中古セレナの選び方とおすすめモデル|お得な購入方法も徹底解説

幾多のモデルチェンジを経て、いまもなお根強い人気を日産のセレナは誇ります。中古車も多く出回り、買い求めたい人も多いのではないでしょうか。しかしその多さゆえ、どの世代のセレナを選ぶべきか迷っている人は多いことでしょう。

そこで今回はセレナの魅力や中古車の世代別価格、セレナを購入する際の注意点を解説します。セレナの寿命は15年・15万km以上ともいわれており、中古でもまだまだ使えるものがたくさん出回っています。よりよい中古車を購入する際の参考にしてください。

セレナの特徴

幾度かのフルモデルチェンジやマイナーチェンジを経て、現在5代目の日産セレナ。ここまで改良を加えて、長年愛されるにはそれなりの魅力があります。まずはその魅力について見ていきましょう。

7人乗りと8人乗りを切り替えられる

セレナは必要に応じて7人乗りと8人乗りを切り替えられるなどシートアレンジの豊富さが素晴らしいです。またその切り替えだけでなく、さまざまなシートアレンジが可能です。例えば赤ちゃんを連れたご家族なら運転席列と二列目を最大限近くに、長距離ドライブで疲れたらシートを倒して休憩スペースになどです。このため、乗降がしやすいというだけでなく、家族構成にあったシートアレンジが可能となります。

また、車内はかなり広々としています。そのため、最大8人が乗っても足が伸ばしやすく、長距離ドライブも苦になりません。

8人乗車してもたっぷりの収納

荷台の床下は取り外しが可能なため、8人乗車してもかなりの収納力を誇ります。その下にはベビーカーなど大型のものを収納することができます。このようなたっぷりの収納もミニバンのセレナの魅力といえるでしょう。

さらに、二人で車に乗り、荷台をフルに使うようにすると、なんと自転車を4台も積むことができます。こういったタイプの車種はついファミリーカーとして目がいきますが、バイクやサーフィンなど多趣味の人にもぴったりの車です。休日には家族で出掛けたい、個人や仲間で趣味を満喫したいという人にもおすすめです。

装備が充実したハイウェイスターグレード

セレナの販売シェアの約7割が300万円前後のハイウェイスターとなっています。多少値段が高くなっても、価格以上の充実した豪華装備を搭載しているため、車好きのユーザーからも支持を集めています。

セレナの中古車の価格の相場

セレナの中古車の価格やモデル別の相場について見てみましょう。ガリバー、グーネット、カーセンサーの3社で比較していきます。どの程度の価格を想定しておけばよいのでしょうか。

セレナの中古車価格

セレナは販売台数が非常に多い人気のミニバンであるため、中古車市場においても他のミニバンを圧倒する数が出回っています。モデルによって100万円~180万円前後で充分な使用価値のある車種を購入することができます。

モデル別の価格の相場

モデル別のセレナの価格について見ていきましょう。

初代セレナC23系

初代セレナは1991年から1999年に販売されていたモデルです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 19.9万円~51.8万円 20万円~46万円
カーセンサー 19.9万円~50万円 20万円~45.5万円

2代目セレナC24系

2代目は1999年から2005年5月までのモデルです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 29.8万円~65.8万円 40万円~55万円
グーネット 19.8万円~108万円 48万円~77万円
カーセンサー 9万円~60万円 19.8万円~50万円

3代目セレナC25系

3代目は2005年5月31日から2010年にかけて販売されたモデルです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 39.8万円~158.7万円 114.8万円~189万円
グーネット 0.5万円~182万円 80.5万円~228万円
カーセンサー 13.9万円~156.5万円 21.8万円~128万円

4代目セレナC26系

4代目は2010年10月から2016年までのモデルです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 54.8万円~294.8万円 115万円~189万円
グーネット 10万円~259.8万円 80.5万円~228万円
カーセンサー 41万円~355万円 76.6万円~260万円

5代目セレナC27系

5代目は2016年7月からされている現行モデルです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 241.9万円~388.4万円 264万~358万円
グーネット 90万円~398万円 200万円~358万円
カーセンサー 188.9万円~452.7万円 220.8万円~383.9万円

おすすめの中古セレナのモデル

どの世代のセレナがよいかは人それぞれです。ここでは、おすすめのモデルとその特徴について見ていきましょう。まずは各世代の主なスペックの違いの一覧表です。世代が新しくなるごとに室内の広さや燃費のよさが変化していることがわかります。

