アリスト中古はいまが買い時|他車種の追随を許さない走り

アリストは、イタリアに拠点を置くイタルデザイン社の巨匠ジウジアーロがデザインを手がけ、ヨーロピアンテイスト漂う洗練されたスタイルを持つスポーティセダンとして、高い人気を誇りました。

アリストの特徴は、なんといってもその加速性能です。2JZエンジンは、アリストを語るうえで重要なポイントであり、「直線番長」の異名を誇るこの車の心臓部です。そして、このエンジンの高出力を抑え込むため、ブレーキ性能が高いのも有名。重心の低い走りで、高速道路での安心感はとても高いものがあります。

走りに妥協しないトヨタの傑作とも言えるアリストについて、中古車市場での評価や、その魅力に迫ります。

アリストの魅力と特徴

存在感あるスタイリング、重心の低い安定した走行感、ラグジュアリーな質感、これら全てを備えた車として現在も評価の高いアリスト。その魅力と特徴について見ていきましょう。

並みのスポーツカーにはない走りのポテンシャル

4ドア高級セダンでありながら、並みのスポーツカーには真似できない走りのポテンシャルを秘めている点こそが、アリスト最大の魅力です。特に、アクセルを踏み込んだ時の爆発的な加速性能が、車を運転する楽しさを最大限に感じさせてくれることでしょう。

また、高速走行中も車体は大変安定しており、ほとんど車体の振動を感じません。安心感と共に大変良い乗り心地を味わえることでしょう。足回りは、硬すぎず、柔らか過ぎず、高級車にありがちなフワフワ感が無いのも魅力です。

車内装備、安全性能の高さ

装備が多彩な点も、走行性能と同じくらい評価できる点です。空気清浄機、電動テレスコピック、前席パワーシート、オートライト、トラコン、スタビリティーコントロール、クルコン、シートヒーターなど、最近の車と比較してもほとんど遜色ない充実装備です。

安全性能に関しても評価が高く、運転席・助手席・サイドエアバッグ、ABS、トラクションコントロール等の装備を有しています。快適な車内空間と、安心・安全な運転が楽しめる、まさにバランスのとれたラグジュアリーカーと言えるでしょう。

高級感あふれるインテリア

メーター周り、各種スイッチは、シンプルで使いやすいつくりになっています。また、本木目パネルや本革シートで高級感を演出し、ゆとりのある室内空間を確保している点も魅力のひとつといえるでしょう。

加速や高速走行の性能が飛び抜けている車両ではありますが、一方で落ち着いた雰囲気も兼ね備えており、世代を問わず愛される車です。

アリストの中古車の価格相場

アリストはエンジンの性能や走行性能で評価の高い車です。ある程度の資金を用意できるのであれば、できるだけ走行距離が少ない車両を選ぶと良いでしょう。予算に合わせて、自分にピッタリの1台を選ぶ際の参考にしてください。

アリストの中古車価格

中古車市場には、2019年2月現在、全国におよそ340台の在庫がありました。なかには車両価格が10万円を切るものもあり、逆に高いモデルは200万円を超える価格がついています。初代アリストは、販売開始から年月が経過しているため、登録台数はわずか10台のみ。価格帯は22万〜120万円で、平均価格は67.7万円です。

一方、2代目モデルの登録台数は330台と、初代に比べると豊富に流通しています。価格帯は7万円〜219.8万円で、平均価格41.8万円。チューニングが施された競技車等の場合は、さらに高い値段がついています。競技車両としても人気のある、アリストならではの価格設定と言えるでしょう。

登録台数の違いからか、平均価格は初代モデルのほうが高くなっています。また、カスタマイズされている車体が多いことも特徴ですので、年式と走行距離だけではなく、どのようなカスタマイズが行われているのかもチェックしておいたほうが良いでしょう。

モデル別の価格の相場

アリストには様々なモデル・エディションがありますが、主なモデルの中古車価格帯を調べてみました。

3.0Q

市場に出回っている台数はごくわずかですが、価格帯に幅があります。中古車の価格体に幅があるのは、走行距離や修理歴によるものです。相場の違いは取扱量によるもので、ガリバーの中古車相場が高いのは車の状態によるものです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 5~299万円 約152万円
グーネット 5~299万円 約46.2万円
カーセンサー 33~98万円 約62.6万円

