンジンが、30系では2.5Lになっていますがほとんど変わらず、3.5Lのエンジンは同じです。30系と比べても遜色のない20系は、中古車価格が安くてお買い得です。

20系 30系
中古価格 129万円〜280万円 230万円〜330万円
新車価格 約335万円 約331万円
グレード・型式 2.4Z・ANH20W 2.5Z・AGH30W
定員 7名 7名
全長・全幅・全高・ホイールスペース・重量 4,885mm・1,840mm・1,900mm・2,950mm・1,890kg 4,950mm・1,850mm・1,880mm・3,000mm・1,960kg
エンジン形式 2AZ-FE 2AR-FE
最高出力 170ps・6,000rpm 182ps・6,000rpm
総排気量 2,362cc 2,493cc

旧型は、2008年に発売されてから2011年にマイナーチェンジを行い、2015年まで発売していたタイプです。これまでミニバンという形で捉えられてきましたが、その概念が一気にくつがえされて、ファンの間では喜び舞い上がった人も多かったようです。

実際、根強い人気があったからこそ、7年間もの間人々を魅了してきたのでしょう。そのため、この間の中古車はたくさんあり、手頃な価格で手に入ります。

コスト重視なら20系の前期

あなたがこの先も、ずっと長く乗りたいのであれば、少し予算を増やして走行距離が少なく、修理歴のない中古車を選ぶようにしよう。今であれば、20系の前期型が中古でたくさん出回っています。

しかし、少しでも長く乗りたいなら、走行距離などに気をつけたほうがよいでしょう。140万円〜200万円までなら、走行距離も10万km以下のものがあるので、今後を考えるとそちらのほうがおすすめということになります。

最新型が安く手に入る30系の未使用車

新車に比べて、納車が早くて価格も安い未使用車ですが、すぐに売れてしまう可能性もあります。未使用車の30系ヴェルファイアが、350万円前後で手に入る可能性があり、それを狙って常に中古車販売サイトをチェックしている人もいるようです。未使用車とはいえ、新車同様なので手に入れたいものですね。

業者別のヴェルファイアの中古車価格

ガリバー・カーセンサー・グーネットのヴェルファイア中古車価格を比較して、どれがよいのか検討してみましょう。タイプ別・年式・走行距離別などによっても変わるので要注意です。

タイプ別

「2.4Z プラチナムセレクション・2.5ZGエディション」の2つを比較して見ましょう。

ガリバー カーセンサー グーネット
2.4Z プラチナムセレクション 105万円〜257万円 90万円〜209万円 115万円〜223万円
2.5ZGエディション 123万円〜278万円 105万円〜340万円 173万円〜270万円

年式

年式では8年の差がありますが、モデルチェンジなどで価格の差が大きくなっています。

ガリバー カーセンサー グーネット
2010年 21万円〜235万円 60万円〜179万円 46万円〜270万円
2018年 190万円〜470万円 240万円〜455万円 223万円〜460万円

走行距離

10万km以上となると、比較的手に入りやすくなります。

ガリバー カーセンサー グーネット
〜10,000km 115万円〜230万円 120万円〜173万円 90万円〜150万円
10万km〜 21万円〜190万円 40万円〜159万円 12万円〜129万円

中古ヴェルファイアを購入する際の注意点

中古車がいくら安く手に入ったからといって、車の状態が悪ければ意味がなくなってしまいます。どんなことに注意していけばよいのかを、理解しておく必要があります。

車体の状態をチェックする

まずは修復歴や全体の色、フェンダー・バンパーなどの隙間、エンジン音に異音がないかなどをチェックします。修復歴は多少あっても仕方のないことなので、多めに見ることも大事ですね。しかし、ATは切替わる際のショックやつながりなどは、要注意でしょう。

そのほかにも、タバコや食べ物のにおいがないか、においを細かくをチェックすることを忘れないでください。芳香剤などはなかなか落ちないもので、人によっては気分が悪くなるので必ず確認が必要です。

2.4リッターは走りが苦手

初代は2.4リッターが存在しましたが、大きなヴェルファイアをグイグイ加速するには力不足です。ガンガンと力強く走らせたいのであれば、3.6リッターがおすすめでしょう。

とはいえ、初代のヴェルファイアは、ボディは少し優しい印象があってさほど威圧感がないので、あまり目立ちたくない人にとってはよいといえます。

初代は荒れた路面でバタつく

二代目のリアサスペンションはダブルウィッシュボーンですが、初代はトーションビーム式で少々荒れた悪路に弱く、バタついてしまう可能性もあります。

悪路でないかぎりは、なめらかな走りをしてくれる初代なので、アウトドア用に購入したいのであれば、初代はあまりおすすめできないでしょう。

初代は整備記録簿が残っている車を

初代は、耐久性が高いもののよくない個体があるので、整備記録簿が残っている車を選ぶようにしましょう。長く乗ることを考えている人は、なるべく後期型を選ぶようにしなくてはなりません。また、万が一整備記録簿がない車であれば、その販売店は信頼できないため、購入は一旦やめておきましょう。