燃費消費量 全長×全幅×全高 車内長さ×幅×高さ 最大トルク: 最高出力
3代目 12,2~13,8km/L 4,680~4,740mm
×1,695~1,725mm
×1,840~1,850mm
2,825mm×1,470mm
×1,355mm
187~200N·m(19.1~20.4kg)/5,200rpm 95~101kw(129~137ps)/5,200rpm
4代目 12,2~13,2km/L 4,685~4,770mm×1,695~1,735mm×1,865~1,875mm 3060mm×1,480mm
×1,380mm
207~2,210N·m(21.1~21.4kg)/4,400rpm 106~108kw(144~147ps)/5,200rpm
5代目 17.2km/L 4,690~4,770mm
×1,695~1,740mm
×1,865~1,875mm
3170~3240mm
×1,545mm
×1,400mm
106~108kw(144~147ps)/5,200rpm 207~2,210N·m(21.1~21.4kg)/4,400rpm

コスパが高くデザインもよい4代目

第4世代は2010年から2016年に販売されていたモデルです。ライバル車と比べてコスパが高くお買い得です。またデザインもよく、おすすめのモデルとなっています。第3世代に比べてさらに室内が広くなり、アイドリングストップの導入やエコシステムの向上もみられるモデルです。

スライドドアもワンタッチ式となり、より快適な使い心地となりました。さらに、2015年のマイナーチェンジでは、エマージェンシーブレーキ・車線逸脱警報システムが導入され安全性も向上しました。

お手頃価格で手に入る3代目

第3世代は2005年から2010年の間に販売されたモデルです。こちらは、2代目のトランスミッションの不良を改良したモデルで、自然で滑らかな走行に定評があります。セレナは15年はもつといわれているため、2010年前後に販売されたものならまだしばらくは使えます。

生産終了から8年経っているため、中古車としてもお手頃価格で手に入る点も魅力です。また第3世代も高い屋根と広い車内、スライドドアなど快適なポイントが満載です。

新車同様のセレナを割安で手に入れたいなら5代目

第5世代は2016年から販売されている現行モデルです。こちらは、車の下に足を入れるだけでドアオープンが可能なハンズフリーオートスライドドアを導入しています。さらに、荷台のドアはデュアルバックドアを採用しています。このため、狭い場所でも上下分割で開くドアにより荷物の出し入れが簡単です。

また高速道路での自動運転をしてくれるプロパイロットも搭載されており、ドライバーの負担を減らします。車内の広さも今までの世代よりもさらに大きくなりました。

業者別のセレナの中古車価格

業者により同じタイプや年式、走行距離であっても若干価格帯に違いが出ます。業者によってどれくらいの違いが出るのか比較してみましょう。

タイプ別

タイプ別 ガリバー グーネット カーセンサー
20G 83.9万円~160万円 49.8万円~142.9万円 69万~142.9万円
ハイウェイスター 74.8万円~290.4万円 59万円~266.8万円 53.1万円~264.2万円

グレードが高く、新車でも高い価格帯のものが中古車でも高値となっていることがわかります。

年式別

年式 ガリバー グーネット カーセンサー
2015年 214.8万円~289.8万円 198万円~253.8万円 198万~253.8万円
2010年 54.8万円~158.7万円 119.8万円~182万円 119.8万円~182万円

年式が5年違うだけでも、かなり価格に差がついていることがわかります。

走行距離別

走行距離 ガリバー グーネット カーセンサー
~5,000km 283.8万円~358.8万円 154.8万円~452.7万円
70,000km 39.8万円~206.3万円 59.9万円~234.8万円 13.9万円~207.2万円

走行距離が短く、新車に近い状態のものの方が、中古車でも高い価格帯となっています。

中古セレナを購入する際の注意点

中古車を購入する際の注意点についてまとめました。新車と中古車では最初のチェックポイントが異なります。中古車のセレナを購入する際の参考にしてください。

車両全体をチェックする

車両の前面と後面、スライドドアなど、全体をくまなくチェックして、不具合がないかをよく確認することがポイントです。全面はボンネットやグリル、ヘッドライト、バンパーなどがなどがバランスよく並んでいるかをよくチェックしましょう。後部はバンパーとコンビネーションランプがゆがみなく並んでいるか、ナンバープレートを作為的に外した形跡がないかも確認しましょう。

また内部では、ラジエターサポート周辺に修理跡がないかどうかも確認ポイントです。この部分に不具合があると走行に問題が出てくることがあるため購入前にチェックしておきましょう。またスライドドアが滑らかであるかどうかも必ず押さえておきましょう。

