エスクードの中古車の特徴と魅力|価格帯や相場を押さえよう

優れたオンロード性能を備え、多目的クロスカントリーモデルとして、1988年5月に発売されたエスクード。その走破性とコンパクトで扱いやすいボディから、多くの人から人気を集めている車です。

耐久性と剛性が高いラダーフレームを使用し、パートタイム4DW機構と1.6L自然吸気エンジンで、本格的なオフロードの走行から、高速道路での走行まで楽しめる上級クロスカントリーモデルとして誕生しました。ここでは、エスクードの魅力や中古車価格を見ていきたいと思います。中古車のエスクードを購入する際の参考にしてください。

エスクードの魅力と特徴

エスクードの一番の魅力は、高い走行性能です。悪路の走破性が高く、山道や雪のぬかるみなどでも、なんなく走行できます。そしてコンパクトなボディ設計は、街中での走行にも適しています。



ジムニーの上級モデルとして登場

ジムニーの上位モデルとして、1988年5月に発売された「エスクード」。耐久性が高い堅牢なラダーフレーム機構と、パートタイム4WD機構で、本格的なオフロードから高速道路まで快適に走れます。優れた走破性を持ちながら省燃費性能を追求し、オンロードでも高い走行性を両立する、小型SUVとしてデビューしました。

そして、スズキの世界戦略車として欧州でも販売されており、北米ではゼネラルモーターズに、OEM供給している時期もありました。高い走行性能を持つエスクードは、世界中で愛されている車です。

コンパクトSUVでありながら存在感溢れるデザイン

コンパクトなボディのエスクードは、全長こそ4m前後と取り回ししやすいサイズですが、ワイドなボディで車高が高めなので、どっしりとした存在感があります。全高が1,610mmあるので、立体駐車場に入るときには注意が必要なサイズです。

ドライビングポジションも高く、最低地上高も高めに確保されているので、周囲が視認しやすく運転しやすい設計になっています。また、ガラスエリアが広いので、明るく開放的な運転席が特徴です。現行モデルでは、立体的で迫力のあるフロントバンパーに、フロントメッキグリルでどっしりとした存在感があり、アグレッシブな印象を与えています。

オフロードから高速走行までしっかりこなす

1.6L自然吸気エンジンと耐久性が高く、剛性が高いラダーフレームを採用することで、オフロード・オンロード共に優れた走行性を保てます。そのため、特に走行性を重視する人にはぴったりな車です。

上級クロスカントリーモデルとして開発され、今も上級SUV車として進化を続けています。4代目に入って安全装備も充実し、悪路も走れる都会派SUVとして、今もなお根強い人気を誇っています。さらに、スポーツブランドとコラボした特別仕様車もあり、マリンレジャーやスノーレジャーなどにも適応した、幅広い走りができる車です。

エスクードの中古車の価格相場

エスクードの現行モデルは、中古車でも高めの価格です。安く購入するのであれば、3代目を狙うとお得に購入できます。

エスクードの中古車価格

長く販売されている車のため、中古車価格は初代のものは、かなり安く販売されています。しかし、3代目以降のものは、車の状態によってはかなり高い価格設定となっています。

MT車のほうが高めの価格設定になっており、7年くらいたったものなら割安感がありお得に購入できます。また、2008年の6月に行われたマイナーチェンジ以後だと、新型エンジンが搭載されているものがあるのでおすすめです。

モデル別の価格の相場

初代や2代目は、かなり安く購入できますが、年式が古いため、3代目以降がよいでしょう。

初代エスクードT01系

初代エスクードは年式も古くなることから、かなり安めの価格設定になり、価格帯もそれほど開きはありません。新車の価格は158.8~248.6万円と、手頃な価格まで下がっています。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 28.0~78.0万円 約51.93万円
カーセンサー 28.0~78.0万円 約51.93万円

2代目エスクードT02系

中古車として流通している台数は少なめで、価格はかなり安めです。新車価格は161.8万~283.8万円です。価格帯の幅も狭く、比較的購入しやすい価格で落ち着いています。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 42.2~92.0万円 約61.75万円
カーセンサー 24.0~85.0万円 約52.30万円

