ロータス、エリーゼ・エキシージ・エヴォーラの生産を2021年で終了へ

エリーゼ

イギリスのスポーツカーメーカーであるロータスカーズは、2021年1月25日、2021年内に「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産を終了することを発表しました。

1995年に発売されたエリーゼは、4気筒エンジンをミッドシップに搭載した、2シーター・オープンスポーツカーであり、ロータス社にとっての2000年代の主力モデルでした。
押し出し接着結合されたアルミニウムにハイテクコンポジット、軽量のノウハウの先駆的な使用などにより、少量販売が主流のスポーツカー業界に革命をもたらしました。

エリーゼで培われたノウハウを活かして2000年に発売されたエキシージは、安全性と進歩性を備えながらもエキサイティングな走りを提供し、公道を走るレースカーの代名詞ともいえる存在となりました。
また、エヴォーラは、収益性の高いスーパースポーツカー部門でロータスを受賞まで導き、多用途のロードカーとして認められました。

「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」の生産は終了しますが、ロータス社は「タイプ131」と呼ばれる新型車のプロトタイプ生産を開始すると発表しています。