中古スペーシアの選ぶポイントを解説|注意点や価格の相場も

スズキが開発したスペーシアは、パレットの後継車として誕生したスーパーハイト系ワゴンです。育児中の女性から支持を集めている自動車であり、今も根強い人気があります。そんなスペーシアについて、本記事で詳しく紹介していきましょう。

具体的には、スペーシアの特徴、中古車の価格の相場、おすすめモデル、購入時の注意点などを取り上げます。「子どもを乗せやすい自動車がほしい」、「安値でスペーシアを買いたい」という人などは、ぜひお役立てください。

スペーシアの特徴

2013年に販売開始したスペーシアは、どのような特徴があるのでしょうか。この自動車は、小さい子どもがいるママさん向けのスーパーハイト系ワゴンです。子どもが後部座席にいる場合、そのシートを前後に移動させられますので、運転席にいても、世話をすることが可能です。

また、両側のドアはスライド式になっており、「ワンアクションパワースライドドア」というワンタッチでドアを開けられる機能を採用しています。もちろん、燃費もわるくありませんし、走行性能も申し分ありません。

スペーシアの中古車の価格の相場

中古スペーシアにはさまざまやグレードやモデルがあり、それぞれで価格の相場が異なります。購入する前には、目当ての車種についてしっかりと調べるようにしましょう。

スペーシアの中古車価格

スペーシアには、多彩なグレードがあります。そして、メーカーオプションも充実しているため、グレードのみで価格相場を判断することは困難です。しかしながら、数多くのスペーシアが中古市場で流通しているため、選びやすい車といえるでしょう。

モデル別の価格の相場

モデル別にスペーシアの価格相場を見ていきましょう。2013年販売の初代、2017年販売の2代目には、どのような違いがあるのでしょうか。

初代スペーシア MK02系

2013年リリースの「初代スペーシア MK02系」は、安ければ、数十万円で入手可能です。年式もそれほど古くはなりません。200万円をオーバーすることも、ほとんどないでしょう。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 29万円〜177万円 約103万円
グーネット 29万円~189万円 約109万円
カーセンサー 29万円~181万円 約105万円

2代目スペーシア MK03系

2017年発売の「2代目スペーシア MK03系」は、高ければ200万円を超えることがありますが、100万円切る自動車もあります。新年式の車が欲しい人におすすめです。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 85.5万円〜179万円 約132万円
グーネット 85.5万円~198万円 約141万円
カーセンサー 85.5万円~228万円 約156万円

グレード別の価格の相場

スペーシアのグレードは、G、X、Tと3種類あります。それぞれの価格相場はどれぐらいになるのか確認していきましょう。

スペーシア G

NA車の「G」は、30万円程度でも入手可能な種類です。マイナーチェンジは繰り返されていますので、スペックを必ず確認しておきましょう。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 29万円〜159万円 約94万円
グーネット 29万円〜159万円 約94万円
カーセンサー 29万円〜140.4万円 約84万円

スペーシア X

「X」は、標準モデルです。30万円~150万円程度が価格幅となり、全体的に「G」よりも高めですが、グレードは上です。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 37万円〜167.8万円 約102万円
グーネット 37万円〜146万円 約91万円
カーセンサー 34.9万円〜146.8万円 約90万円

スペーシア T

ターボ車の「T」は、「X」と似たような価格相場です。他グレードと同様に、年式によってスペックが変わりますので、事前に調べてから購入しましょう。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 29.8万円〜177万円 約103万円
グーネット 43.8万円~138万円 約112万円
カーセンサー 43.9万円~129.8万円 約87万円

おすすめの中古スペーシアのモデル

中古スペーシアのおすすめモデルは、ターボのあるTグレード、装備が充実したXグレード、2017年以降のモデルであれば、ハイブリッドXです。これらがなぜおすすめなのか、詳しく解説していきましょう。