装備内容をしっかり確認する

セレナはモデルやグレード、装備内容によって中古車価格が大きく異なります。前の所有者のオプション装備の追加などによって、車ごとに装備内容が異なるため、事前に確認しておく必要があります。装備追加によって中古車でも価格が高くなっていることがあります。不要な装備のために無駄なお金を支払わないためにも、装備内容を確認し、その装備が自分にとって必要かそうでないかを検討しましょう。

リスクの高い修復歴車を避ける

修復歴車とは車の骨格に損傷をきたした車のことです。このような車は今は問題がなくても、今後不具合が起こる可能性が高いため避けた方がよいです。このため、車両全体をチェックした際に、不自然な歪みがないか等をよく確認するようにしましょう。

また、修復歴のある車は価格が相場より安いことがあります。いくらその価格が魅力的でも、できればそのような車は避けるほうが無難です。どうしてもその車を検討したい場合は、その内容を業者に確認しましょう。

エンジンの状態を確認する

中古車を購入する場合は、できるだけ試乗させてもらいましょう。実際にエンジンをかけ走行してみないと分からないトラブルもあります。エンジンをかけて違和感がないか、スムーズに始動するか、異音がないかなどを確認し、異常のサインを見逃さないことが重要です。

中古車をいくら安く購入しても、修理費が高額であったら総額が高くなりもったいないです。修理費がかさまないようにするためにも、きちんと事前にエンジンの状態をチェックすることが大切です。また仮に気に入った中古車に何らかの不具合を感じた場合は、中古車販売業者に購入前に修理してもらえるかどうかを確認しましょう。

現在の車から買い替える場合

現在の車から買い換える場合、所有車を売却する人も多いでしょう。その際のポイントはいかに所有車を高く売るかです。新しく中古車を購入する際の負担を少なくするためにも、そのポイントを押さえておきましょう。

売ったお金を元手にして購入できる

新しく中古車を購入する場合は、今の所有車を買い取りに出すことがおすすめです。そうすることで、持ち出し金を少なくして、中古車をお得に購入することができます。ただし、年式や走行距離によって査定価格が変わるので、より高く買い取りしてくれる業者を選ぶことが大切です。

買い取り業者を選ぶ時期は?

また買い取り業者を探すタイミングですが、売却する1カ月前から探し始めるようにしましょう。もちろんある程度前から業者をピックアップするのは問題ありませんが、買取価格とは数カ月単位で数万円~数十万円の間で変動してしまうものです。

このため、あまりにも早くから大体いくらで売れると決めつけないほうがよいのです。早くから売却価格の予想をつけ、新しく購入する中古車を決めてしまうと、実際にその価格で売れず予定が狂うことがあります。このようなことを避けるためにも、買い取り業者の選定は売却の1カ月前程度が望ましいのです。

買取業者はカーネクストがおすすめ

買い取り業者によってサービスはかなり異なります。業者によっては所有車を買い取ってくれない場合やレッカー代が有料となり、手元に買取金があまり残らないこともあります。

その点を考慮して、おすすめする買い取り業者はカーネクストです。カーネクストでは、0円以上の買取保証、レッカーや査定代金がすべて無料となります。この理由は、カーネクストでは中古車を世界中で販売しているため、販路が広く余分な負担をお客様にかけなくても利益を出せるからです。このため、買い取りをする場合はカーネクストの利用がおすすめです。

参考:カーネクスト

中古ステップワゴンをお得に購入しよう

中古のステップワゴンとして大変セレナは魅力的です。中古業者をとおせば、新車同様の第5世代も安く入手できます。またそれよりさらにリーズナブルに購入したい場合は、第3世代や第4世代も候補に入れるとよいでしょう。各スペックの違いや、自分にとって譲れない条件は何かなどをよく考え最適な中古車セレナを選ぶようにしましょう。

中古車であれば、同じ予算であっても新車を購入する場合より選択肢が広がります。また中古を購入する際、どうしても価格に目が行き、より安い車を選びがちです。

しかし、いくら安く購入できたとしても、すぐに乗れなくなる、あるいは修理が必要といったトラブルに見舞われては意味がありません。このようなトラブルを避けるためにも、中古車を購入する場合はよく整備状態などをチェックしましょう。

誠実な中古車販売業者であれば、車の状態をしっかりと説明してくれます。またこちらが疑問に思ったことにも丁寧に答えてくれるでしょう。中古車といえども長い付き合いとなります。中古車を買う場合も新車同様、信頼できる業者から購入しましょう。

さらに、より中古車をお得に購入したいなら、現在所有している車を買い取りしてもらいましょう。より好条件で買い取りしてもらうには、何より業者選びが大切です。無料で査定を行っている業者もたくさんあります。ぜひ一番高く所有車を買取りしてくれる業者を見つけ、お得にセレナを購入しましょう。