初代はよいところもありますが、5年以上に渡って乗りたいと思うのなら、高年式の2011年式がおすすめです。この頃は軽微なネガも潰されていて、寿命が長くなるといわれています。

走行距離と年式をチェック

走行距離は、新しさやきれいさを求めるなら3~7万kmで、とにかく安さ重視なら8~12万kmを目安に狙うとよいでしょう。年式も、きれいさ重視なら6年落ちまで、安さ重視なら7~12年落ちまでが目安と思っておいてください。そのほかにも、車検の有無を確認しておくことを忘れないようにしてください。

車検が切れている場合は、整備工場で車検整備を実施してもらう必要があります。車検の法定費用と整備代がかかってくることは間違いないため、面倒を考えると中古車を購入するなら、車検整備付きがよいといえるでしょう。

事故車に注意する

修復歴は車種情報に記載することが義務付けられているのですが、稀に記載がない場合もあります。車体が歪んでいたり、ヘッドライトとバンパーの隙間が均一でない場合は、事故車である可能性もあるため、現車確認の際にしっかりチェックするようにすることを忘れないでください。

乗っている本人の安全も保証できなく、乗っているときに不具合が起こってしまう危険性があります。大きな事故を起こした車なのか、販売会社に詰め寄ってでも聞いてみましょう。それでなくても、事故車は他の車より安いので、常に安い車は疑ってかかっておいたほうがよいといえます。

現在の車から買い替える場合には

今持っている車から、ヴェルファイアに乗り換えようとしている人は、まず元手を作らなければならないでしょう。長くヴェルファイアを乗っていたいなら、少しでも高く買い取ってもらえるようにしなければなりません。

売ったお金を元手にして購入できる

現在の車を買取に出して、それを元手にして購入するという方法が、一番よい方法といえるでしょう。年式や走行距離によって査定価格が変わるので、状態を確認して業者を選ぶことが大切です。とはいえ、走行距離のことを考えると、少しでも早く売ってしまったほうがよいということは、目に見えていますよね。もし、今すでに10万kmを超えているなら、なおさら乗り換えたほうがよいということです。

走行距離によって、中古車の販売価格は大きく左右されるので、乗り換えを希望しているのであれば、早く買い換えることが高い元手を手に入れるコツです。しかし、買取業車もさまざまな個性があるので、高く買取ってくれて、なおかつ信頼できる買取業車を選ぶようにしましょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

カーネクストでは、0円以上の買取保証、レッカー・書類代行・査定をすべて無料で行い、買取った車は世界中で販売しています。そのためカーネクストは、販路が広いというところがメリットです。

オペレーターがすごい

カーネクストの知名度はかなりあるのに、忙しくて対応をおろそかにしたりすることはしません。オペレーターといえば、バイトか新人が担当するイメージです。しかし、カーネクストのオペレーターは、しっかりと教育がされている人に任せているためサポートが安心です。

電話というのは会社の顔なため、その分対応がしっかりしているかどうかで、どういった会社なのかわかります。少しでも面倒な態度を取る会社は候補から外しておいた方が無難です。

事故車までも買取ってくれる

普通は、事故車を買取ってくれるとは考えられませんが、カーネクストなら買取ってくれます。また、不動車でもレッカー代無料で、高額買取してくれることは本当に助かりますよね。

事故車は通常であれば、廃棄にするのに自己負担がかかってきます。それでなくても、面倒な手続きもしなくてはならないので、たとえ0円でもうれしく思えるでしょう。

海外でも需要があるのでカーネクストは高額買取

海外では、事故車でも日本車ということだけで、需要があることを知っていますか?それだけ日本の車の技術が優れていて、問題がないと思われている証拠なのです。そのため、たとえ自分の車が大きな事故に遭って動かなくなってしまっても、カーネクストでは高額で買取をしてくれます。

もし、この車は20万km走行で、どこにも買取先は見つからないだろうと思っても、諦めるのは早いということです。通常なら、車をどうすれば処分できるのか悩むところ、0円以上で買取してくれるということはありがたい話です。

参考:カーネクスト

中古ヴェルファイアをお得に購入しよう

ヴェルファイアは、大人数でも楽しく車中で過ごせるということで、とても人気があります。新車だと、無理しなくてはならないかもしませんが、中古であればなんとか手が届くでしょう。とはいえ、中古でも若者の間で人気があるので、早い者勝ちになることは間違いありません。

2015年式から値段も変わってくるため、本当に自分が欲しいものを吟味していく必要があります。たくさんの中古車が出回ってるからこそ、走行距離やオプションなどを、しっかりと見極めていく必要があるのです。乗っているだけで、憧れの的になるヴェルファイア。愛車としてこの先も、ずっと一緒に入いられる相棒を見つけましょう。