モデル スペック
X
  • マイルドハイブリッド
  • アイドリングストップシステム
  • フロントスタビライザー
  • 14インチフルホイールキャップ
  • 14インチアルミホイール
  • 155/65R14 ラジアルタイヤ
  • メッキフロントグリル
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • IRカット機能付フロントガラス
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • インパネドリンクホルダー
  • インパネセンターポケット
  • 助手席シートアンダーボックス
  • フロントアームレストボックス
  • 助手席シートバックポケット
  • ユーティリティナット(4ヶ所)
  • ファブリックシート表皮
  • 運転席シートリフター
  • 左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構
  • ワンタッチダブルフォールディングリヤシート[分割可倒式]
  • 後席スライド用ストラップ(ラゲッジフロア)
  • フルオートエアコン[エアフィルター付]
  • ロールサンシェード
  • 後席左側ワンアクションパワースライドドア[予約ロック機能/挟み込み防止機構付]
  • 後席右側ワンアクションパワースライドドア[予約ロック機能/挟み込み防止機構付]
  • スライドドアクローザー(後席両側)
  • スリムサーキュレーター
  • 軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト>
  • 歩行者傷害軽減ボディー
  • 頭部衝撃軽減構造インテリア
  • 運転席・助手席SRSエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • 後退時ブレーキサポート
  • 後方誤発進抑制機能
  • リヤパーキングセンサー など
G
  • マイルドハイブリッド
  • アイドリングストップシステム
  • フロントスタビライザー
  • 14インチフルホイールキャップ
  • 14インチアルミホイール
  • 155/65R14 ラジアルタイヤ
  • メッキフロントグリル
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • 2トーンルーフ
  • ルーフレール
  • 全面UVカット機能付ガラス
  • IRカット機能付フロントガラス
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • インパネアッパーボックス(助手席)
  • インパネボックス(助手席)
  • インパネセンターポケット
  • 助手席シートアンダーボックス
  • フロントアームレストボックス
  • 助手席シートバックポケット
  • アクセサリーソケット(後席右側)
  • 乗降グリップ(リヤ両側)
  • ラゲッジルームランプ
  • チルトステアリング
  • インパネカラーパネル[アイボリー]
  • フルオートエアコン[エアフィルター付]
  • スリムサーキュレーター
  • 助手席シートベルト警告灯
  • 助手席シートベルトリマインダー
  • サイドアンダーミラー
  • 後方視界支援ミラー
  • マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ[マニュアルレベリング機構付]
  • LEDヘッドランプ[ロービーム、オートレベリング機構付]
  • LEDポジションランプ
  • オートライトシステム
  • ライト自動消灯システム など

Tグレードはターボ装着でお買い得

Tグレードは、ターボがついているスペーシアです。他のグレードよりも、燃費が悪くなってしまいますが、ハイトワゴンというサイズだからこそ、ターボで余裕ある走行を実現できるでしょう。また、万が一のときのために有効なレーダーブレーキサポートという機能が標準装備になっていることも嬉しいポイントです。

Xグレードは充実した標準装備が魅力

Xグレードはナノイー搭載のエアコンや運転席シートリフターなどが標準装備されており、装備において充実している自動車です。また、カラーバリエーションも豊かですので、自分の好きな色をチョイスすることができるでしょう。

2代目ならハイブリッドXがおすすめ

2代目の「ハイブリッドX」は、インテリア装備が充実しており、安全性能もフルでついています。オプション追加が不要なほど充実した装備になっており、「ハイブリッドG」よりも少し高値になりますが、価格以上に、満足できる自動車です。

業者別のスペーシアの中古車価格

スペーシアの中古車価格は、業者によって異なります。ガリバー、カーセンサー、グーネットのタイプ別、年式別、走行距離別で中古価格を見ていきましょう。

タイプ別

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
ハイブリッドX 109万円〜179万円 101.9万円~173.5万円 115万円~198万円
ハイブリッドG 85.5万円〜162万円 85.5万円〜152.3万円 85.5万円~162万円

「ハイブリッドG」よりも、上級の「ハイブリッドX」が少し高値になっていますが、装備が充実しているため、おすすめです。「ハイブリッドG」ならば、100万円以下でも購入できるでしょう。

年式別

年式別 ガリバー カーセンサー グーネット
2013年 79万円~113万円 29万円~149.7万円 29万円~149.7万円
2017年 129万円~172万円 65.5万円~193万円 65.5万円~189万円

初代モデルの2013年のスペーシアは、安ければ30万円程度で買えます。一方、2代目は、新しい年式だからこそ、高めです。新しさを求めている人は、2代目からのグレードがおすすめです。安さ重視の人は、2013年からのグレードを選びましょう。

走行距離別

走行距離別 ガリバー カーセンサー グーネット
~1万km 124万円~172万円 49.8万円~228万円 49.8万円~259.8万円
9万km~10万km 37万円~104.9万円 37万円~104.9万円

スペーシアは、1万km程度の自動車が中古市場でたくさん出回っています。新車に近しい状態ですので、高めの価格になっていますが、選びやすいといえるでしょう。一方、自動車の寿命といわれる10万km前後は、それほど台数はありませんが、安値の傾向にあります。

中古スペーシアを購入する際の注意点

スペーシアを中古で買う場合、金額的に初代の中期モデルはおすすめできません。また、固めといわれている乗り心地もチェックしておきましょう。ほかにもさまざまな購入時の注意ポイントがありますので、詳細を解説します。