3代目エスクードT04系

価格帯の幅は広く、走行距離や年式が影響していると思われます。相場価格も、初代や2代目に比べると高めの価格です。新車価格は199.8万~283.8万円です。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 139.0~255.0万円 約190.10万円
グーネット 38.0~189.0万円 約97.61万円
カーセンサー 38.0~169.8万円 約82.00万円

4代目エスクードY01系

現行モデルの4代目エスクードは、中古車でも価格は高めのラインを維持しています。新車価格も212.8万~258.7万円と高めの設定で、相場価格もそれほど落ちていません。年数があまり経過していないので、状態のよいものが多い分、価格は高めです。

中古車価格帯 中古車相場
ガリバー
グーネット 139.0~255.0万円 約192.90万円
カーセンサー 139.0~255.0万円 約190.10万円

おすすめの中古エスクードのモデル

車の状態や走行性能を考えると、3代目、4代目がお得に購入できます。初代や2代目は年式が古いものが多く、それなりの走行距離のものが多いので、車の状態をよく確認しましょう。

豊富なエンジンのバリエーションが特徴の3代目

3代目エスクードは、先代までの本格オフロードを継承しながら、ビルトインラダーフレームを採用しました。そして、フルタイム4WDへと置き換えられ、四輪独立懸架式サスペンションを使用することで、オフロードで悪路での走破性を保ちつつも、走行性も向上させました。

3代目のエンジンは、燃費性能を考えた1.6L直列4気筒エンジンや、可変吸気システム機構付きの2.0L直列4気筒エンジン、優れた動力性を誇る3.2LV型6気筒エンジンを始め、ほかにもバラエティに富んだエンジンのラインナップとなっています。

また、トランスミッションは4速AT、5速AT、5速MTが用意されており、モデルによって細かく設定されています。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
106~224ps 4WD 3.950~4.42m 1.810m 1.7m 4~5人 9.6~10.6km/L 1,5,86~3,195cc

状態のよい車が欲しいなら4代目がおすすめ

エンジンのダウンサイジングや、モノコックボディの採用により軽量化して、街中での走行性をさらに向上させたのが4代目エスクードです。四輪制御システム「ALLGRIP」の採用と、標準装備のハンドルに付けられたシフトパドルで、より快適な走行が可能となりました。

4代目モデルは、初期のものでも年数があまり経過していないため、走行距離も3万km以下の少なめのものが多いことが特徴です。そのため、中古車価格は高めを保っていますが、車の状態がよいものを選べます。

1.4L直列4気筒エンジンが採用され、アイドリングストップシステムも搭載し、より燃費性能も向上しています。4代目の中で探すのなら、サイド&カーテンエアバックも標準装備されていて、安全装備が充実している1.4Lターボがおすすめです。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
117~166ps FF/4WD 4.18~4.3m 1.78~1.81m 1.61~1.7m 5人 9.6~18.2/km 1,371~2,393cc

業者別のエスクードの中古車価格

中古車市場に出回っているエスクードの数は、それほど多くありません。ただし年式の新しいものなら、比較的多く流通しています。

タイプ別

スポーティでスタイリッシュなボディの2.7XSは、中古車価格は比較的落ち着いています。新車価格が259.2万円と考えると、かなり安くなっています。ランドブリーズは、高めの価格を維持しています。

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
2.7XS 約99.70万円 約55.60万円 約61.65万円
2.4XG 約115.20万円 約99.44万円 約83.02万円
2.4ランドブリーズ 約179.80万円 約156.94万円 約158.73万円


年式別

中古車市場には、3代目以降が多く出回っているのですが、3代目でも初期のものなら比較的安く購入できます。しかし、4代目のものになると年数が落ちていない分、価格もそれほど落ちていません。

年式 ガリバー カーセンサー グーネット
2006年 約99.70万円 約67.63万円 約71.76万円
2010年 約115.23万円 約90.52万円 約90.95万円
2015年 約179.82万円 約165.00万円 約164.32万円


走行距離別

エスクードは、中古車市場でも走行距離が少ないものが目立ちます。そして、走行距離が少ないものは、価格が高めです。また、50,000kmを超えたものでも、比較的高めの価格になっています。

走行距離 ガリバー カーセンサー グーネット
0~10,000km 約214.13万円 約212.82万円
10,000~50,000km 約139.75万円 約141.55万円 約144.26万円
50,000~10万km 約115.20万円 約88.39万円 約89.51万円