3.0V

こちらも市場での流通量は、非常に僅少となっています。また、価格体に幅があるように車の程度は写真だけでは分かりません。お店に足を運び、実車を確認しできればエンジンを始動して確認が必要です。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 5~299万円 約152万円
グーネット
カーセンサー 79.8~139万円 約94.7万円

4.0Z i-Four

中古車市場でも、ほとんど取扱いがありません。 4.0Z i-Fourは、3.0Vよりも後に追加したされ、ターボではなくDOHCエンジンの4WDモデルです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 5~299万円 約234万円
グーネット 5~299万円 約46.2万円
カーセンサー 60~128万円 約89.3万円

S300

市場で流通している台数は、このS300が最多です。価格帯も安定しています。上記のモデルと違い2代目になるグレードで1997年以降のモデルであることより、台数にゆとりがります。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 44.8~130万円 約87.4万円
グーネット 15~66.9万円 約29.2万円
カーセンサー 11~139.8万円 約41.8万円

V300

S300に次いで、中古車市場で流通量の多いモデルです。S300がDOHCエンジンですが、このV300はツインターボエンジンのモデルです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 69.9~267万円 138.9万円
グーネット 24.8~299万円 約77.7万円
カーセンサー 25~225万円 約78.8万円

おすすめの中古アリストのモデル

グレード構成は、3Lツインターボ搭載の「3.0V」、3L「3.0Q」、4WDモデル「4.0Z i-Four」の計3タイプです。3.0Qには高級装備の「Lパッケージ」が選べます。1997年にはモデルチェンジを行い、V300とS300が主流になりました。

3.0V

3,000ccツインターボ搭載モデルです。初代の中では出力があり、燃費のほかのモデルにくらべてやや良くなっています。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
280ps FR 4.865m 1.795m 1.420m 5人 8.8km/L 2,997cc

3.0Q

3,000cc自然吸排気エンジン搭載モデルです。直列6気筒のDOHCエンジンを搭載しています。ターボとは違ったDOHCサウンドを楽しめます。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
230ps FR 4.865m 1.795m 1.420m 5人 7.8km/L 2,997cc

4.0Z i-Four

エアサスペンションが標準設定されているモデルです。エンジンはDOHCを搭載し、4WDということよりやや燃費が悪いものの、安定した走行が得られます。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
260ps 4WD 4.865m 1.795m 1.405m 5人 7.3km/L 3,968cc

V300

ツインCターボを搭載しています。2代目としてのツインターボモデルです。DOHCエンジンに比べやや燃費が劣るものの出力は高めです。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
280ps FR 4,805m 1,800m 1,435m 5人 8.8km/L 2,997cc

S300

自然吸気エンジンを搭載しています。V300と比較して、やや燃費が良くDOHCとしての加速性は少しおとるものの、安定性は定評のあるモデルです。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
230ps FR 4,805m 1,800m 1,435m 5人 9.4km/L 2,997cc

業者別のアリストの中古車価格

代表的な中古車取扱業者における、タイプ別・年式別・走行距離別の価格を比較してみましょう。

タイプ別

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
ベルテックスエディション 約52万円 約48万円 約49万円
アニバーサリーエディション 約90万円 約78万円 約81万円

市場に多く出回るベルテックスエディションは、比較的安価な傾向がうかがえます。ベルテックスエディションはS300タイプに、さまざま装備が付加されたモデルです。10周年記念モデルのアニバーサリーエディションは期間限定モデルであり、内装なども高級志向の装備となり中古価格にも反映されています。

年式別

年式 ガリバー カーセンサー グーネット
2004年4月 約92万円 約88万円 約90万円
2000年7月 約49万円 約48万円 約49万円
1997年8月 約32万円 約25万円 約26万円

最新モデルは、他の年式に比べて中古価格が高い傾向にあり、どの中古車店でも2000年モデルと比較してほぼ2倍の価格帯になっています。

走行距離別

走行距離 ガリバー カーセンサー グーネット
0~5万km 約102万円 約98万円 約99万円
5万km~ 約38万円 約29.9万円 約31万円

5万kmを境に、大きな価格差が見られます。走行距離が増えれば価格も比例して安くなり、メンテナンスにかかる費用も考慮しての価格体となっています。

アリストを購入する際の注意点

走りの性能がずば抜けている車だけあって、エンジン回りには特に負荷がかかります。中古で購入する際は、エンジンや足回りの確認を入念に行いましょう。

4WSシステム

最も気を付けておきたいことは、ARSという4WSシステムです。アリストのV300とV300ベルテックスエディションに搭載されているARSは、タイヤの向きを変えることで、安定性を出すことを目的にしていますが、故障・不具合の発生時には、高額の修理になる可能性があります。

