プレマシーの中古車価格|自動車の魅力やおすすめモデルも解説


廃車するならカーネクストがおすすめ

国内外で販売されるマツダのプレマシーは、5ドアミニバンです。高い走行性や多様なシートアレンジ、独自の最新技術などの特徴を持ち、幅広いラインナップがあります。そして、2017年から2018年にかけて生産終了し、新車はない状況ですが、中古車マーケットではたくさんの数が流通しています。

この記事では、そんなプレマシーの特徴や魅力について触れつつ、中古車価格相場を紹介します。併せて、おすすめのモデルや、購入する際の注意ポイントも取り上げていきましょう。中古のプレマシーの購入を検討している人や、ミニバンが欲しい人などは、ぜひ参考にしてください。

プレマシーの魅力と特徴

まずは、プレマシーの魅力と特徴について解説していきましょう。プレマシーは、高走行性能を持ち、しかも低燃費の自動車です。維持コストを抑えられ、シートアレンジも自由自在です。こうしたプレマシーの長所について、細かく紹介していきます。

高い走行性能と低燃費が魅力

プレマシーは、「スカイアクティブテクノロジー」という技術により、走行性能が自慢の自動車です。2L直列4気筒NAエンジンと6速ATを組み合わせ、自由かつパワフルな走行を楽しめます。

またエンジンの改良に成功し、ミニバンの中では、トップクラスの低燃費を実現している車です。走行性に優れているからこそ、海外でのニーズにマッチし、国外でも非常に人気があります。

3ナンバーの高級感をお得に味わえる

プレマシーは3ナンバー規格ですが、ライバル自動車の5ナンバーよりも、維持コストが高いわけではありません。自動車の重量や排気量によって税金が決定するため、室内空間の広さと安定感に魅力を持つ3ナンバー規格は、維持費とは無関係です。プレマシーは、3ナンバーの高級感を楽しめる自動車です。

しかし、エンジンが2Lをオーバーしている場合は税金が変わるので、注意しましょう。

多彩なシートアレンジができて実用的

さまざまなシートアレンジができるところも、プレマシーの特徴です。シートを倒して、荷物をたくさん積める空間を作ったり、自動車の中で宿泊できるようなスペースを、確保できたりもします。

また、電動スライドドアを採用し、ドアの開け閉めも難しくありません。走行性能を楽しむだけではなく、ファミリーカーとしても非常に使いやすい自動車です。

プレマシーの中古車の価格相場

プレマシーの中古車は、中古市場でどれぐらいの価格相場になっているのでしょうか。現在は生産されていないものの、1999年からある自動車のため、流通量は少なくありません。もちろん、古い年式であれば、価格は落ちます。

プレマシーの中古車価格

プレマシーの中古車価格は、高くても200万円前後で、安ければ数万円でも入手可能です。また、出回っている台数も多く、選びやすい自動車です。ミニバン市場は、各メーカーの熾烈な争いになっているため、ライバル車よりも、安値で購入できる可能性があります。

モデル別の価格の相場

モデル別では、どれぐらい価格は異なるのでしょうか。1999年~2005年の初代CP系、2005年~2010年の2代目CR系、2010年~2018年の3代目CW系の相場を紹介します。

初代CP系

初代CP系は、1999年から販売されているため、全体的に価格は低いです。10年以上前の自動車ばかりなので、高くても数十万円であり、入手しやすい種類でしょう。安さ重視の人は、旧式の車がおすすめです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 8〜52.3万円 約30万円
グーネット 12~44万円 約28万円
カーセンサー 12~39万円 約25万円

2代目CR系

2代目CR系より、3ナンバーになりました。海外では、Mazda5として販売されるようになったのも、2代目からです。初代と同じように、安ければ数万円で購入可能ですが、高い場合は100万円前後の可能性もあります。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 5〜209万円 約105万円
グーネット 0.8~89万円 約45万円
カーセンサー 0.8~89万円 約45万円

3代目CW系

3代目CW系は、2018年までのモデルです。スカイアクティブテクノロジーを導入し、ボディデザインにも変化があります。価格相場は、年式などによっては、200万円前後する場合もあります。3代目CW系になれば、旧式よりもハイスペックなので、機能性や安全性を重視したい人におすすめです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 5〜218万円 約110万円
グーネット 17~209万円 約110万円
カーセンサー 17~209万円 約110万円

