アルテッツァの中古車価格|おすすめモデルや購入時の注意点

1998年から2005年まで、トヨタの小型FRスポーツセダンとして販売されたアルテッツア。途中にアルテッツア・ジータとして、ワゴンタイプが販売されます。国外向けには、レクサスのエントリーモデルとなる「IS」として販売されました。

すでに販売が終了しているアルテッツァは、その人気から中古車市場でも数が少ないです。トヨタが満を持して発売したバランスのよいスポーツセダンである「アルテッツア」の魅力と、中古車販売店の各相場や購入時の注意点について、みていきましょう

アルテッツァの魅力と特徴

後にレクサスへとつながる、アルテッツァの魅力についてみていきましょう。

スポーツセダンとプレミアムセダンのいいとこどり

外観デザインは、ショートオーバーハングに大径ホイール、ロングホイールベースと、スポーツカーを意識したプロポーションになっています。その後のトヨタや、レクサスでのFRセダンに受け継がれるモデルです。

高剛性かつ日本展開のアルテッツアと、同モデルの欧米展開のレクサス「IS」には、各地域の審査基準をクリアする衝突安全ボディーが採用されています。そのため、高い出力のエンジンの一方で、重量はやや重めの1,300~1,400kgです。

特徴的なクロノグラフメータ

スピードメーターの内側には水温計、油圧計(AS系は瞬間燃費計)、電圧計の3つの計器をクロノグラフ形状に配したメーターが採用されています。当初はセンターが速度計でしたが、マイナーチェンジ後のRS200の6速MTは、タコメーターに変更されています。

その他内装では、シフトレバーやパーキングブレーキレバーのブーツには、合成皮革が使われています。またシフトレバーは、当初はアルミニウムの削り出しノブを採用していましたが、後に合成皮革を用いたタイプも登場しています。 「1998-1999日本カー・オブ・ザ・イヤー」で、1999年にRS200がグッドデザイン賞を受賞しました。

210馬力のエンジン

エンジンは、「1G-FE型 直列6気筒(AS)エンジン」と「3S-GE型 直列4気筒(RS)エンジン」を搭載し、セダンはどちらも2Lを採用。ワゴンタイプのジータは、直列6気筒3Lエンジンを搭載しています。

3S-GE型エンジンは、吸気と排気の両方に可変バルブ機構を搭載し、MTの210馬力仕様にはチタンバルブを採用。カタログスペック上においては、日本製2,000ccの自然吸気エンジンの中では、最高出力を記録しています。

アルテッツァの中古車の価格相場

アルテッツアの中古車市場の価格相場について、シリーズ全体とモデル別にみていきましょう。

アルテッツァの中古車価格

アルテッツアの全体の相場価格は、50万円前後で推移しています。モデルやカスタマイズによっては、150万円を超える中古車も見受けられますが、10万円台からも市場に出回っています。年式が古い車だけに、状態をよく見て購入することが賢明です。

モデル別の価格の相場

アルテッツァは大きく分けて、4ドア・セダンタイプと5ドア・ワゴンタイプの2種類がラインナップされています。それぞれの相場価格について、みていきましょう。

アルテッツァ

4ドア・セダンのアルテッツアは、6気筒(AS)と4気筒(RS)のモデルが発売されており、中古車の平均相場は約50万円です。

スポーツタイプということで、エアロやホイールを特別仕様にしているものなどもあります。また、マニュアル(MT)車も多数ラインナップしているので、ATかMTか注意して選びましょう。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 39~44万円 約41万円
グーネット 10~240万円 約50万円
カーセンサー 10~200万円 約50万円

アルテッツァ・ジータ

2001年7月に追加投入された、ステーションワゴンタイプのアルテッツア。5ドアハッチバックでAS200の一部にMT車が販売されました。しかし、マイナーチェンジの際に全車ATに切り替えられたので、MTの中古車は希少です。

  中古車価格帯 中古車相場
ガリバー 40~49万円 約44.5万円
グーネット 9~120万円 約25万円
カーセンサー 9~120万円 約31万円

おすすめの中古アルテッツァのモデル

アルテッツアのモデルには、大きく分けてセダンとワゴンがあります。セダンの中では6気筒と4気筒があり、AT6速とMTで4速、5速のモデルが販売されています。

ワゴンは6速MTか5速ATのモデルが販売されています。アルテッツアの中古車の中で、おすすものモデルを紹介していきます。

アルテッツァ RS200

2L直列ツインカム4気筒エンジンのRSモデル。使用されている3S-GE型エンジンは、吸気・排気の両方に可変バルブ機構(VVT-i)を搭載しています。衝突安全ボディを備えながら、当時では自然吸気エンジンとして最高出力210PSもの高い性能を持っています。

車重が1,300~1,400㎏になり、エンジン性能を下げてしまったことを惜しむ声もみられます。それでもターボやスーパーチャージャーなどを使わず、高回転型のスポーツ・セダンとして人気がでました。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
220ps FR 4.40m 1.72m 1.41m 5人 11km/L 2,000cc

アルテッツァ AS200

AS200は信頼性の高い1G-FEの2L直列6気筒エンジンを搭載。ATは4速で、MTは6速を採用。最高出力は抑えられているものの、ワイドバンドで扱いやすいエンジン特性で、遠出でも住宅街などでも、扱いやすく人気です。

スポーツ性の高いRSモデルにくらべて、乗り心地の調和がとれたセダンとしての特性を、最大限に活かしたAS。家族連れでのドライブや、街乗りを中心にする層に圧倒的な人気を得ています。

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
160ps FR 4.40m 1.72m 1.41m 5人 11km/L 1,988cc

アルテッツァ・ジータ AS300

アルテッツア・ジータは「クロスオーバー」をキーワードに、スポーティーなアルテッツァの走りと、シューティングブレイク風のステーションワゴンの特性を融合した5ドアモデル