更に部品も希少なため、簡単に修理ができない可能性があります。もしこれらのエディションを購入する際には、販売員や整備士に、よく確認しておきましょう。

タービン

ツインターボエンジンのターボチャージャーという部品に故障が多く発生します。不具合の前兆としては、エンジンから異音がしたり、ガタつくことが多くなってきますので、注意を怠らないようにしましょう。ターボチャージャーが壊れることをタービンブローといい、本来のパワーを発揮できなくなります。

なお、ツインターボというだけあって、片方のタービンが壊れても走り続けることはできますが、そのままにしておくとエンジンが完全に壊れてしまう原因となります。

ブレーキディスクの歪み、ロアボールジョイントの劣化

ブレーキディスクに歪みがあると、ハンドルが異常に振動したり、左右への揺れが発生します。この現象をジャダー現象といい、この不具合が顕著な場合は、運転に支障をきたしてしまうで注意しましょう。

また、ロアボールジョイントの劣化が発生すると、段差などを通過する際にゴトゴトと異音が発生するようになります。そのまま放置するとジョイント自体が外れ、大惨事につながります。こちらも日頃からの点検でチェックするようにしましょう。

現在の車から買い替える場合には

同系の人気車種である、セルシオやマジェスタなどの競合車と競わせることで値引きをせまるのは大事なポイントです。また、複数社の見積もりをとることも基本中の基本。そして、現在所有している車両を高く売却するために、優良な買い取り業者を選択することも重要となります。

複数社の見積もりをとる

中古車ディーラーは、年式と走行距離から中古車市場価格を調べ、買取価格の概算を提示してきます。その際、オークションで取り扱われている同型、同年式の車種の取引価格が参考にされることが多く、各社ともその金額を中⼼に買取価格の目安を示します。

当然ながら、中古車ディーラーは安く買い取って、高く他のオーナーに販売できれば利ザヤが大きくなるので、最初は安い買取価格を提示してきます。あなたがいかに大切にしてきた愛車であっても、そこにはどうしても利益を優先する企業の事情が影響してしまうでしょう。

しかし、中には独自の販売網や、特定メーカー、車種に対して競争力がある中古車ディーラーがいるものです。1社や2社の見積もりを見ただけで、「だいたいこんなもの」と決め込んでしまうのではなく、粘り強く複数社の見積もりを取るようにしましょう。そのうち予想外の高値をつけるディーラーが現れます。

買取業者はカーネクストがおすすめ

中古車の買取を行っている業者はさまざまありますが、そんな中でも「廃車予定の愛車も0円以上買取保証」「査定は無料」「世界中で販売」を売りにしているカーネクストがおススメです。事故車、水没車、故障車などはもちろんのこと、車検間近な場合でも高値で買い取ってくれるでしょう。

ディーラーや中古車買取店で値段がつかなかったり、かえって処分費がかかってしまうような年式の古い車や走行距離の多い車、故障車や動かない車も大丈夫です。

海外に独⾃の販売ルートを確保しており、日本では値段が付かないような車両も取扱いができるほか、車の査定、レッカー車の手配、書類代行がすべて無料です。買換え費用の捻出に頭を悩ませているのなら、ぜひカーネクストの査定を試してみましょう。

参考:カーネクスト

全方向死角なしの高級セダン

トヨタの同クラス車では異例といえるほど、スポーティーかつスペシャリティな色彩が強く、それでいて質感はトヨタの高級サルーンそのもの。アメリカでもトヨタの高級ブランド「レクサス」から発売され、世界に通じる高級スポーツサルーンとして認められました。

走り良し、スタイルは個性的、高級感やステイタスも十分。そして有り余るほどの馬力をフルに使って走ることができるだけに、国内の公道を走行するにあたっては確かに充実感があります。そんなアリストを中古でお得に手に入れるのも、楽しみのひとつ。ぜひあなただけのオリジナルの一台に仕上げましょう。