おすすめの中古プレマシーのモデル

中古プレマシーのおすすめモデルは、さまざまあります。2代目後期モデルCR型、3代目モデル前期型2.0 20E、3代目CW系20C-SKYACTIV、3代目CW系20S-SKYACTIV Lパッケージなど、それぞれの特徴を解説していきましょう。

2代目後期モデルCR型

プレマシーの2代目から、ボディの大きさが変更されました。車内の空間が広くなり、カラクリシートが備えられ、全部で7シーターのミニバンです。3列目シートを倒すことで、たくさんの荷物を入れられます。オプション設定で、電動タイプの両側リアスライドドアもあります。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
139~165ps FF/4WD 4.51m~4.58m 1.75m 1.62m~1.65m 7人 10.6~15.0km/L 1998~2260cc

3代目モデル前期型2.0 20E

「3代目モデル前期型2.0 20E」は最後のモデルながらも、安値で入手しやすい自動車です。装備は、必要なものが揃っていますが、サイド&カーテンエアバッグがなく、安全面を考慮するのであれば、この装備がある車を選びましょう

横滑り防止装置や、アイドリングストップなどの機能は標準設定です。2012年4月以降であれば、サイド&カーテンエアバッグはついています。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
150ps FF 4.59m 1.75m 1.62m 7人 14km/L 1998cc

3代目CW系20C-SKYACTIV

「3代目CW系20C-SKYACTIV」は、ワンタッチ電動格納リモコン式カラードドアミラー、カラクリ7thシート、横滑り防止機能などが標準装備されている車です。

オプションとして、アドバンストキーレスシステム&スタートシステム、両側電動スライドドアもあります。これらのオプションが追加されていれば、上のグレードとほとんど同じ車となります。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
151ps FF 4.59m 1.75m 1.62m 7人 16.2km/L 1997cc

3代目CW系20S-SKYACTIV Lパッケージ

「3代目CW系20S-SKYACTIV Lパッケージ」は、プレマシーの中でもっとも上級のグレード車です。「20C-スカイアクティブ」と「20S-スカイアクティブ」の装備に追加で、LEDドアミラーウインカーや両側電動スライドドア、17インチアルミホイールなどが標準設定となっています。また、ほかのグレードとは異なり、4WDはありません。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
151ps FF 4.59m 1.75m 1.62m 7名 16.2km/L 1997cc


どんな車でも0円以上買取保証!廃車するならカーネクスト

業者別のプレマシーの中古車価格

ガリバー、カーセンサー、グーネットといった業者別に、プレマシーの価格を見ていきましょう。タイプ、年式、走行距離によってどれぐらい価格が異なるのでしょうか。

タイプ別

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
20C スカイアクティブ 約130万円 約94万円 約110万円
20S スカイアクティブ 約145万円 約157万円 約150万円

「20C スカイアクティブ」と「20S スカイアクティブ」は、それほど差がないものの、装備の豊富な「20S スカイアクティブ」のほうが、少し高めの金額設定となっています。100~150万円前後から、自分に合った自動車を選べるでしょう。

年式別

年式 ガリバー カーセンサー グーネット
2007年 約50万円 約31万円 約26万円
2017年 約140万円 約140万円

2007年前後のモデルは、数十万円で入手できます。しかし、2017年前後のプレマシーは新しいモデルとなるため、100万円をオーバーします。

走行距離別

走行距離 ガリバー カーセンサー グーネット
~2万km 約179万円 約120万円 約120万円
9~10万km 約50万円 約47万円 約48万円

走行距離2万km以下であれば、100万円を超えます。走行距離の多い9~10万kmなら、50万円前後で見つけられる可能性もあるでしょう。ただし、走行距離が多すぎる自動車は、乗り続けることが難しい可能性もあるので、注意が必要です。

プレマシーを購入する際の注意点

中古プレマシーを購入するときには、いくつか注意すべきポイントがあります。スカイアクティブ搭載車の年式によっては、エンジントラブルに注意が必要です。また、セカンドシート周りからの異音や、燃費のよくなる「SKYACTIV-G」は、モデルによってはついていません。こうした購入する際の注意点を解説します。

