インサイトの中古価格やおすすめのモデルなど詳しく解説

現在乗っている車から別の車に乗り換える必要ができた。そして、もし乗り換えるのであればホンダのインサイトに乗ってみたいと思っているのであれば、2代目の最上級グレードがおすすめです。

こちらは、最新モデルの登場によって最上級モデルでありながら値段が下がっているので、しっかりとしたインサイトに乗りたいのであればこちらをどうぞ。今回はインサイトの中古価格やおすすめのもの、購入時の注意点などを解説します。

ぜひ、あなたの求めるインサイトを手に入れてください。



インサイトの魅力と特徴

ホンダのインサイトには人を魅了する魅力と特徴があります。例えばそれは、空力と軽量化を重視したデザインやホンダらしいスポーティーな走行性。

また、その内装はシンプルで上質なインテリアであることも人を引き付けます。インサイトが持つこれらの点について詳しくみていきましょう。

空力と軽量化を重視したデザイン

インサイトは開発当初から「空力」と「軽量化」を重視したデザインで製作が進められ完成した車です。具体的には、当時の量産車世界最高レベルである空気抵抗値cd=0.25を実現することに成功。

これは、リアタイヤの上半分を覆うリアホイールスカートを装着するなど、徹底した空力処理が行われた結果なされました。そのため、5ナンバーサイズでありながらスタイリッシュなフォルムを持つことが可能となり、魅力的な車となったのです。

ホンダらしいスポーティーな走行性

インサイトはホンダ独自のハイブリッドシステムによってスポーティーな走行性能を発揮してくれます。これはエンジンとモーターによってパワフルな走行ができるため。

そのため、軽量なボディを機敏かつ爽快に走らせ、ドライバーが車と一体化するようなドライビングプレジャーを感じられるモデルになっています。

シンプルで上質なインテリア

インサイトの内装は黒を基調としたシンプルなつくりになっています。また、インテリアも上質であり魅力的です。

さらに、内装の縫製はミシンによる綿密な仕事をしているため、隅々まで美しい仕立てになっています。したがって、まさに大人向けのハイクラスな内装に仕上がっているといってよいでしょう。

インサイトの中古車の価格相場

インサイトの魅力などを再認識できたら、具体的なインサイトの中古車の価格相場がどのくらいなのかみていきましょう。まず、インサイトの中古車価格には傾向と注意点があります。

次に、具体的にインサイトのモデル別の価格相場を解説していきます。一体どんなモデルがどれくらいの中古価格帯であるのかを、ここでは把握してください。

インサイトの中古車価格

インサイトの中古車価格はサイトによって幅広くなっています。例えば、あるサイトでは高いものは150万円を超えてきますが、安いものは10万円代であることも。

なお、安い10万円代の車に関してはお分かりだとは思いますが、良品でこの値段であるというわけでなく、修復歴ありの車などが含まれるためにこの値段になっている可能性があります。そのため、もしもこのような中古のインサイトをみつけた際には注意が必要です。

モデル別の価格の相場

それでは、具体的なインサイトのモデル別の価格の相場を解説していきます。なお、モデルについては以下の3つをみていきます。

  • 初代インサイトZE1系
  • 2代目インサイトZE2系
  • 3代目インサイトZE4系

それぞれの価格帯をしっかりと把握しましょう。

初代インサイトZE1系

初代インサイトZE1系の中古車価格帯と中古車相場は以下のようになっています。価格帯は走行距離や故障歴などによる違いです。ガリバーでは取扱が無いように初代の品数の少なさがうかがえます。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 19.9~99.8万円 約60万円
カーセンサー 19.9~72万円 約48万円

2代目インサイトZE2系

2代目インサイトZE2系の中古車価格帯と中古車相場は以下のようになっています。2代目は2009年より2014年の間の生産ですが、初代よりも価格帯や中古車相場が低くなっているところが注目されます。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 49.9~110.1万円 約80万円
グーネット 16.8~98万円 約57万円
カーセンサー 14.9~139万円 約48万円

3代目インサイトZE4系

3代目インサイトZE4系の中古車価格帯と中古車相場は以下のようになっています。3代目は2018年より生産が開始され、年式的にも古いものがないので価格もその分高めになっています。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 333~349.9万円 約341万円
カーセンサー 327~365万円 約340.1万円

おすすめの中古インサイトのモデル

インサイトの中古車価格帯と相場価格については、よくおわかり頂けたと思います。それでは、数多ある中古のインサイトの中でもおすすめしたいモデルについて、ここでは詳しく解説していきます。

次の3つがおすすめです。

  • 2代目の最上級グレード
  • 価格重視なら2011年式
  • 格安で手に入れるなら前期モデル

あなたが重要視する点に合致しているのであれば検討してみてください。

2代目の最上級グレード

現在は新しい3代目が登場していることもあり、価格相場が落ちている2代目インサイトは比較的お得に手に入れることができます。そのため、価格面でも2代目はおすすめです。

また、2代目の中でも最上級グレードであるLSグレードは、本革巻ステアリングホイールとパドルシフト、アームレストが装備されたゴージャスな仕上がりになっています。したがって、かっこいい車に乗りたいという人にオススメのモデルだといえるでしょう。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
88ps FF 4.390m 1.695m 1.425m 5人 30.0km/L 1339cc

価格重視なら2011年式がおすすめ

安さを中古のインサイトに求めるのであれば、中期モデルの2011年式の中古車がおすすめです。こちらは後期型とモデルとしての違いはないのにもかかわらず、価格は安く手にはいります。

