スズキ「ハスラー」など7万780台リコール│フロントシートベルトにたるみ

ハスラー

2021年1月21日、スズキは2017年1月31日~2020年10月22日の間に製造された「ハスラー」などのリコールを国土交通省に届け出ました。このリコールの対象となるのは、スズキ「ハスラー」・スズキ「ワゴンR」・マツダ「フレアクロスオーバー(ハスラーの姉妹車種)」の3車種、計7万780台です。

リコールの対象車両は、フロントシートベルトの組み立て指示が不適切であることで、内装部品のセンターピラートリムに挟まれ、当該シートベルトがたるんで組付けられているものがあるという不具合があります。これにより、衝突時にベルトのたるんでいる分が引き出されることで乗員拘束が遅れ、怪我の程度が大きくなってしまう恐れがあります。
この不具合に対し、スズキは全車両のフロントシートベルトを点検し、たるんで組付けられているものは正規の位置に修正するとのことです。

ハスラーリコール

出典:国土交通省

この不具合はスズキ社内からの情報により発覚しましたが、報告された不具合はなく、事故は起きていません。

関連リンク

国土交通省:https://www.mlit.go.jp/index.html
スズキ株式会社:https://www.suzuki.co.jp/