スカイアクティブ搭載車のエンジン不調に注意

2015年~2016年に作られたプレマシーの2WD車によっては、エンジントラブルを起こす可能性があります。可変バルブタイミングのボルトがゆるみ、加速不良などの症状にも見舞われます。目当ての自動車は、改善措置がされているかを、購入前にしっかりとチェックしましょう。

キャビンからの異音に注意

セカンドシート周りから「コトコト」という異音が聞こえる場合も注意が必要です。これは、初期不良によるものなので、ディーラーに頼めば、費用をかけずに対策品と交換してくれるでしょう。

また、足回りからも「コトコト」といった音が聞こえる可能性もあります。スタビライザーリンクなどが劣化した場合に異音が発生するので、部品交換すれば問題ありません。ただしできれば試乗して、確認してから中古車を購入しましょう。

SKYACTIV-G重視なら4WDモデルには注意が必要

3代目後期型の2WDモデルには、燃費のよくなる「SKYACTIV-G」が搭載されていますが、4WDモデルには搭載されていません。そのため、「SKYACTIV-G」搭載車を探している人は、注意が必要です。「SKYACTIV-G」搭載によって高値にはなってしまうものの、性能が向上しているため、おすすめです。

現在の車から買い替える場合には

現在所有している自動車から、プレマシーなど新たな車に買い替える際は、買取業者に査定依頼しましょう。自動車の状態によっては、廃車買取サービスがおすすめです。こうした買い替えのコツについて、詳しく紹介します。

売ったお金を元手にして購入できる

今乗っている自動車を売り、それを元手にすれば、新しい自動車を安く入手可能です。自動車の状態、走行距離、年式などによって金額が異なるので、業者選びは非常に重要です。ディーラーの下取りでは、高値の査定にならない可能性もありますので、注意しましょう。

業者選びのコツは、販路の広さです。海外に広がる販路を持っている業者であれば、需要のあるところを見つけ、高値査定も夢ではありません。さらにパーツを再利用して、売買することも考えられます。全国展開している業者も、安心して買取を任せられますので、おすすめです。

また、廃車に関する費用などの無料サービスをしている業者であれば、無駄な出費を減らせます。買取業者によっては、50,000~80,000円ほど廃車費用がかかる可能性があるので、無料の場所を選ぶとよいでしょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

「車検が切れて自動車を動かせない」「故障車なので売れそうにもない」といった悩みを持っている人におすすめの業者は、カーネクストです。カーネクストは、日本全国対応のレッカーや廃車に関する解体費用、廃車手続き代行費用などがすべて無料です。他業者ならば、数万円かかることも珍しくありません。

また、どのような状態の自動車でも、0円以上での買取を保証している業者です。カーネクストは、グローバルに広がる販路を持っているからこそ、求められている場所に、自動車を提供できる仕組みがあります。そのため状態や車種によっては、高く買い取ってくれる可能性もあります。

さらに、自動車税の還付手続き代行にも費用がかからず、時期によっては還付金がもらえます。まずは、無料査定で金額をチェックしてみましょう。WEBフォーマットにメーカーや車種、名前などを入力するだけで、あっという間に申し込み完了です。また、フリーコールでの相談も受け付けています。

参考:カーネクスト

中古プレマシーをお得に購入しよう

マツダのプレマシーは、現在は生産されていませんが、中古市場では安い価格で出回っています。高い走行性能と、低燃費でさまざまなシートアレンジができるところが魅力の自動車です。たくさん流通しているため、入手しやすいこともメリットとして挙げられるでしょう。

モデル・グレード、年式、走行距離などによって、中古車価格は異なりますが、業者によっては他社よりも安く入手可能です。そのため、中古買取業者の情報は、こまめにチェックすることをおすすめします。

プレマシー購入前には必ず試乗して、エンジン不調はないのか、異音はしないのかチェックしてください。無駄な出費がないようにするためにも、しっかりと情報収集してから、中古プレマシーを購入しましょう。


どんな車でもOK!0円以上買取保証!