初代の中期モデルはおすすめできない

安さを重視するのであれば、初代の初期モデルはおすすめです。価格が低くなっており、買いやすいです。しかしながら、初代の中期モデルには注意が必要です。なぜなら、ブレーキサポートがついていないにも関わらず、ついているものと価格がそれほど変わらないからです。

2015年5月からブレーキサポートがつきましたので、この年月よりも前のスペーシアには注意しましょう。全体的に相場は安めの自動車ですが、できるだけお得に購入したいのであれば、年式を必ずチェックしてください。

乗り心地を確認する

車内空間は広いというメリットがありながらも、固めの乗り心地になっているスペーシア。ちょっとしたデコボコ道でも伝わることがあり、乗り心地を重視したい人は、シートの固さをチェックしましょう。アレンジは自由自在ですので、この点に関しては、使い勝手がよくメリットに感じられます。

走行距離と年式のバランスを重視

中古自動車を買う時に基準になるのは、走行距離と年式です。1年で1万km走行が基本になりますので、このバランスがおかしい車は選ばない方が無難です。少し前の年式にも関わらず、走行距離が極端に少ない自動車は、メーター改ざんなどを行っている可能性があり、注意が必要です。

メンテナンス歴をチェックする

新しい年式であっても、少ない走行距離であっても、しっかりとメンテナンスしていない自動車は、安全面において危険です。中古車を買う時は、以前どのようなメンテナンスや修復をしてきたのか、必ず確認しましょう。自動車の状態によっては、すぐに故障してしまうリスクもあります。

保証内容も確認

販売店が提供している保証サービスの内容もチェックポイントです。期間、走行距離、範囲などはどのようになっているのかを確認してください。店舗によって内容が異なることもあり、充実した内容の販売店を見つけるようにしましょう。

現在の車から買い替える場合には

現在の車から買い替える際は、買取業者に依頼することをおすすめします。ディーラーの下取りでも問題ありませんが、買取業者の方が高値の査定額になる可能性もあります。賢い買い替え方法について紹介していきましょう。

売ったお金を元手にして購入できる

車を買い替える時、今まで乗っていた自動車をディーラーの下取りに出す人は少なくありません。しかしながら、ディーラーは、中古市場に長けていない可能性があり、高値で買い取ってくれるとは限りません。自動車の状態によっては、別途費用がかかることもあるでしょう。

中古買取業者は、中古車市場に詳しく、高値の査定になるケースもあります。廃車になった場合、その手数料などを取らない業者もありますので、業者選びは非常に重要です。

おすすめなのは、全国展開している店舗です。自動車は地域によって売れる車種が異なり、日本各地に店があれば、どこかで売れることもあり、高値査定につながる可能性があります。また、販売ネットワークが広い業者もおすすめです。

自動車を高値で買い取ってもらえる時期は、決算期や中間決算期あたりですが、車を手放すタイミングを自身で決められないこともあります。基本的には早めに売ったほうが価値が高いままですので、高値で売却できる可能性があると認識しておきましょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

「自動車がまったく動かない」、「車が古すぎて売れないかもしれない」という人は、カーネクストがおすすめです。カーネクストは、どのような状態の車も、0円以上の買取保証をしてくれるサービスです。走行距離が多すぎても、車検切れであっても、0円以上です。

独自の販売ネットワークを持っているからこそ、0円以上の買取保証を実現しています。もちろん、車種などによっては、高値での買取も夢ではありません。ディーラーでの下取りは、どうしても査定額が低くなってしまうので、自動車の状態によって、どのサービスを利用すべきなのか、検討するようにしましょう。

また、引取り手数料、全国に対応しているレッカー費用、解体費用、廃車手続き代行費用、すべて無料です。自動車税の還付手続きも無料代行しているので、還付金が戻ってくることも考えられます。費用をかけずに、自動車を売却することができます。

まずは、メーカー、車種、名前、電話番号を入力すれば、すぐに対応してくれる無料査定を利用しましょう。入力目安時間はたったの20秒です。すぐに自動車を買い取ってほしい人は、365日年中無休のフリーコールに電話をしましょう。

参考:カーネクスト

中古スペーシアをお得に購入しよう

子育て中のママさん目線で開発されたスペーシアは、車内が広く、両手がふさがっていても、ドアを開けられる高機能な自動車です。2013年リリースの初代、2017円発売の2代目と分けられ、G、X、Tと3種類のグレードがあります。

おすすめのモデルは、Tグレード、Xグレード、ハイブリッドXです。購入する際は、初代の中期モデルを避け、固めと言われている乗り心地を確認しましょう。メンテナンス歴や販売店による保証サービス内容もチェックしてください。

中古車でスペーシアをお得に購入するためには、事前の情報収集が欠かせません。さまざまな業者のスペーシアの価格をチェック、そして比較して、自分に合ったモデルを見つけるようにしましょう。