そのため、価格重視の場合は2011年式の中古インサイトを選びましょう。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
88ps FF 4.390m 1.695m 1.425m 5人 31.0km/L 1339cc

格安で手に入れるなら前期モデル

上の2011年式よりもさらに安く、できれば格安でインサイトを手に入れたいのであれば、2009年~2010年式の前期モデルがおすすめです。こちらは生産後8年以上が経過していますが、走行性やデザインに問題はありません。

そのため、格安なら2009年~2010年式の中古インサイトがよいです。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
88ps FF 4.390m 1.695m 1.425m 5人 30.0km/L 1339cc

業者別のインサイトの中古車価格

インサイトの中古車を買う際には、価格はもちろんみるべきポイントですが、他にもみるべき点やあなたが重要視する点があるでしょう。そのため、ここではさらに詳しく以下の3つの分類でインサイトの中古車価格を解説していきます。

あなたの知りたいインサイトの中古価格についてしっかりと把握してください。

タイプ別

ここでは、インサイトの車両の5つのタイプ別に中古価格を解説します。大手の中古車販売会社の価格がどうであるのかみていきましょう。

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
G 約69.2万円 約71.4万円 約72.1万円
L 約78.0万円 約68.6万円 約71.7万円
LS 約77.4万円 約74.9万円 約77.7万円
XL 約114.2万円
EX 約361.8万円 362.5万円

年式別

ここでは、インサイトの中古車を年式別に中古価格を解説します。なお、対象は2代目と3代目をメインに調査しました。どの年式が安いのか、高いのかを確認してみましょう。

年式 ガリバー カーセンサー グーネット
2009年 約82.5万円 約69.6万円 約71.1万円
2010年 約69.1万円 約66.1万円 約67.1万円
2011年 約89.9万円 約86.1万円 約71.4万円
2012年 約85.3万円 約105.8万円 約80.2万円
2013年 約95.5万円 約86.6万円
2014年 約91.4万円 約95.3万円
2018年 約349.7万円 約355万円

走行距離別

ここでは、インサイトの中古車を走行距離別に解説します。走行距離によってどのぐらいの価格の変化があるのかを知ってください。

走行距離 ガリバー カーセンサー グーネット
~5000km 約361.8万円 約362.5万円
5000~1万km 約77.6万円 約71.2万円
1万~3万km 約72.4万円 約97.8万円 約77.7万円
3万~5万km 約77.9万円 約94.9万円 約79万円
5万km~ 約80万円 約75.4万円 約70.2万円

インサイトを購入する際の注意点

インサイトがどのような車で、おおよそどれくらいの価格帯であるかが、おわかり頂けたでしょう。そして、中古のインサイトを探し始められるのであれば、以下の3つのポイントに注意点してください。

  • HVバッテリーの状態をチェック
  • セルモーターの不具合に注意
  • バッテリー保証がついているか確認

これらをしっかりと注意した上で購入してください。

HVバッテリーの状態をチェック

ご存知のようにインサイトはハイブリッド車です。そのため、HVバッテリーが劣化していると、モーターが動かなくなり、走行できない状態になってしまいます。

したがって、中古のインサイトを購入する際は、HVバッテリーの状態を確認するようにしましょう。

セルモーターの不具合に注意

わかない人のために解説するとセルモーターとはエンジンをかけるためのモーターのことです。そのため、こちらが故障しているとエンジンが掛かりません。

したがって、エンジンをかける際に異音がしたり、キーをひねってもエンジンがかからないという場合にはセルモーターに不具合や故障がある可能性が高いので、そのような中古車は避けましょう。

バッテリー保証がついているか確認

残念ながらバッテリーは無限には使えません。そのため、消耗すれば交換する必要があります。ただし、こちらの交換にはかなりの費用が掛かってしまいます。

したがって、インサイトの中古車を購入する際は、バッテリー保証が付いているか確認してください。

現在の車から買い替える場合には

インサイトの中古車を探している人の中には、現在乗っている車から買い替える人もいるでしょう。そんな人のためここでは以下の2つのポイント実践することをおすすめします。

  • 売ったお金を元手に購入
  • 買取業者はカーネクストがおすすめ

これらを生かして出費が少なく、インサイトの中古車に乗り換えてください。

売ったお金を元手に購入

人によっては車を廃車にして乗り換える人もいるでしょう。しかし、買い替えの場合には今乗っている車を売却して、手に入れたお金を元手に新しい車を購入するという選択肢もあります。

そのため、買い替えるのであれば現在の車を売却し、そのお金で中古のインサイト購入費用に充てましょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

もしも、現在乗っている車を売却するのであればおすすめの業者があります。それは、カーネクストという買取業者です。

こちらは、0円以上の買取保証をしてくれますし、買取の際に掛かるレッカー、書類代行、査定をすべて無料で行ってくれます。なお、なぜこのような買取ができるのかといえば、買い取った車を世界中で販売しているからです。

買取を考えているのであれば、ぜひ一度ご覧になってください。

参考:カーネクスト

中古のインサイトを手に入れよう

インサイトは空力と軽量化を重要視したホンダの車です。また、そのインサイトの中古車は格安のものは10万円ほど。高いものは150万円ほどすることがあり、幅広い中古車価格となっています。

なお、人によってどのような中古のインサイトを求めているのかは異なりますが、2代目の最上級グレードなどがおすすめです。この他、購入の際にはHVバッテリーの状態をチェックするなど注意点があります。

中古のインサイトの値段はさまざまですが、解説したことを加味してあなたの求めるインサイトをぜひ手に入れてください。