「ジータ」はイタリア語で「小旅行」の意味。2LのAS200と3LのAS300のモデルがあります。どちらも直列6気筒エンジンを採用。

ミッションは2Lが6速MTと4速AT、3LのFRがマニュアル操作可能なステアシフトマチック搭載の5速AT。

タイヤは前215/45ZR17サイズに対して、後ろは225/45ZR17サイズという前後異径サイズとなっているので、注意が必要です。 

最高出力 駆動方式 全長 全幅 全高 乗車定員 燃費 排気量
220ps FR/4WD 4.50m 1.72m 1.43m 5人 9km/L 2,997cc

業者別のアルテッツァの中古車価格

中古車買取販売のガリバー、カーセンサー、グーネットの3業者からタイプ別、年式別、走行距離別のアルテッツァの中古車価格をみていきましょう。

タイプ別

タイプ別 ガリバー カーセンサー グーネット
RS200 約50万円 約50万円
AS200 約40万円 約50万円 約50万円

スポーツタイプのRS200は、50万円あたりを頂点に山のような価格帯が広がっています。対して、街乗りセダンの特性が強いAS200は、10万円~30万円と50万円~70万円程度と谷型の価格帯になっています。

年式別

年式 ガリバー カーセンサー グーネット
2000年未満 約50万円 約50万円
2001年 約49万円 約40万円 約40万円
2002年 約70万円 約60万円
2003年 約40万円 約60万円 約60万円
2004年 約50万円 約50万円
2005年 約50万円 約70万円

年式による平均価格はほぼ変わりません。スポーツタイプのため、よく乗られている車は価格が低いです。カスタマイズされていたり、あまり乗られていなかったりする車は、高い価格で出品されています。

走行距離別

走行距離 ガリバー カーセンサー グーネット
4万km以下 約80万円 約60万円
5万~10万km 約50万円 約50万円
10万km以上 約40万円 約40万円 約40万円

走行距離に対して、価格のバラつきは大きいものの、10万kmを超えると50万円以下の車が圧倒的です。発売されてから時間も経過しているので、走行距離はある程度いっているものがほとんどです。

アルテッツァを購入する際の注意点

トヨタのスポーツ・セダン「アルテッツァ」を購入する際の注意点について、項目ごとにみていきましょう。

カスタム度合いを見極める

プレミアムスポーツ・セダンというコンセプトから、さまざまなカスタム車が出回っていますが、基本的にはノーマルの車か、メーカーでチューンナップされた車を選ぶと安心です。

カスタムされている車を購入したい場合は、車検が通るか、適切な整備がなされているかを、よく販売業者に確認したうえで購入しましょう。

修復歴ありの車は避ける

アルテッツァはスポーティな特徴から、走りの好きなオーナーが多い車。それゆえに、中古市場には事故車や修復歴ありの車も出回っています。修復歴がある車はできるだけ避けたいところです。

特にスポーツカーに準じるアルテッツァは、運動性能や安全装置に不具合が生じると、大きな問題に発展します。修復歴がある車を購入する場合は、どこが悪くなって、どのように修復したのかをよく業者に聞いて、納得したうえで購入するようにしましょう。

経年劣化する下回り部分は要チェック

アルテッツァは、販売が開始されてから約20年が経過する車です。そのため、オイル漏れやゴムパッキンの劣化、サビなど、経年劣化による消耗や摩耗する部分をよくチェックして、トラブルがないことをきちんと確認しましょう

現在の車から買い替える場合には

アルテッツアに興味を持ち、いま乗っている車から買い替えようと思っているなら、買い取り業者選びには注意しましょう。買い替えの際のポイントについて、紹介していきます。

買い取り業者次第で価格は大きく変わる

基本的には、車の買取価格は月日を追うごとに下がっていきます。車検の残り具合や、走行距離でも大きく変わります。なにより、買い取り業者によって買い取り価格はさまざまです

中古車買い取り一括見積サイトもありますが、登録すると一気に複数の業者から連絡がくるでしょう。よって、仕事などで時間がとりにくい場合は、個別に買い取り業者を探して当たっていくのも手です。

ディーラーでの引き取りは、車の状態によっては廃車に手数料を取られることもあります。また基本的には、下取りによる新車購入が前提となってる場合が多く見受けられます。

残価設定型などで、あらかじめ買い取り価格が決まっている場合は、アルテッツアは25年近く前の中古車になるので、いまの車と比較してよく検討しましょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

カーネクストなら、中古車はもちろんのこと、不動車も故障者も0円以上の買い取り保証を実現しています。日本では需要の低い、10年以上たった車や10万km以上の走行距離の多い車も、海外ではまだ必要とされることも多いです。

カーネクストでは、独自の海外販売網によって輸出することで、動かない車でも価値を産み出しています。日本全国無料で陸送対応。廃車の手続きも全て無料で代行してくれます。もちろん査定も無料なので、一度無料査定をおすすめします。

参考:カーネクスト

スポーツセダンを味わうならRS200

アルテッツアは4気筒(RS)と6気筒(AS)を用意し、それぞれに個性を与えています。迫力のあるエンジン音を感じられるRSモデルは、アルテッツァの目指すスポーツセダンを具現化した、走りのよい車です。しかし、高速になるほどエンジン音は大きくなり、家族で遠出するには不向きな面もあります。

その点、ASモデルは馬力を抑えられているものの、スポーティーな運動性を残しながら、6気筒エンジンのよさを活かした安定性を重視しています。家族と乗っていても、そこまでエンジン音を気にすることなく、キビキビとした動きを味わえます。

今もなお、人気のあるアルテッツアは中古市場に出る台数も少ないので、よく状態を見極めて購入しましょう。