エスクードを購入する際の注意点

オフロード走行が得意なエスクードは、エコカー減税の対象車ではありません。また、購入する際の選択肢の少なさがデメリットです。

エスクードはエコカー減税対象外

エスクードは、VVT機構付き1.6L直列4気筒自然吸気エンジンを採用し、アイドリングストップシステムを搭載したことにより、燃費性能が向上しています。

前代までに比べると、バックドアのスペアタイヤをなくしたり、モノコックボディへ変更することで、300~400gの軽量化に成功し、操縦安定性や走破性はかなり向上しました。しかし、このクラスとしては燃費はあまりよくないことから、エコカー減税の対象車ではありません

車高に注意

エスクードは、コンパクトなボディが特徴のSUVです。その最小回転半径は5.2mと小さく、とても小回りがきき、街中での運転も安心して行えます。全長はそれほど長くないので、心配はないのですが、全高が1,610mと高めに設定されています。

シートポジションが高いため、視界がよく運転しやすいというメリットがあります。ただし、この全高の高さは、都市部の立体駐車場に入るときには注意が必要です。多くの立体駐車場は高さ制限があり、その高さは1,550mmとなっています。そのため、この高さ制限がある立体駐車場には入れないので、気を付けましょう。

グレードが1つしかない

エスクードは、グローバル戦略車として販売されています。4代目ではハンガリーにあるスズキの子会社、マジャールスズキ社で生産されて、日本では輸入車として販売されています。

そして、日本での販売のために船で輸送されてくるため、販売側の立場では売れ残るととても困ります。そのためとてもシンプルな仕様で、ボディカラーも少なめなどの措置が取られています。グレードも1つしかなくオプション設定もないため、選択肢が少ないことがデメリットです。

現在の車から買い替える場合には

今乗っている車から、エクスードに乗り替えるときには、より高値で売却して購入資金に充てましょう。

お得な方法で買い替えよう

まずは、車を乗り替えたいと思ったら、中古車検索サイトでだいたいの価格を把握しましょう。年式や走行距離を見ながら、複数のサイトを比較して検討するとよいでしょう。そして、その価格をもとに価格交渉をすることをおすすめします。

また、今の車から乗り替える場合には、今乗っている車を少しでも高く売ることが重要です。一番簡単に高く買い取ってもらえる買取業者を探すためには、一括査定が便利です。車の一括査定だとわずか数分の入力で、家にいながら複数の買取業者に、車の査定を依頼できます。

そして、それらの業者を競合させることにより、価格が上昇して高値で売却できる業者を見つけられます。より高値で売却することで、新しい車の購入費用に充てられます

買取業者はカーネクストがおすすめ

車の買取価格は、買い取り業者によって大きく異なります。また、買取業者によっては、動かない廃車は買い取りを行っていない場合があります。さらに、買取業者には特殊車両を専門とする業者があり、それ以外の車種だと、買取価格が低くなるケースがあります。

このように車を売るときには、その車種や車の状態に合った買取業者を選ぶことが大切です。そうすることで、より高値での売却につなげられます。カーネクストなら、事故車や廃車同然の動かなくなった車でも、0円以上での買い取りを保証しています。また、全国どこでもレッカー費用は無料です。そして、廃車に係る手続きも行っており、その際の費用も全て無料です。

これは世界中に販路を持っているため、さまざまな車種を取り扱っており、売れない車でもスクラップとして輸出することが可能なためです。査定も無料で行っているので、車の買い替えを検討しているなら、カーネクストに査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

参考:カーネクスト

中古のエスクードをお得に手に入れよう

エスクードは悪路にも強く走破性が高いコンパクトカーで、走行性能を重視する人にはぴったりの車です。現行のモデルでは安全性能も格段にアップし、悪路走破性はそのままで、都会でも滑らかな乗り心地を意識したSUVモデルになっています。

新しい四輪制御システムや、ブースタージェットエンジンにより、より力強い走りと操作性が向上されています。アウトドアレジャーを存分に楽しみたい人にはおすすめの車です。中古車でエスクードを見つけてお得に購入し、休日を共に楽しんでみてはいかがでしょうか。